グーネット

車の最新技術[2021.01.10 UP]

2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤー決定!【ニュースキャッチアップ】日本カー・オブ・ザ・イヤーは新型レヴォーグに

文●ユニット・コンパス 写真●日本カー・オブ・ザ・イヤー
(掲載されている内容はグー本誌 2021年1月発売号掲載の内容です)


自動車業界における年末の風物詩と言えば、日本カー・オブ・ザ・イヤー。今年も魅力的なクルマがノミネートされた。EV化が進むなか、本賞を受賞したのはスバル レヴォーグだった。

この記事の目次

[CLOSE UP]ほかにも個性豊かなクルマたちが受賞
10ベストカー

関連情報

日本カー・オブ・ザ・イヤー

新世代シャシーを採用し、走りを磨いたレヴォーグ

 2019年11月1日から2020年10月31日までに日本国内で発表または発売されたクルマを対象に、選考委員がその年を代表するクルマを選ぶ 『日本カー・オブ・ザ・イヤー』(以下COTY)。第41回を記念する今回は、強力なライバルがいるなか「スバル レヴォーグ」が受賞した。
 新型レヴォーグは、日本の交通事情でも適度なサイズのステーションワゴンで、かつてのレガシィが持っていたスポーティなルックスと走りが魅力のモデル。先代レヴォーグは人気の高いモデルだったこともあり、今回もCOTY受賞の有力候補の1台だった。新型は「スバルグローバルプラットフォーム」を採用し、走りと快適性をアップ。また、GPSや準天頂衛星「みちびき」などの情報を活用した高度運転支援システム「アイサイトX」を設定しながら、価格を抑えているのも評価された。
 また、デザイン・カー・オブ・ザ・イヤーとして「マツダ MX-30」、K CARオブ・ザ・イヤーとして「日産 ルークス、三菱 eKクロス スペース/eKスペース」が受賞。MX-30は、SUVながらもスタイリッシュなデザインが高評価。特にフリースタイルドアは、かつてのRX-8を思わせるもの。日産 ルークスと三菱 eKクロス スペース/eKスペースは、高い走行安定性で、軽という枠を超えた完成度が評価された。

日本カー・オブ・ザ・イヤー「スバル レヴォーグ」

[CLOSE UP]ほかにも個性豊かなクルマたちが受賞

インポート・カー・オブ・ザ・イヤー「プジョー 208/e-208」

電気自動車も設定し新しい価値を提供
 2代目プジョー208がインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。スポーティなデザインと、クラスを超えた質感が特徴。ドライバーが意のままに操れるハンドリングも高く評価され、今回の受賞に至った。そして極め付けはEV仕様の同時設定。400万円を切る価格から購入でき、ピュアEVに新しい選択肢が加わっている。

デザイン・カー・オブ・ザ・イヤー「マツダ MX-30」

RX-8の再来!? フリースタイルドアを採用
 マツダMX-30の最大の特徴は、観音開き式となるフリースタイルドアの採用。これはかつてRX-8が採用していたもの。SUVのスペシャルティカーに新しい価値をもたらしたことが受賞につながった。

テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー「アウディ e-tron Sportback」

電動化時代への意気込みを感じさせるピュアEV
 最近のアウディは、EV開発に積極的。その最新世代のモデルが「e-tron スポーツバック」。大型スクリーンを採用したインテリア、バーチャルエクステリアミラーも新時代を感じさせるポイントである。

パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー 「BMW ALPINA B3」

日常でも扱いやすいアルピナ版3シリーズ
 BMWをベースに、高性能かつ豪華に仕立てるメーカーがアルピナ。3シリーズをベースとする新型B3は、ハイスピード領域でのパフォーマンスと、日常での速度域での快適性を両立している。

K CAR オブ・ザ・イヤー 「日産 ルークス 三菱 eKクロス スペース/eKスペース」

日産と三菱で共同開発された新型スーパーハイトワゴン
 この両モデルは、日産と三菱が生み出した流行りのスーパーハイトワゴン。先代よりも質感を一段と高め、安定性の高い走行性能も実現している。「プロパイロット/マイパイロット」も高い評価を得た。

10ベストカー

全35台のなかから、選考委員によって選出された上位10台が「10ベストカー」。ここではその5台をご紹介。

トヨタ ヤリス/ヤリスクロス/GRヤリス
ヤリスシリーズから3モデルが同時にノミネート。ヤリスクロスは高品質な小型SUVとして注目。GRヤリスの走りも驚くに値する。

日産 キックス
e-POWERを採用した新型電気自動車がキックス。電動化+SUVは、自動車のトレンドになるもので、今回10ベストに選ばれた。

ホンダ フィット
親しみやすいデザインになったフィット。高いスペース効率と安定感のある走りは、新型でさらに進化。ハイブリッドも引き続き設定。

BMW 2シリーズ グラン クーペ
新世代2シリーズの先陣を切ったのが4ドアのグランクーペ。BMWらしい機敏なハンドリングと4ドアゆえの実用性が両立した1台だ。

ランドローバー ディフェンダー
ランドローバーの歴史的名車であるディフェンダーが一新された。堅牢なデザインと走りは、新しい世代のファンにも注目されている。

キーワードは電動化 一方、内燃機関車も健闘

 ここ数年、各自動車メーカーの電動化シフトは目を見張るものがある。今後のトレンドは確実にEVやPHEVだ。一方、内燃機関車も終わりではなく、まだまだ魅力的なモデルが存在している。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント