中古車購入[2020.10.07 UP]

三菱 eKクロスのグレード紹介 あなたはどこまで知っている?

三菱 eKクロス

三菱と日産が共同開発した軽自動車のひとつがekクロスです。ekワゴンの姉妹車にあたります。そんな三菱 eKクロスに関して、今回はグレード別に紹介していきます。「それぞれどのような特徴があるのか」「中古で購入する場合に目安となる予算はどれくらいなのか」といった実際に購入を検討されている方に必要な情報を掲載していますので確認してみてください。

この記事の目次

三菱 eKクロスの歴史
eKクロス T
eKクロス G
eKクロス M
eKクロス Tプラスエディション

三菱 eKクロスの歴史

日産のeKワゴンの現行モデルが登場した2019年、その姉妹車として同時に発売されたのが三菱のekクロスです。eKクロスは軽自動車で一般的なトールワゴンのひとつで、スズキのワゴンRやダイハツのタントなどがライバル車にあたります。先代のeKワゴンのスポーティー版であったeKカスタムに代わり、開発されました。

SUVに力を入れている三菱らしく、SUVテイストの強いエクステリアデザインが大きな特徴です。デザイン上におけるもうひとつの特徴は、近年の三菱車を象徴するデザインコンセプトとして「ダイナミックシールド」を採用している点があります。垂直に通したメッキバーや水平基調のグリルが、三菱としての高いアイデンティティと信頼感を表現しました。

また、eKクロスは日産との合弁会社であるNMKVにより、共同開発されています。軽自動車開発に関する三菱の高いノウハウと日産の先進技術が組み合わされており、エンジンやプラットフォームなど、日産のトールワゴンであるデイズと多くの部分が共通化されました。

eKクロスは、現代の自動車に求められる高い安全性能も達成しています。予防安全技術として「e-assist」が全車に標準装備されました。これにより、衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い衝突防止アシスト・車線逸脱警報システムなどさまざまな安全装備が運転をサポートし、事故や被害を軽減しています。

搭載されるパワートレインにはハイブリッドシステムが採用され、エンジンパワーをモーターがアシストすることでより力強い加速感が得られ、燃費性能の向上にもつながりました。組み合わされるエンジンは、街乗りに適したNAと高速道路などで真価を発揮するターボがあり、ドライバーの使い方に最適なモデルを選ぶことができます。

車名の「eK」はexcellent K-carの頭文字であり、「いい軽」という語呂合わせからつけられました。クロスはSUVらしい力強さをハイとワゴンにクロスさせたことから命名されています。

三菱 eKクロスの中古車を探す

eKクロス T

最上級グレードとして装備が充実した「eKクロス T」

eKクロスの中で、ターボエンジンを搭載しているモデルがeKクロス Tです。

eKクロスの最上級グレードとしてさまざまな装備が充実しており、快適なドライビングが楽しめます。パワートレインにはターボエンジンにモーター動力も加えたハイブリッドシステムを採用しており、力強くなめらかな加速と高い燃費性能を両立させました。

また、電波レーダーやカメラなどにより安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術として「e-assist」が標準装備されています。

中古で購入する際の目安となる予算

eKクロス Tを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2019年式:106万円〜190万円
2020年式:125万円〜190万円

eKクロスは登場して日が浅い車種のため、eKクロス Tの中古車もその多くが数千km程度しか走行していません。その中には登録済み未使用車として販売されているものもあるので、コンディションは新車同様という中古車も存在します。そのため、個々の車両についている装備なども見て、お得な買い物をしたいところです。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2019年〜
eKクロス Tは、eKワゴンがフルモデルチェンジされた2019年に登場しました。ターボエンジンを搭載することでリッターカーと同等の最大トルクを発生し、特に高速道路走行時における加速性能が向上しています。

トランスミッションはCVTのみで、駆動方式はFFと4WDです。また、NAエンジン仕様のeKクロス Mと同様、上級グレードとして装備も充実しています。予防安全装備としてのe-assistはもちろん標準装備され、エクステリアではフロントフォグランプやアルミホイールが、インテリアでは本革巻きステアリングやフルオートエアコンが標準装備されました。加えて4通りのパッケージオプションも用意されており、目的に最適な機能を追加することも可能です。

登場から日が浅いですが、中古車の流通台数は豊富となっており、走行距離が多いものでも数千km程度、また登録済み未使用車の数も少なくありません。新規登録にこだわらず希望の装備がそろっている個体であれば、積極的に購入を検討してもいいグレードでしょう。

エンジンは0.6L直列3気筒ターボ最高出力64ps。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1660mmです。

