車の動画[2021.01.13 UP]

【ホンダ N-ONE】JG3系 オリジナル グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはホンダのN-ONEの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

この記事の目次

ホンダ N-ONE JG3系 オリジナルの内装・オプション別解説

関連情報

車種別動画カタログ

ホンダ N-ONE JG3系 オリジナルのカタログ情報

2012年の登場以来、安定した人気を誇るの軽自動車。
2020年11月に待望のフルモデルチェンジとなりました。
今回はホンダ・N-ONEのご紹介です。

ホンダ N-ONE JG3系 オリジナルの車両情報
型式:6BA-JG3
長さ:3395mm
幅 :1475mm
高さ:1545mm

ホンダ N-ONE JG3系 オリジナルの内装・オプション別解説

LEDヘッドライト
円形を生かしたデザインがユーモラスなヘッドライト。
LEDを採用し、機能性も兼ね備えています。

フルLEDリアコンビネーションランプ
ヘッドライトとは対照的に、四角を強調したデザインのリアコンビランプ。
こちらにもLEDが採用されています。

フロントマスクは丸いヘッドライトを強調したクラシカルなデザイン。
リアは四角で構成されたデザインとなっています。
リアコンビランプの中をよく見ると、Nシリーズのロゴを発見。
給油口のキャップにもロゴが刻まれています。

解錠と施錠
キーのリモコン操作で、離れた場所から全ドアの解錠・施錠が行えます。
キーを携帯した状態であれば、ロックスイッチを押して解錠や施錠をすることも可能です。

テールゲートもキーを携帯した状態であれば、エンブレム右のロックスイッチを押して解錠・施錠ができます。

ステアリングはスイッチ周りに黒、下部に白のパネルをあしらい、コントラストがポップなデザイン。
合成皮革とトリコットを使ったコンビシートも、カラーリングを合わせています。
リアシートはトリコットを使用。
足元が広く、軽自動車ながら大人も十分に座れる広さを確保しています。

エンジンスタート
エンジンスイッチは運転席の右側にあります。
キーを携帯した状態でブレーキペダルを踏み、スイッチを押すとエンジンが始動。
併せてメーター類も起動します。

ステアリングオーディオスイッチ
ステアリング左側にオーディオや音声機能を操作するスイッチを設置。

ステアリングスイッチ(右)
ステアリング右側には、マルチインフォメーションディスプレイを操作するスイッチ。
そしてアダプティブクルーズコントロールスイッチがあります。

マルチインフォメーションディスプレイ
マルチインフォメーションディスプレイはメーターパネルの右側に配置。
車両情報は大きな文字表示で見やすさに配慮。
車両の機能設定もディスプレイで行います。

アダプティブクルーズコントロール/車線維持支援システム(LKAS)
ステアリングのMAINスイッチを押すと、アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援システムがONになります。
アダプティブクルーズコントロールは高速道路で車間距離などを設定し、自動で追従走行を行う機能。
車線維持支援システムは、白線の中を維持した走行をサポートするシステムです。

ワイパー・ウォッシャースイッチ/方向指示器・ライトスイッチ
ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側に、方向指示器・ライトスイッチがあります。

VSA OFFスイッチ
運転席右側に、安全運転をサポートする機能のスイッチが並びます。
横滑り抑制機能やTCS(トラクションコントロール)機能などを総合的に制御する、VSA(ビークルスタビリティアシスト)の機能を停止するスイッチ。
機能を停止するとメーター内の表示灯が点灯し、ディスプレイにメッセージが表示されます。

パーキングセンサーシステムスイッチ
車両後方の障害物を検知するセンサーのON/OFFを切り替えるスイッチ。
ONにするとマルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示されます。

路外逸脱抑制スイッチ
車両が車線を逸脱する可能性を検知し、警告でドライバーに知らせる機能のスイッチ。
ONにするとマルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示されます。

CMBS OFFスイッチ
前方の車両や対向車とぶつかるおそれがある時に、ドライバーのブレーキ操作を支援するシステムを止めるスイッチ。
OFFにするとマルチインフォメーションディスプレイにメッセージを表示、同時に警告灯がつきます。

ヘッドライトレベリングダイヤル
ヘッドライトの光軸を調整するダイヤルです。

専用8インチ プレミアムインターナビ
純正のナビゲーションシステムは8インチの大型サイズ。
タッチパネル式で軽やかに操作できます。

フルオートエアコン
エアコンは中央のダイヤルで温度を調節。
オート運転も可能です。
設定状況は左側のモニターで確認できます。
プラズマクラスター技術を搭載しており、車内の空気を清潔に保ちます。

セレクトレバー
セレクトレバーはストレート式。
ポジションはメーター左下の表示灯で確認できます。

リアワイドカメラ
シフトをRに入れると、ナビの画面が車両後方の映像に切り替わります。
視界を3パターンから選択できます。

ECONスイッチ
エンジンやエアコンを制御し、省燃費に適した運転モードに切り替えるスイッチ。
ONにするとディスプレイにメッセージが表示され、スピードメーター左上の表示灯が点灯します。

電子制御パーキングブレーキ/オートブレーキホールド
パーキングブレーキはスイッチで操作。
押すとブレーキ解除、引くとパーキングブレーキがかかります。

その下のスイッチを押すと、停車中にブレーキペダルから足を離しても、自動でブレーキを保持する機能がスタンバイ状態になります。
スタンバイ状態にするとマルチインフォメーションディスプレイにメッセージが表示され、メーター左端の表示灯が点灯します。

フロントドア
フロントドアのドアハンドルはクロームメッキを使用。
アームレストに合成皮革を採用しています。
ドアグリップのポケットは小物入れ。
下のポケットはボトルホルダーが付いています。
助手席側はドアグリップの小物入れが大きく作られています。

ドリンクホルダー
運転席右側に掘り込み式のドリンクホルダーを設置。
その隣にキーなどの小物を置けるスペースがあります。

小物入れ
運転席左側にも小物入れを用意。

センターロアポケット/USBソケット(ナビゲーション接続用1個、急速充電用2個)
セレクトレバーの下にポケットとUSBソケットを装備。
スマートフォンを充電する時に便利です。

センターコンソールトレイ/アクセサリーソケット/ドリンクホルダー
大きなセンターコンソールトレイは、ボックスティッシュやカバンを置くのに適したスペース。
その一角に、Nのロゴがありました。
トレイのそばにはアクセサリーソケットを設置。
その後方に、ドリンクホルダーが2個あります。

インパネトレイ/グローブボックス
助手席の正面にオープンタイプのインパネトレイと、グローブボックスがあります。
車内の整理整頓に重宝する収納スペースです。

リヤドア
リヤドアは装飾を抑えたシンプルなデザイン。
ポケットはドアグリップと、ドア下部のドリンクホルダー付ポケットの2つを設置。
ドリンクホルダーのそばにNのロゴがデザインされています。

シート脇小物入れ
運転席と助手席の間に、後席からも手を伸ばして使える小物入れを設置。
中の仕切りが取り外し可能で、隠れた部分にNのロゴが施されています。

助手席シートバックポケット
助手席の裏側には、マップなどの収納に適したポケットを装着しています。

ラゲージルーム
ラゲージはスクエアな形状で荷物の積み込みやすさに配慮。
シートアレンジ無しでも使いやすい広さを確保しています。

床下収納/パンク修理キット/工具類
デッキボードの下に、床下収納を設置。
デッキボードは付属のフックを使い、開けたまま固定できます。
収納スペースの両側にパンク修理キットが格納されています。
さらに、床面に工具類も格納されています。

チップアップ&ダイブダウン機構付リアシート
後席は左右別で折りたたむことが可能。
肩口のレバーを引くと、背もたれを前に倒せます。
フラットに倒せるため、両方とも倒せば荷室を広く使うことができます。

また、後席の座面を跳ね上げてスペースを作ることも可能。
高さのある荷物を積み込むときに便利です。

まとめ

時代を選ばないデザインがファンに愛される魅力の一つ。
遊び心を取り入れつつ、クルマとしての利便性も高められています。
以上、ホンダ・N-ONEのご紹介でした。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント