「Hondaビーチクリーン活動」が15周年 独自の技術搭載した機材で清掃活動の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 新型車情報 > 車のニュース > 「Hondaビーチクリーン活動」が15周年 独自の技術搭載した機材で清掃活動

車のニュース [2021.06.16 UP]

「Hondaビーチクリーン活動」が15周年 独自の技術搭載した機材で清掃活動

「Hondaビーチクリーン活動」15周年ロゴ(画像左)、ビーチクリーナーを使った清掃活動の様子

「Hondaビーチクリーン活動」15周年ロゴ(画像左)、ビーチクリーナーを使った清掃活動の様子

 ホンダは2006年から始動した砂浜の清掃活動「Hondaビーチクリーン活動」が今年で15周年を迎えたことを記念し、活動の足跡を振り返る記念サイトを公開している。
 同活動は“素足で歩ける砂浜を次世代に残したい”という想いを出発点に、ホンダ従業員やOBなどわずか15人の「ビーチクリーンキャラバン隊」でスタート。
 現在では全国のホンダ販売店などのホンダグループや地域の皆様へ協力の輪が広がり、年間参加者7000人を超える活動へと発展、これまでに全国200カ所以上の砂浜で活動を行い、実施回数は約400回、回収したゴミは総量490トンにのぼる。

Hondaビーチクリーン活動 15周年記念(リンク)

技術の力で砂浜をきれいに……独自開発した「Hondaビーチクリーナー」を駆使し清掃

Hondaビーチクリーン活動の様子

Hondaビーチクリーン活動の様子

 同活動では、ホンダのATV(all-terrain vehicle、全地形対応車)技術者が、市場性調査の際に、さまざまなゴミが散乱している砂浜を見て“技術で海岸をきれいにしたい”と考えたことをきっかけに開発された「Hondaビーチクリーナー」を使用。
 砂浜での走行に適し、軽量・シンプルで簡単に操作できるATVを用いることで、効率的に清掃を進められる。

活動を支える技術

  • サンドレーキ

    サンドレーキ:ゴミをかき集める熊手の役目
    底部の多数のピンが砂を掘り起こし、中に埋もれたゴミを回収。重量は約30kg、ピンの長さは砂の中に生息する生き物への影響が少ない10cm。

  • サンドスクリーン(通称「バタバタ」)

    サンドスクリーン(通称「バタバタ」):砂とゴミを分けるふるいの役目
    前部の鉄のバーが小さなゴミを砂とともに跳ね上げ、スクリーン(網)をバタバタと振動させて砂をふるい落とし、ゴミだけを回収する仕組み。重量は約70kg。砂浜への負荷を小さくするため、シンプルで軽量な構造。

  • ゴミ回収ステーション:ゴミを回収・分別
    トレーラーの荷台にレール状のパイプを組んでゴミを回収。サンドレーキやサンドスクリーンで集めたゴミをここで回収し、スタッフの手で丁寧に分別。

  • 回転式スクリーン(通称「ぐるぐる」):砂とゴミを分けるふるいの役目
    回転式ドラムの中にゴミ混じりの砂をスコップで投入し、ぐるぐる回すことで砂をふるい落としてゴミを回収。サンドレーキやサンドスクリーンが使えない、砂が湿った波打ち際や海岸の隅でも使用でき、活動範囲を拡大。

活動内容と今後の展開

  • ゴミ分別の様子

    ゴミ分別の様子

  • 環境授業

    環境授業

 活動は2006年に開始すると、2010年からホンダ四輪販売店と連携、2017年には自治体との連携もスタートし参加者の輪を拡大、現在までの参加者は累計で5万5959人に。
 活動の一環として、子どもを対象とした環境授業も行っている。
 今年は活動15周年の節目を迎えるに当たり、参加者の輪をさらに拡大し、車いす使用者も参加できる「Hondaビーチクリーン・ユニバーサルプロジェクト」を、この秋に大分県で実施予定としている。

Hondaビーチクリーン活動(リンク)

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る