中古車購入[2018.12.26 UP]

スバルBRZの中古車購入の際の選び方の参考ポイント

スバルBRZの中古車購入の際の選び方の参考ポイント グーネット編集チーム

この記事の目次

BRZの主なグレードの特徴と比較から選ぶ
BRZの燃費と年間維持費の違いを・比較から選ぶ
BRZの中古車価格相場から選ぶ

関連情報

中古車購入

BRZは、スバルのFRレイアウトスポーツカーとして2012年に登場したモデルです。デビュー以来、水平対向エンジン搭載による低重心なスタイリングと、優れた走行性能、赤ステッチ加飾などスポーツ性に優れた質感の高いインテリアを備えています。

そして、高い運動性能に最適なボディ剛性と衝突安全性能に必要な強度を確保しつつ、高張力鋼板の採用などにより軽量化されているのが特徴です。

また、操舵応答性の向上とロールを抑え、安定性が高く、かつフレキシブルな走りを実現し、専用チューニングザックスダンパーを搭載したスポーツグレード・STI Sportが追加でラインナップされています。こちらのモデルは、ブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキなど高いレベルでのスポーツ走行を提供します。

スバルBRZの車名由来は、「BOXERエンジン」のB、「Rear Wheel Drive」のR、「究極」のことを指すアルファベットの最後のZの3文字を組み合わせています。
さらにスバル車の特徴といえる水平対向エンジンを搭載したスポーツカーへの想いが込められています。

派生モデルには、BRZと共同開発されたライバル車にもなるトヨタ86となっています。

いずれもコンパクトデザインで水平対向エンジンによる低重心なスタイリングとスポーツ性に優れた動力性能を提供しています。
通勤や買い物から持ち味の優れた運動性能を発揮するワインディングロードや高速道路を使ったロングドライブ、ビジネスシーンでも高い満足感の得られる人気スポーツモデルです。

ここではBRZの中古車購入の際の選び方の参考ポイントとして、主なグレードの特徴、維持費と燃費、中古車の価格相場や価格帯を取り上げてご紹介します。

BRZの主なグレードの特徴と比較から選ぶ

BRZの主なグレードの特徴と比較から選ぶ グーネット編集チーム

初代 スバル BRZ ZC系(2012年〜)の主なグレードの特徴

・RA
BRZ発売開始当初に設定された、主に競技参加用向けグレードです。自分好みにカスタマイズできるグレードであり、駆動に関しては6MT車のみの設定となっています。

運転席&助手席SRSエアバッグ、サイドエアバッグ、横滑り防止のVSCなど基本安全装備は備わりますが、各種スポイラー、フォグランプ、エアコン、アルミホイールの装備はありません。タイヤ&ホイールは16インチを採用し、スチールホイールを装着します。

・R
快適性能とスポーツ性能を両立したベーシック標準モデルがRグレードです。
17インチタイヤ&アルミホイール、本革巻ステアリングホイール、アルミパッド付スポーツペダル、カーボン調インパネパネル、2スピーカー、リヤクオーターガラスとリヤガラスには、UVカット機能付濃色ガラスが装備されています。エアコンはマニュアルエアコンと設置しています。

LEDヘッドランプは、最もベーシックなRカスタマイズパッケージにも標準装備となり全グレードに装備され、夜間のドライブも高い視認性が確保されるのが特徴です。

Rグレード以上のグレードには、トランスミッションに6MTの他、変速時にエンジン回転を合わせるブリッピング機能を持つ6速オートマチック(6AT)車も選択可能です。

・S
Rグレードの装備内容に加えて、LEDフロントフォグランプ、左右独立温度調整式フルオートエアコン、クルーズコントロール、ヒーター付ドアミラー、オートライトシステム、TFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ付メーター、キーレスアクセス&プッシュスタート、トランクルームランプ、8スピーカーを装備し、快適装備を充実させた上級グレードです。シートはファブリックとトリコット生地を採用し、アルカンターラ本革シートはメーカーオプション設定です。

・GT
2016年11月に追加および設定されたグレードがGTグレードです。これまで、最上級グレードであったSグレードのさらに上位グレードとしてGTグレードを設定されました。走りのパフォーマンスとインテリアの上質感を追求しています。

ZF製のザックスダンパーやブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキ、専用17インチアルミホイールを装備することで、操縦安定性を向上させています。インテリアでは、シートヒーターを装備したアルカンターラ本革シートを採用し、スポーティなインテリアに高級感を持たせました。

なお、100台限定で販売されたBRZ GTイエローエディションは予約の時点で受付終了のモデルとなり、希少車となっています。

・STI Sport
BRZ STI Sportは、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)との共同開発されたモデルです。
BRZが持つ走行性能や走りの質感、エクステリアおよびインテリアの質感をより高めた最上級グレードとしての位置づけとなっています。

STIの独自技術で開発したフレキシブルVバーやフレキシブルドロースティフナーフロントに加え、STI専用ブラックカラーの18インチアルミホイールと18インチハイパフォーマンスタイヤを装備し走行安定性をさらに強化しています。

STI専用にチューニングしたZF製ザックスダンパー&スプリングを採用しさらなる操舵応答性を高めました。

エクステリアは、STI専用フロントバンパーや専用のフェンダーガーニッシュ、ツヤ感のあるブラックパーツ等を採り入れています。

そして、インテリアは、STIスポーツ専用のテーマカラーのボルドー色でコーディネートしています。シートは、GTグレード同様、アルカンターラと本革を使っています。

さらに、特別色のクールグレーカーキのボディを持つクールグレーカーキエディションは、100台限定の抽選販売となりました。

BRZの燃費と年間維持費の違いを・比較から選ぶ

BRZの燃費と年間維持費の違いを・比較から選ぶ グーネット編集チーム

ここでは、BRZの主な世代・型式ごとの燃費の違いと、燃費に基づく年間の燃料代と自動車税からなる年間維持費用をまとめます。
同じ型式でも車両重量などにより若干の差異が生じることがあります。

なお、年間の走行距離は年間1万km、ガソリン単価は無鉛レギュラーガソリン135円/L、無鉛プレミアムガソリン145円/Lと仮定しています。また、自動車税は2018年8月時点で参照したものとなります。

初代 スバル BRZ ZC系(2012年〜)の燃費・維持費

・ZC6:2.0L/6MT/FRモデル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費:13.4km/L
年間ガソリン代:約108,208円(746.2L×145円) ※1
自動車税:年間39,500円 ※2
年間維持費:約147,708円 ※3

・ZC6:2.0L/6MT/FRモデル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費:11.8km/L
年間ガソリン代:約122,881円(847.4L×145円) ※1
自動車税:年間39,500円 ※2
年間維持費:約162,381円 ※3

・ZC6:2.0L/6AT/FRモデル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費:12.4km/L
年間ガソリン代:約116,935円(806.4L×145円) ※1
自動車税:年間39,500円 ※2
年間維持費:約156,435円 ※3

・ZC6:2.0L/6MT/FRモデル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費:11.6km/L
年間ガソリン代:約124,000円(862.0L×145円) ※1
自動車税:年間39,500円 ※2
年間維持費:約164,500円 ※3

※1.ガソリン単価は無鉛レギュラーガソリン135円/L、無鉛プレミアムガソリン145円/Lと仮定しております。
※2.自動車税は2018年8月時点で参照したものとなります。
※3.年間の走行距離は年間1万kmと仮定して1年間のガソリン代を算出し、自動車税を合算して、年間維持費として計算をしております。

BRZの中古車価格相場から選ぶ

BRZの中古車価格相場から選ぶ グーネット編集チーム

BRZは人気の高いFRレイアウトスポーツカーであり、比較的価格が高値安定した中古車価格を維持しています。また、登場から6年のため流通台数が少ないことも特徴であり、用途や予算、好みなどに応じて、程度良好なBRZを見つけることができたら、新車価格よりもお得に購入できるのが大きな魅力といえるでしょう。なお、特別限定販売されたモデルについては、新車販売価格と変わらないまたは、上回っている場合がありますので、しっかりチェックしましょう。

BRZ主なグレード・型式の中古車価格帯

初代 スバル BRZ ZC系:128〜368万円
ZC6:128〜368万円

RA:155〜298万円
R:128〜248.4万円
S:128〜368万円
tS:241.9〜348万円

BRZの中古車では、150万円以上の車が多く存在しています。
その中でも、新車登録から5年経過する平成24年式、平成25年式のBRZが豊富です。

それ以外にも、平成26年式、平成27年式のBRZは200万円前後の価格帯での中古車も存在します。100万円を切る価格でのBRZの販売はなく、最もお買い得なBRZでも150万円前後を目安にしましょう(上記中古価格帯については、2018年8月7日時点での数値となっています)。

年式やグレード、オプション装備をはじめ、走行距離やキズやヘコミなどの程度、修復歴の有無、ボディカラーなどで個々の中古車販売価格が異なりますので、中古車を価格で選ぶ際には、最新の価格をチェックするようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加