車種別・最新情報[2019.11.19 UP]

注目モデル超解剖

ニューモデルからコンセプトカーまで、今回の東京モーターショーには多くのクルマが出展しているが、来場者から大きな注目を集めているのは、デビューが決定している市販化前提のモデルだ。ここではその中から有力車をピックアップ。その魅力を丸裸にしてみたい。

FIT NESS(フィット ネス)

カジュアルな雰囲気で新型フィットをデコレート
 これまでのフィットにはなかったカラーコーディネートが新鮮。シートとインパネソフトパッドの表皮には撥水性の高い素材を採用しているなど、躍動感を醸し出すアクティブなキャラクターも売りの一つ。ありがちなスポーティさとは違ったカジュアルな雰囲気を持つタイプだ。

インテリアは、水平基調のシンプルなデザイン。

フル液晶化されたメーターパネルやタッチパネル、ダイヤル式になった空調コントロール、2本スポークのステアリングなど、使いやすさ考慮した設計も見所だ。

注目モデルその1 HONDA 新型フィット

新型フィットは、ここに注目!

チェックポイント1 新開発 2モーター式ハイブリットを投入

新型にもハイブリッド車が用意されるが、注目すべきはそのシステム。現行型の1モーター式からi-MMDをベースに開発された2モーター式へ変更される。e:HEV(イーエイチイーブイ)と名付けられた新システムの実力は如何に?

チェックポイント2 好みで選べる5つのスタイルパッケージを設定

装備差によるグレード体系を一新。新型はライフスタイルに合わせて、5つのタイプ(ベーシック/ホーム/ネス/クロスター/リュクス)から選べるようになる。スモールコンパクトに求められる多様化のニーズに合わせた格好だ。

チェックポイント3 寛ぎのキャビン空間がさらに居心地よくなった

ホンダ独自のセンタータンクレイアウトがもたらす居住性や積載性の高さは当然のように継承されるが、新型はシートやインパネ質感も大きく見直し。上級セダンへの採用も見据えた新シートを採用することで、1ランク上を目指す。

FIT CROSSTAR (フィット クロスター)

アウトドア志向を前面に出した個性を引き出すカスタムに注目
 リップタイプのバンパースポイラーやルーフレール、5ホール意匠の16インチホイールなど、アウトドアを彷彿させる専用カスタマイズが施されている。本格クロカン系とは違ったバランスの良いスタイリングは、街中でも悪目立ちしなさそうだ。

FIT LUXE (フィット リュクス)

上級モデルを彷彿させる豪華なキャビン空間を実現
 所有欲を満たす、ほどよいプレミアム仕立てが最大の特徴。質感や手触りの良さを追求した専用本革シートを採用するなど、上級モデル顔負けの豪華さが与えられている。外装もプラチナ調クロームメッキや専用16インチホイールを装着している。

FIT HOME (フィット ホーム)

自分の部屋のような温かみのある仕立てが魅力
 ソファのような良質な素材を用いたシートや、優しい手触りのソフトパッドの採用などで、キャビン空間を自分の部屋のように仕立てている。安らぎの空間を目指したキャラは、ありがちなプレミアム志向とは一線を画すイメージを受ける。

FIT BACIC (フィット ベーシック)

実用車としてシンプルに仕上げた新型フィットの標準仕様
 名前からも分かるように、新型フィットの標準仕様に当たるタイプ。内外装の意匠は基本イメージに忠実に、シンプルにまとめられており最も実用車的だ。歴代フィットを乗り継いできたようなユーザーにとっては、最も馴染みがあるスタイルといえよう。

伝統の良さは受け継ぎつつ新要素も積極的に採用した

 2001年に登場したフィットは日本のコンパクトカーの概念を大きく変える一台として、常に大きな話題を集めてきた。代を重ねるごとにグローバルモデルとしてのキャラも強くなり、世界各国でも好評を博している。コンパクトSUVのヴェゼルや、コンパクトミニバンのフリードなど、フィットをベースに開発されたモデルも多数存在しており、それらがフィット以上の人気を持つことも多い。そういう意味でもフィットは、ホンダの屋台骨を支える大黒柱と言えるだろう。

 しかし、スモールコンパクトを取り巻く環境は大きく変化し続けており、中でも日本市場においては軽自動車の躍進が著しい。同じホンダながらNシリーズの評価は軽自動車の枠を超えてきており、今や兄貴分のフィットを脅かす存在にまで成長している。

 そんな状況の中で投入される4代目フィットは、歴代モデルから受け継がれる美点はシッカリと継承しながらも、新時代のスモールコンパクトのスタンダードを目指して開発された。そのキーワードは感性価値の追求。つまり、スペックのみならず、人間の5感に響くようなプラスαが盛り込まれることだ。

 新型には多くの変化が注がれているが、まず注目すべきは、ユーザーのライフスタイルやクルマと過ごす環境に合わせて用意される5つのモデルタイプ(ベーシック/ホーム/ネス/クロスター/リュクス)が設定されたこと。

 この5つのモデルタイプは、判明している内外装意匠の違いに加えて、機能&装備も差別化されることが予想できる。特にカジュアル感を強めたネスと、アウトドアテイストを加えたクロスター、プレミアム仕様のリュクスは、従来のフィットの路線とは異なったキャラを志向しているため、より多くのユーザーから注目を集めるだろう。ただ、基本的なパッケージは共通で、いずれもフィットが得意としている居住性や多用途性はそのままに乗員の快適性を高める工夫が盛り込まれている。

 その一例としては、前方視界の大幅な改善だ。細さと衝突安全性能を両立させたフロントピラーとワイパーを見えにくくする設計により、現行型を大きく超える視界性能が確保された。シートも身体をしっかり保持する面支持構造を持つボディスタビライジングシートをホンダ車として初採用。この新シートは上級セダンへの搭載も視野に入れており、長時間ドライブでも快適に過ごせるよう、様々な工夫が盛り込まれている。

 メカニズム&機能装備もホンダの最新仕様で、2モーター式ハイブリッドや、さらなる機能強化が施されるホンダ センシングの標準化、インターネット経由で様々な機能を利用できる通信連携機能の強化など、この先のスモールコンパクトのベンチマーク要素も、いち早く先取り済みだ。

 期待の新型フィットが発売されるのはこの冬。2020年の目玉の1台になることは間違いない。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント