中古車[2018.12.04 UP]

中古車の保証(メーカー保証・ディーラー保証・グー保証)のメリット

クルマを守っている人のイメージ画像 グーネット編集チーム

中古車という特性上、購入後、運転をしてみたところ、故障などのトラブルが発生する場合もあるかもしれません。
そのため、万が一、中古車を購入後に故障などのトラブルに合った場合の保証について知りたい方も多いと思います。
万が一の事態に対応するためにも、中古車購入時には保証の有無の確認も大切です。
メーカー保証やディーラーの保証、グーネットによるグー保証など、それぞれの保証の違いやメリットについて解説します。

この記事の目次

中古車のメーカー保証とは何か?
中古車のディーラー保証とは何か?
グーネットが提供する「グー保証」とは
保証付き中古車のメリット

中古車のメーカー保証とは何か?

メーカー保証とは、新車購入時に必ず付いてくる保障のことを指します。
中古車のメーカー保証は、新車時の保証期間、あるいは走行距離保証に猶予が残っている場合にのみ保証されます。
近年は新車時の保証期間も長く、中古車購入時にメーカー保証が残っているケースも少なくありません。
しかし、中古車として購入した場合、メーカー保証を引き継ぐために、新車時の保証の継承手続きが必要になります。
また、この保証の継承手続きには費用がかかることが一般的であるため、手間と経費を惜しんでメーカー保証までは不要と言う方もいます。
ただし、製造元による保証ですので、安心できる保証であると言えるでしょう。

中古車のディーラー保証とは何か?

ディーラー保証とは、ディーラーで販売されている中古車に付けられている保証になります。
ディーラーでの中古車購入の際に保証が付くことがあります。その内容は新車保証並みに手厚いケースがほとんどです。
逆に言えば、ディーラーがそれだけの自信を持って送り出す中古車ということになります。
メーカーによって多少の差はありますが、消耗品を除いた部品の修理・交換を無償で1年間、走行無制限という内容がほとんどです。
ニーズに応じて、有償で保証期間を延長することもできます。
メーカー系列ですので、部品の不備もなく丁寧な対応を期待できるとともに、全国の系列店で保証修理を受けられるというメリットがあります。

グーネットが提供する「グー保証」とは

グー保証とはグーネットが全国展開する中古車の保証制度です。
全国で40万台以上の中古車が登録・掲載されているグーネットですが、そのうちのおおよそ10%がグー保証の対象車となっています。
その保証内容は、中古車としてはかなり手厚く、保証期間は国産車最長で3年保証、輸入車でも2年保証となっています。
また、部品交換や修理のみならず、移動中のトラブルに対するロードサービスや、キー閉じこみへの対応なども保障内容に含まれています。これらの保証を、しかも365日24時間対応で展開できるのは、全国に5,000以上の工場とのネットワークを持つグーネットだからこそです。

保証付き中古車のメリット

保証付きの中古車のメリットは、購入後に起こる故障などのトラブルに対して、保証がなされるという点です。

保証の内容や規約よって多少の違いがあるかもしれませんが、エアコンやカーナビ、オーディオやパワーウインドウなどが故障した場合でも、正しい使用方法を守りながらも故障やトラブルを起こしてしまった際には、無償で修理や交換をすることができます。
その補償範囲も、動力伝達機構、ブレーキ機構、電装装備品、エンジン機構をはじめ、広範囲にわたり保証がされています。

保証がなければ大きな費用がかかる修理でも、保証付きの中古車であれば、無償で修理をすることが可能です。
万が一の際に修理費用が発生しないというメリットがあることはもちろんのこと、何かが起こった時の備えとして、安心して運転できるというメリットも大きいと言えるでしょう。

まとめ

保証なしの中古車に比べて、保証付きの中古車は価格が割高になっています。
しかし、クルマの不具合やトラブルはいつどこで起こるかわかりません。
中古車を購入して不安を抱えたまま運転するよりは、確かな保証に投資しておいた方が良いでしょう。
どちらを選ぶかはそれぞれですが、購入後のトラブルを避けるためにも保証付きの中古車の購入をおすすめします。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加