【トヨタ】車体表面の温度上昇を抑える塗装「サーモテクトライムグリーン」とはの記事詳細

中古車購入 [2017.07.25 UP]

【トヨタ】車体表面の温度上昇を抑える塗装「サーモテクトライムグリーン」とは

【トヨタ】車体表面の温度上昇を抑える塗装「サーモテクトライムグリーン」とは

goo-net編集チーム

トヨタの「サーモテクトライムグリーン」は、世界初の遮熱機能を持つ画期的なボディカラーです。
塗料の色の粒子にまでこだわったトヨタ初となる塗装技術で、不快な炎天下の車内温度の上昇を抑制する新発想の技術です。

サーモテクトライムグリーンの特徴

サーモテクトライムグリーンは、2015年12月にフルモデルチェンジした4代目プリウスでデビューしました。
黄緑の新芽のような色彩で、鮮やかな発色の良いカラーです。

まぶしいぐらいの色彩を放つ新色ですが、実はものすごい先進技術を塗り込んだ塗装です。
単に新しいカラーというだけでなく、車体表面温度の上昇を抑制する機能があるのです。

サーモテクトライムグリーンは、カラーベースの中に「大粒径酸化チタン粒子」を混合させ、太陽光の赤外線を反射する仕組みです。
従来色ではカラーベースの中の「カーボンブラック粒子」が赤外線を吸収し、車体表面温度が上昇する要因になりました。

従来の同系色に比べて夏場の太陽光下に2時間駐車した車両で、5度も車体表面温度が低くなる実験結果があります。

サーモテクトライムグリーンのメリット・デメリット

サーモテクトライムグリーンのメリット・デメリットを以下に挙げました。

【メリット】

1.耐久性・退色性の向上
・ボディに悪影響を及ぼす太陽光を反射するため、色のくすみ・色あせがしづらい

2.エコロジーにも貢献する
・車体表面温度が抑制され、室内温度の上昇も抑えられるので、 余計なエネルギー消費を抑え、夏場のエアコンの効率がアップ

3 .斬新なボディカラー
・新色なので個性を重視する方、若年層にも受け入れやすい

【デメリット】

1.ボディカラーが限定される
・黒などの濃紺色系は「カーボンブラック」が必要なため、技術の導入が不可能

2 .購入層が限られる
・発色の良いビビッドな色調のため、中高年層のユーザーが購入しづらい

3 .コスト高
・プリウスの設定色の中でもサーモテクトライムグリーンはアップチャージオプション

サーモテクトライムグリーンの展望

サーモテクトライムグリーンは、画期的なボディカラーですが、まだまだ選択するユーザーは少ないようです。

今後、同社のヴィッツアクアなどの若年層や女性ユーザーの多いコンパクトカーに採用されれば、街で見かける機会も増えると期待されるボディカラーです。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る

  • 中古車
  • トヨタ
  • 【トヨタ】車体表面の温度上昇を抑える塗装「サーモテクトライムグリーン」とは