ダイハツ DNGA海外第2弾となる新型コンパクトSUV「ロッキー」をインドネシアで発売の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 新型車情報 > 車種別・最新情報 > ダイハツ DNGA海外第2弾となる新型コンパクトSUV「ロッキー」をインドネシアで発売

車種別・最新情報 [2021.05.06 UP]

ダイハツ DNGA海外第2弾となる新型コンパクトSUV「ロッキー」をインドネシアで発売

ダイハツ ロッキー(Rocky)

ダイハツ ロッキー(Rocky)

 ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社(以下、ADM)は4月30日、DNGA海外展開の第2弾として、新型コンパクトSUV「ロッキー(Rocky)」を発売したと発表した。
 同モデルは2021年2月ににマレーシアのプロドゥア社から発売した新型「アティバ」に続く「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」による海外展開第2弾商品で、2019年に日本で発売したコンパクトSUV「ロッキー」がベース。希望小売価格は約2億1400万ルピア〜約2億3600万ルピア(日本円:約160万円〜約177万円〈1ルピア=0.0075円[4月29日時点]で換算〉)。

インドネシア向け車両として初のスマートアシスト導入

 新型ロッキーは、近年都市部を中心に2列シート車のニーズが高まる中、若年ファミリー層をメインターゲットとした2列シートSUVとして設定。
 日本の「ロッキー」と同じく、SUVらしいアクティブなデザインや、小回りの利くコンパクトなサイズ感と広い室内空間の両立を実現した他、インドネシアでダイハツが発売する商品としては初めて、予防安全装備「スマートアシスト(現地名:Advanced Safety Assist)」を導入した。
 エンジンは1.0LターボエンジンとD-CVTを搭載し、優れた環境性能や走行性能を実現するとともに、今後1.2Lエンジンも追加予定。
 また、トヨタグループの新興国小型車事業の一環として、トヨタ自動車へOEM供給を行うとともに、約50か国への輸出も予定している。

主要諸元&価格

全長×全幅×全高(mm) 4,030 × 1,710 × 1,635 
駆動方式 FF
エンジン 1KR-VET(1.0L・ターボチャージャー)
トランスミッション CVT(D-CVT)/5MT
乗員定員(名) 5
希望小売価格 約2億1400万ルピア〜約2億3600万ルピア
(日本円:約160万円〜約177万円)
※1ルピア=0.0075円(4月29日時点)で換算

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る