車の動画[2019.11.09 UP]

レクサス HS250h 2011年式(TOYOTA LEXUS HS250h) グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはレクサスのHS250h 2011年式の動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

トヨタの高級車ブランド「レクサス」。
80年代に徹底されたプロジェクト開発が行われ、
海外の高級車にも引けを取らないプレミアムカーとして
現代もその高い地位を確立しています。  
2009年にはレクサス初のハイブリッド専用モデルの「HS」が登場。
今回は、2011年式「HS250h」をご紹介します。

長さ 4700mm

幅  1785mm

高さ 1505mm

スマートキーで一定の離れた場所からドアの開錠、施錠ができます。
またポケットやバッグなど、キーを身近に携帯していれば、
ドアハンドルを軽く握るだけで解錠、
ドアハンドルに触れるだけで施錠が行えます。

パワースイッチは、インパネ中央のエアコン吹き出し口、右横にあります。
スマートキーを携帯している状態でブレーキを踏みながら
スイッチを押せば、エンジンが始動。
運転席正面のメーター類やマルチインフォメーションディスプレイが起動します。

ステアリング左側にあるスイッチは、オーディオ関連の操作に使います。

またその右側にあるスイッチは、ハンズフリーフォンや
マルチインフォメーションディスプレイの表示切り換えに使用します。 

「ENTER」のボタンを操作して瞬間燃費や航続可能距離などの
情報を確認することが可能です。

ステアリングの右下には、アクセルを踏まなくても
一定の速度で走行できる、クルーズコントロールスイッチ。
スイッチを押すと、ディスプレイ内に緑色の表示灯が点灯します。

ステアリング左奥にはワイパー&ウォッシャースイッチ。

その反対側には方向指示レバー、ランプスイッチがあります。

運転席側のエアコン吹き出し口下には、
様々な機能のスイッチがあります。

1:メーターの明るさを調整するスイッチ。 

2:左右のドアミラーを自動格納したり、角度調整が出来るスイッチ。

3:雪や雨などによる横滑りを抑える機能のオンオフスイッチ。

4:ウォッシャー液が噴射し、ヘッドライトを洗浄できるスイッチ。

5:周囲の歩行者に対し、音で車の存在を知らせる機能のオンオフスイッチ。

他にも、運転モードを切り換える機能のスイッチが設置されています。

1:EV モードは、電気モーターのみで走行でき、騒音や排ガスを抑えられます。

2:ECO MODEは、省エネに適したエコドライブモードになります。

3:パワーモードは、山道や悪路などで力強い走りをしたい時に活躍します。

オートエアコンは、左右それぞれで温度設定が可能。
またプラズマクラスター技術を搭載。車内の空気を浄化し、
快適にドライブを楽しめます。

車内で上質なサウンドが体感できる、プレミアムサウンドシステム。
ラジオやCDなど様々なメディアに対応しています。

シフトレバーは手首の軽い力で簡単に操作できる
エレクトロシフトマチックを採用。
駐車の時には、レバー下にある「P」のスイッチで
ポジション操作を行います。

ナビの画面やオーディオ、エアコンなどの遠隔操作ができる
リモートタッチの操作レバー。
シフトレバーの横に設置されているので、手元で操作しやすく、
パソコンのマウスのように自在に動かすことが可能です。

シートは、座る人の体格に合わせて座席を電動で調整できる機能が付いています。

フロントの左右ドアには、ドアポケットと、ボトルホルダーが、
それぞれ設置されています。

リモートタッチの下側には、12Vのアクセサリーソケットと
USB・AUX端子がそれぞれ配置されています。
車内での電子機器の操作や充電などに、非常に便利です。

センターコンソールに設置された埋め込み型のカップホルダー。
中央の仕切りは取り外しが可能です。

フロント席のアームレストはカバーがスライド式。
中は収納ボックスになっています。
すぐに取り出しやすい場所なので、小物を収納するのに便利です。

助手席にはグローブボックスが配置。
中はトレーで仕切られています。
車検証やちょっとした小物など、アイテムを分けて収納するのに便利です。

また、ETC車載器も設置。
その横には、後ろのトランクを自動で開ける
トランクオープナーのスイッチがあります。

ルームランプはワンタッチ式。
簡単なスイッチ操作でランプを点けることができ、
車内を明るく照らします。

運転席、助手席のサンバイザーは照明があるバニティミラー付き。
暗い場所での身だしなみチェックに便利です。

左右のリヤドアにも、ボトルホルダーが設置されています。

シートバックポケットは、お洒落なメッシュタイプで、
地図や雑誌などを収納することができます。

センターコンソールボックスの後ろに配置された、エアコン吹き出し口。
後席へ心地よい風を送り、快適な空間を保つことが出来ます。

リヤセンターアームレストは後席を広く使える収納型。
カバー付きのカップホルダーが2個、設置されています。

関連情報

車種別動画カタログ


後ろのトランクもキーのリモコン操作で、解錠が可能。
ラゲージ内は奥行きがあり、床面もフラットな作りになっています。

暗い場所での載せ降ろしに役立つラゲージルームランプ。

床下の収納ボードの中には、ジャッキなど、
応急の修理に役立つ工具類がセッティング。

3連式のフロントランプはフォグランプを含め、LEDで設計。
オートレベリング機能が付いており、対向車が眩(まぶ)しく感じるのを防止することができます。

テールランプ、ハイマウントストップランプもLEDを採用。
しっかりした明るさで車の存在を知らせます。

気品のある外観や、上質な室内空間、
優れた走行性能や静粛性能。
細部にまでこだわった作り。まさに贅沢を追求した車です。

以上、「レクサス HS」のご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント