輸入車[2019.12.31 UP]

2019-2020 インポート カー・オブ・ザ・イヤー【グーワールド コラム/イベント】もはや3シリーズ抜きにスポーツセダンは語れない

2019-2020 インポート カー・オブ・ザ・イヤー[BMW 3シリーズ セダン]

文●グーワールド 写真●日本カー・オブ・ザ・イヤー
(掲載されている内容はグーワールド本誌2020年2月号の内容です)


 2018年11月1日から2019年10月31日までに日本国内で発表または発売されたクルマを対象に、60人を上限とする選考委員がその年を代表するクルマを選ぶ 『日本カー・オブ・ザ・イヤー』(以下COTY)。第40回を記念する今年のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーには、「BMW 3シリーズ セダン」が輝いた。
 COTYの授賞理由は 『7代目となるBMW3シリーズは“スポーツセダン”という生来の個性を維持しながら、時代のニーズに合わせて素晴らしい進化を遂げた。ダイナミックで気持ちがいい走行フィールには磨きがかかり、それに加えて日本初の高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシストや搭載カメラをドライブレコーダーにも使える機能など、安全・快適装備の充実化を図ったことも大いに評価した』となっている。
 初代のE21(1975年)から44年もの歴史を誇る3シリーズは、スポーツセダンのベンチマークとして、常に高い評価を得続けてきた。積極的にステアリングを握りたい!と思わせるそのクルマづくりは、7代目となった新型でもしっかり継承されている。ハンズ・オフ機能付き渋滞支援機能やパーキング・アシストといった魅力的な装備はもちろん、ここ日本でもガソリン、ディーゼル、2WD、4WDが選べることはありがたい。
 ちなみに、3シリーズは2005年に登場した5代目(E90)、2012年に登場した6代目(F30)もインポート・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

関連情報

新車
そのほか10ベストカーには、ジャガーIペイス、メルセデス・ベンツAクラス/Aクラスセダンが選ばれている。

日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞[トヨタ RAV4]

 「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたのは、激戦のSUV市場に復活したトヨタ RAV4。すでに国内外でかなりの人気。本格的な4WD性能に加え、思い切ったデザイン、リーズナブルな価格などが評価された。

イノベーション部門賞[日産 スカイライン]

 日産スカイラインは、搭載された「プロパイロット2.0」が自動運転の将来的な可能性を一般に広く知らしめたとして、その功績が高く評価された。

エモーショナル部門賞[ジープ ラングラー]

 いまはクルマを使って「どこに行くか?」、「何をするか?」という時代。どこでも走れるジープラングラーは、そんな冒険心を満たしてくれる1台。

スモールモビリティ部門賞[日産 デイズ 三菱 eKクロス/eKワゴン]

 新車販売の4割が軽自動車という日本では、軽のファーストカー化が進んでいる。今回は基本性能を磨き上げ、安全性も高いこの2台が高く評価された。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介車種の関連情報

グーネット SNS公式アカウント