人気のあるカラー

eKクロス Tのボディカラーは、下記のモノトーン6色、2トーン5色が設定されています。

モノトーン
・ブラックマイカ
・チタニウムグレーメタリック
・レッドメタリック
・サファイアブルーメタリック
・ホワイトパール
・サンシャインオレンジメタリック

2トーン
・オリーブグリーンメタリック×チタニウムグレーメタリック
・サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド
・ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック
・レッドメタリック×ブラックマイカ
・サファイアブルーメタリック×スターリングシルバーメタリック

この中では、濃いシルバーの「チタニウムグレーメタリック」やマイカ塗装された赤のボディに黒いルーフの「レッドメタリック×ブラックマイカ」が人気です。

三菱 eKクロス Tの中古車を探す

eKクロス G

装備が充実したお買い得なグレードの「eKクロス G」

eKクロス GはeKクロスの中間グレードに相当し、さまざまな装備が充実したお買い得なグレードです。その内容はeKクロス Tとほぼ同じであり、パッケージオプションを選び、機能を追加することもできます。

搭載エンジンは自然吸気(NA)のため絶対的なパワーはターボに及びませんが、最高出力は38kW(52PS)を確保しているため、日常使いをする分には不自由しません。ターボエンジンにこだわらなければ、eKクロス Gを選んでも高い満足が得られるでしょう。

中古で購入する際の目安となる予算

eKクロス Gを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2019年式:100万円〜178万円
2020年式:120万円〜181万円

eKクロス Gは登場から1年ほど経過したばかりです。そのため、中古車の年式は新しく、多くても1万km程度の走行距離のため、コンディションに大きな差は見つけにくくなっています。中古車価格の差は、車両本体のコンディションの違いというよりは装備の差といえるでしょう。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2019年〜
eKクロス GはエンジンこそNAを採用していますが、それ以外の装備は上級グレードのeKクロス Tとほぼ共通しています。

エクステリアでは、フロントフォグランプやIRカット/99%UVカットガラス・リアバンパーのシルバーアクセントに加え、アルミホイールが標準装備されました。

インテリアでの装備としては本革巻きステアリングやインナードアハンドルメッキがあり、ちょっとした高級感を醸し出しているのが特徴です。もちろん安全装備としてe-assistは標準装備されており、危険を察知することで安全なドライビングをサポートしています。搭載されるトランスミッションはCVTのみで、駆動方式はFF仕様と4WD仕様です。

eKクロス Gの中古車は、現時点では300台ほど販売されているのが確認できました。初年度の2019年式の車両が中心ですが、登録済み未使用車も多いことから、あまり車両コンディションを心配せずお得に中古車を購入できそうです。

エンジンは0.6L直列3気筒ターボ最高出力52ps。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1660mmです。

人気のあるカラー

eKクロス Gのボディカラーは、下記のモノトーン6色、2トーン5色が設定されています。

モノトーン
・ブラックマイカ
・チタニウムグレーメタリック
・レッドメタリック
・サファイアブルーメタリック
・ホワイトパール
・サンシャインオレンジメタリック

2トーン
・オリーブグリーンメタリック×チタニウムグレーメタリック
・サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド
・ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック
・レッドメタリック×ブラックマイカ
・サファイアブルーメタリック×スターリングシルバーメタリック

この中では、スタイリッシュな印象のブラックの「ブラックマイカ」やパール塗装されたホワイトの「ホワイトパール」が人気です。

三菱 eKクロス Gの中古車を探す

eKクロス M

価格が抑えられたグレードの「eKクロス M」

eKクロス MはeKクロスの最廉価グレードとして、その魅力を手軽に味わえるモデルです。このグレードは価格を抑えるため、他のグレードからは装備や内装などがかなり簡略化されていますが、その分最上級のeKクロス Tと比べると20万円以上も新車価格が安くなっています。

しかし、安全装備は省略されておらず、他グレードと同程度の安全性能を持っているのが特徴です。できるだけ購入額を抑えたいユーザーに向いているグレードといえます。

中古で購入する際の目安となる予算

eKクロス Mを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2019年式:86万円〜158万円
2020年式:110万円〜160万円

eKクロス MはeKクロスの廉価なグレードのため、中古車価格も他のグレードより低い傾向にありますが、後付け装備が充実しているものは価格もアップします。このグレードも他のグレードと同様、登録済み未使用車もあるため、探し出すことでよりお得に購入することが可能です。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2019年〜
eKクロス MはeKクロスの中でも最もベーシックなグレードとして、装備がかなり簡略化されています。

フロントガラスはUVカットガラスのみカットするタイプで、フロントフォグランプは未装備です。また、ホイールはスチールホイールでステアリングはウレタン製、エアコンも少数派となったマニュアル仕様と、細かい点でコストが抑えられています。さらに運転支援システムのMI-PILOTは、オプションでも装着できません。それでも安全機能e-assistが標準装備され、他グレードと同程度の安全性は確保しました。

eKクロス Mは最廉価グレードながら、ハイブリッドシステムが搭載されています。軽自動車のハイブリッド車では、廉価グレードにハイブリッドが搭載されないモデルも多いですが、上級グレードと同様の高い燃費性能を体感することが可能です。

ekクロス Mも他のグレード同様、登場してから日が浅いですが、中古車台数は全国で100台以上流通しています。全体的に走行距離も少なく、登録済み未使用車として数km〜数十kmしか走行していない個体も多いため、コンディションのいいものを選びやすいでしょう。

エンジンは0.6L直列3気筒ターボ最高出力52ps。ボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1640mmです。

人気のあるカラー

eKクロス Mのボディカラーは、下記の6色が設定されています。

・ブラックマイカ
・チタニウムグレーメタリック
・レッドメタリック
・サファイアブルーメタリック
・ホワイトパール
・サンシャインオレンジメタリック

この中では、マイカ塗装を施したブラックの「ブラックマイカ」、濃いシルバーの「チタニウムグレーメタリック」が人気です。

三菱 eKクロス Mの中古車を探す

eKクロス Tプラスエディション

eKカスタムに替わるモデルとして登場した特別仕様車「eKクロス Tプラスエディション」

eKクロス Tプラスエディションは、eKクロスが発売開始されてから9ヶ月後の2019年12月、特別仕様車として登場しました。高速道路同一車線運転支援技術として「MI-PILOT」が標準装備され、高速道路や自動車専用道路などにおいて運転をサポートすることで、ドライバーの負担を軽減しています。

また、グレード名が示すとおりeKクロス Tがベースのため、ターボエンジンによる余裕のある走行性や充実した装備が特徴です。

中古で購入する際の目安となる予算

eKクロス Tプラスエディションを中古で購入する際の目安となる予算をご紹介します。

<年式:予算目安>
2019年式:140万円
2020年式:169万円

eKクロス Tプラスエディションの確認できた中古車は、たった2台だけでした。登録済み未使用車及び走行2000kmという、いずれも良好なコンディションのものでしたが、今後中古車として出回る場合でも、このような状態の車両を探し出すのは難しいでしょう。

先代モデルとの比較

第1世代(現行モデル):2019年〜
eKクロス Tプラスエディションは、eKクロス Tをベースに装備をさらに充実させた特別仕様車です。

運転支援機能として「MI-PILOT」を標準装備しました。これにより、アダプティブクルーズコントロール(ACC)や車線維持支援機能(LKA)などの運転アシストによりドライバーの負担を軽減するとともに、高速道路での渋滞走行や長時間の巡回走行をサポートします。

また、eKクロス Tではメーカーオプションとなる電動パーキングブレーキやマルチアラウンドモニター表示機能付きのデジタルルームミラーも標準装備され、快適で安心・安全なドライビングを楽しむことが可能です。

ベースがeKクロス Tのため、エンジンはもちろんターボエンジンを搭載し、MI-PILOTとの組み合わせで、高速道路でもよりゆとりのある運転が可能になっています。

eKクロス Tプラスエディションは特別仕様車として販売されていたため、中古車はほとんど流通していません。豪華装備に魅力を感じるのであれば、eKクロス Tにさまざまなオプションが追加された中古車を探すという方法を選ぶのもいいかもしれません。

エンジンは0.6L直列3気筒ターボ最高出力64ps。ボディサイズは全長4395mm×全幅1475mm×全高1640mmです。

人気のあるカラー

eKクロス Tプラスエディションのボディカラーは、下記のモノトーン6色、2トーン2色が設定されています。

モノトーン
・ブラックマイカ
・チタニウムグレーメタリック
・レッドメタリック
・サファイアブルーメタリック
・ホワイトパール
・サンシャインオレンジメタリック

2トーン
・レッドメタリック×ブラックマイカ
・ライトニングブルーマイカ×スターリングシルバーメタリック

この中では、ボディ部分が赤でルーフ部分がブラックの「レッドメタリック×ブラックマイカ」、マイカ塗装されたブラックの「ブラックマイカ」が人気です。

※本記事は、2020年9月時点の情報になります。現在の相場価格と異なる可能性がございます。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加