カー用品・パーツ[2020.07.06 UP]

ダンロップ史上最高の氷上性能! スタッドレスタイヤ「ウインターマックス03」が8月1日に発売

住友ゴム株式会社は人気の高いスタッドレスタイヤ「ウインターマックス」の新製品「ウインターマックス03」を2020年8月1日(土)に販売開始する。

2016年から販売が開始され現在も販売中の「ウインターマックス02」は、モチロンギュ(性能が長モチ、ロングライフ、氷にギュ)というキャッチフレーズと共にドライバーに愛されているが、新製品の「ウインターマックス03」は新技術のナノ凹凸ゴムを採用し、ダンロップ史上最高の氷上性能を実現したという。その製品特徴を紹介していこう。

まず、前出の「ナノ凹凸ゴム」は凹凸構造の微細な突起部が素早く水膜に到達し、除水のスピートを速める効果がある。そのため氷への密着時間が長い。

関連情報

スタッドレス タイヤ・ホイール
ナノ凹凸ゴムイメージ

上・トレッドゴム表面の違いのイメージ図/下・除水スピードの違いを接地面下から見たイメージ図 ナノ凹凸ゴムを採用したウインターマックス03は凹凸構造の突起部分が素早く水膜に到達。

また、「ナノ凹凸ゴム」とゴムのしなやかさを長期間にわたって保つため株式会社クラレがウインターマックス向けに開発した「液状ファルネセンゴム」を組み合わせることによって、高い氷上性能を長期間維持し、様々な冬道でも安全に走行できるよう工夫されている。前記した組み合わせは、素材の柔らかさを長期にわたり確保できるため、氷への密着度が高く新品時の氷上ブレーキ性能はウインターマックス02に比べると22%向上(※1)し、氷上でのコーナリング性能も11%(※2)している。

※1 試験条件…●タイヤサイズ:195/65R15 91Q ●空気圧(kPa):F250/R240 ●テスト車両排気量:1800cc ●駆動方式:FF ●ABSの有無:有 ●初速度:20km/h ●テスト場所:ヘルスピア倉敷アイススケートリンク ●路面:氷盤路 ●制動距離:WINTER MAXX 03=14.5m、WINTER MAXX 02=17.6m

※2 試験条件…●タイヤサイズ:195/65R15 91Q ●空気圧(kPa):F250/R240 ●テスト車両排気量:1800cc ●駆動方式:FF ●テスト場所:ヘルスピア倉敷アイススケートリンク ●試験方法:ハンドル角を360度に固定し、アクセルを踏まないクリープ速度からゆっくりとアクセルを踏んで緩加速していき、センターコンソールに加速度センサーで旋回Gを計測し、最大旋回Gを計測。 ●旋回G:WINTER MAXX03=0.127 G、WINTER MAXX02=0.114 G

製品は13インチから20インチまで全98サイズという幅広いラインナップを用意し、価格は全てオープンとなっている。8月1日に発売されるサイズと10月に発売されるサイズがあるので、詳細は下記の表を確認してほしい。

・⑩=10月発売予定のサイズ ・XL=EXTRA LOAD規格(負荷能力強化タイプ)(※3)

※3 EXTRA LOAD規格について…空気圧および負荷能力をスタンダード規格(JATMA・ETRTO等)の同一タイヤサイズよりも高く設定したタイヤ規格。この規格のタイヤサイズは、スタンダード規格の同一サイズに比べ、ロードインデックスが高くなり、同一タイヤサイズでも空気圧に対する負荷能力を維持するためには、スタンダード規格のタイヤに比べ、高い空気圧が必要となる場合がある。ダンロップでは、輸入外車用としてEXTRA LOAD規格のタイヤサイズをラインナップしている。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント