車の動画[2020.01.31 UP]

【日産 キューブ】Z12系 ライダー ブラックライン グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらは日産のキューブの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

名前の通り、四角い姿が印象的なコンパクトカー。
左右非対称のデザインも話題となりました。
今回はクールなメッキパーツを取り入れた、
キューブ・ライダーのご紹介です。

型式 DBA-Z12
長さ 4010mm
幅  1695mm
高さ 1650mm

インテリジェントキーを使って、一定の離れた場所から
リモコン操作で解錠・施錠ができます。
キーを携帯している状態であれば、
ドアハンドルのリクエストスイッチを押すだけで
解錠・施錠が可能です。

バックドアにもリクエストスイッチがあり、
フロントドアと同じ操作で解錠・施錠ができます。

エンジンスイッチは運転席の左側にあります。
キーを携帯している状態で、ブレーキペダルを踏みながら
スイッチを押せば、エンジンが始動します。
合わせて、メーターが起動します。

ステアリングの左奥に、ワイパー・ウォッシャースイッチ。
その反対側にライトスイッチがあります。

メーター中央にある、
右側のスイッチがモード切り替えスイッチです。
スイッチを押すごとに、
メーター中央の上にある画面が切り替わります。
平均燃費やトリップメーター、
航続可能距離などを見ることができます。

運転席の右側には、運転中に使うスイッチが2種類あります。
上のスイッチは、ドアミラーの開閉や角度の調整を行うスイッチ。
下のスイッチは、アイドリングストップの機能を
一時的に止めるスイッチです。

エンジンスイッチの下には、ECOモードスイッチがあります。
急発進や急加速を抑えて、
燃費向上に配慮した運転をサポートするシステムです。

センターパネルの中央、円形にスイッチが集められた
エアコンシステム。
オート運転ができるほか、
排気ガスの有害成分をセンサーで検知して、
吸い込み口を切り替えるシステムを搭載しています。

ルームミラーの手前についているマップランプは、
左右のスイッチでそれぞれのランプを、
真ん中のスイッチで全てのランプを点灯できます。

運転席のサンバイザーは、バニティミラーが付いています。

フロントドアには、ボトルホルダー付のドアポケットがあります。

雪だるまのような形のカップホルダー。
取っ手付きのタンブラーも置けて便利です。

エアコンスイッチの下に付いたフックは取り外しが可能。
リヤドアにも設置できるフック穴があるので、
用途に合わせた使い方ができます。

足元のクラスターネットポケットも小物入れとして活用できます。

運転席と助手席の間にあるレバーを引くと、
カップホルダー付きのボックスが出てきます。
使いたい時だけ引き出して使えるのが便利です。

小物入れとして使える、フロントシートセンタートレイ。

収納式のアームレストは、収納ボックスが付いています。
ボックスティッシュがぴったり収まるほどの広さがあります。

楕円のような形をした、助手席手前のアッパートレイ。
小物置き場に便利です。

助手席のグローブボックスは、中が三段構造になっています。

グローブボックスの右隣には、電源ソケットを配置。
電子機器の充電などに重宝します。

リヤドアにはペットボトル1本がスッキリ入り入る
ホルダーが付いています。

リヤドアのアームレストのそばに、
どこでもフックのフック穴。

リヤシートの中央には収納型のアームレスト。
2個のカップホルダーが付いています。

横開きのバックドアが特徴的なラゲッジルーム。
荷物を持ったままでも楽に開け閉めができます。

ラゲッジルームの左側には、スイッチ付きのランプを配置。
必要な時だけランプをつけられるので経済的です。

ラゲッジルームの左右にも、フックが付いています。
それぞれ3kgまで提げることができます。

ラゲッジルームの右側には、
小物などを入れられるポケットがあります。

バックドアにも幅の広いポケットがあります。
横開きならではの装備です。

ボードを開けると、深さ約20cmの大容量ボックス。
車内にしまっておきたい荷物をスッキリ収納できます。
さらにボックスを取り出すと、
緊急時に使えるスペアタイヤがあります。

リヤシートを折りたたみ、
ラゲッジルームのスペースを広げることができます。
ラゲッジルーム側からたたむ時は、
シートから出ているストラップを引くだけの簡単操作。
リヤシート側からも、シート中央のストラップを引くだけで
折りたためます。

また、リヤシートは座席下のレバーを引くことで、
前後にスライドさせることが可能です。

大きさの違う楕円を組み合わせた形が印象的なヘッドランプ。
明るさの強いバイキセノンを採用しており、
ドライバーの視界をしっかり照らします。

リヤランプは横に長い、存在感があるデザインが特徴。
ハイマウントストップランプと合わせて、
後続車に自車の存在を知らせます。

外観のみならず、車内にも様々な工夫が凝らされた、
ユニークな装備が印象的です。
奇抜なだけではなく、使いやすさも考え抜かれたデザインが、
長らく愛されてきた理由ではないでしょうか。
以上、日産・キューブのご紹介でした。

関連情報

車種別動画カタログ
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント