SUPER GT 2021 GT300クラス リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが優勝の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 車のエンタメ > モータースポーツ > SUPER GT 2021 GT300クラス リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが優勝

モータースポーツ [2021.04.12 UP]

SUPER GT 2021 GT300クラス リアライズ 日産自動車大学校 GT-Rが優勝

開幕戦優勝の#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波 清斗 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)(写真中央)

開幕戦優勝の#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R(藤波 清斗 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)(写真中央)

SUPER GTの2021年シーズン開幕戦が4月10日〜11日にかけて岡山国際サーキット(岡山県)で開催、GT300クラスでは「#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」(藤波 清斗 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が優勝し、チャンピオン防衛に向けて好発進を切った。

 予選4番手でのスタートとなった「#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R」は11日の決勝で好走し、開幕戦優勝を勝ち取った。2位は「#65 LEON PYRAMID AMG(蒲生 尚弥 / 菅波 冬悟)」、3位には「#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT(吉田 広樹 / 川合 孝汰)」が入った。

 GT500クラスは「#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋 和也 / 山下 健太)」が優勝、表彰台をGR Supra勢が独占する結果となった。

【関連記事】SUPER GT開幕戦 GRスープラがトップ4独占

#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

【GT300決勝 結果】77 Laps
Pos No. Machine Driver Time/Behind
1 56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R 藤波 清斗 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 2:07’21.752
2 65 LEON PYRAMID AMG 蒲生 尚弥 / 菅波 冬悟 0.454
3 52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT 吉田 広樹 / 川合 孝汰 0.66

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る