車種別・最新情報[2015.01.09 UP]

新車紹介

関連情報

ボディタイプ:軽自動車
ダイハツ ムーヴ 新車紹介

紹介
【フルモデルチェンジ】
発表/2014年12月12日
ダイハツ工業株式会社 お客様相談室
0800-500-0182
文●森野恭行 写真●ダイハツ

ダイハツ ムーヴ
■軽自動車市場を過熱させるクオリティアップが著しい新型

 ワゴンRとムーヴの戦いに、eK&デイズ、N-WGNが加わるカタチで、ますますヒートアップしているのが軽ハイトワゴンの市場。そこに新型ムーヴを投入したのがダイハツで、5代目は「軽の本流」を徹底追求したという。軽量化と高剛性、低コストをバランスさせる「Dモノコック」のボディ構造や、カスタムの上を目指した「ハイパー」の新設定に、強い意気込みが表れている。

■ドライビング/ユーティリティ

Report 森野 恭行 Report 森野 恭行

 まず注目はデザイン。歴代とは違い、新型はカスタムがベースのデザインということもあり、ルックスの押し出し感がグッと高まった。とくに、専用のフロントLEDイルミやリヤコンビランプを採用する「ハイパー」は、内装の仕立てを含めて軽を超えた車格感を表現している。ダウンサイザーを吸引する強力な武器となるのは間違いない。
 そして走り。ボディとシャシーの進化により、「ファン&リラックスなドライビングを実現」というから期待できる。ポイントは、ふらつき感を抑えたしっかりした走り味と乗り心地にある。さらに、パワーモードの選択も可能な「Dアシスト」の採用も見逃せない。操舵フィールを含め、スポーティな運転を楽しませてくれることだろう。エンジンは定評のKF型で、自然吸気は52馬力/6.1kg m、ターボは64馬力/9.4kg mを生み出す。
 気になる燃費については、JC08モードで自然吸気が31.0km/L、ターボが27.4km/Lの数値(いずれも2WD)。Sエネチャージ搭載のワゴンR・FZ(32.4km/L)の後塵を拝するが、新型ムーヴは「FF全車が31.0km/L」が大きな自慢で、じつは総合力は拮抗している。また、後方誤発進抑制機能を加えた「スマアシ」も話題で、トータルとして「軽のさらなる進化」を印象づける。

■インテリア/エクステリア写真[1]

ダイハツ ムーヴ 内装1 造形、質感ともにひとクラス上の感覚。ステアリングやペダルの配置見直しなど、基本設計にも改良を加えた。TFTカラーディスプレイや上質な加飾パネルも自慢の要点だ。

ダイハツ ムーヴ 内装2 前席はフィット感とホールド性が大きく向上。加えて、カスタム・ハイパーには本革+ファブリックの上質感あるシートを採用する。後席は左右独立で240mmスライド。アレンジ自由度も高い。

ダイハツ ムーヴ 内装3

■インテリア/エクステリア写真[2]

ダイハツ ムーヴ エアバッグ 「スマアシ」装着車には前席サイド&カーテンエアバッグも設定する。注目の新安全技術は、ソナーを使う後方誤発進抑制制御だ。

ダイハツ ムーヴ 外装1 ハイパーは専用LEDリヤコンビランプを採用。テールゲートは伝統の横開きから上ヒンジ式に変わった。

ダイハツ ムーヴ 外装2 足元をたくましく見せるキャラクターラインなど、新型のエクステリアは骨太な印象。6ライトのサイドウインドウはムーヴの伝統を継承するもの。ホイールベースは先代と同じ2455mmの設定。

ダイハツ ムーヴ RS ハイパー(CVT)

全長×全幅×全高 3395×1475×1630mm
ホイールベース 2455mm
トレッド前/後 1305/1295mm
車両重量 850kg
エンジン 直3DOHCターボ
総排気量 658cc
最高出力 64ps/6400rpm
最大トルク 9.4kg m/3200rpm
JC08モード燃費 27.4km/L
サスペンション前 ストラット
サスペンション後 トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ドラム
タイヤ前/後 165/55R15

価格

ダイハツ ムーヴ 113万4000円〜179万2800円(全グレード)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント