試乗記[2018.05.17 UP]

アウディ SQ5 試乗レポート

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アウディ SQ5

望むすべてをハイレベルで。技術のアウディここにあり

 上質さと洗練、まさにアウディらしいSUVとして2代目に進化したQ5。そしてスポーティバージョンであるSQ5も同時に登場している。アウディにおけるSモデルの称号は、さらなるパワーと運動性能の証だが、SQ5においてはベースモデルとの差異はかなりのものとなっている。

 エクステリアでは、専用のシングルフレームグリル、より大胆な造形のバンパー、20インチのホイールで差別化。インテリアもカーボン仕上げのパネルやコントラストカラーのステッチなどがドライバーの気持ちを盛り上げる。装備面についても、Q5ではオプションの「アウディサイドアシスト」や「アウディプレセンスリヤ」といった安全装備に加え、マトリクスLEDヘッドライトやダイナミックターンインジケーターが標準装備になるなど充実。

 Sモデルのハイライトである走行性能については、さらに入念な手当が加えられている。

アウディ SQ5

 まず、パワートレーンは3L V6のTFSIエンジンで、ツインスクロール式ターボにより最高出力354馬力、最大トルク51kgmと強力なスペック。さらにクワトロシステムの制御も異なる。Q5では、通常走行では前輪駆動を基本とするのに対して、SQ5では6割のパワーを後輪に配分するのだ。

 そんなSQ5の走りは、Q5の上質さをそのままに、ドライバーとの一体感がより高まり、別物と言える速さを身につけている。アクセルを深く踏み込むと猛然と加速を始めるが、嬉しいのは、その動きがドライバーの意思に気持ちよくシンクロすること。これは、新世代プラットフォームである「MLB evo」を採用した成果でもあるだろう。事実、新型はボディサイズが若干拡大したにも関わらず、車両重量は逆に70kg軽くなっているのだ。

 まさにアウディらしさが凝縮されたSQ5は、高級SUVのひとつの完成形と言えるのかもしれない。

文●グーワールド
写真●澤田和久、内藤敬仁
問い合わせ アウディコミュニケーションセンター TEL:0120-598-106

Detail Check

アウディ SQ5(コックピット)

コックピット

インパネを横断するデコラティブパネルは、標準モデルのアルミからカーボンへと変更されている。一方、装備については、Q5でオプションだったものがSQ5では標準装備になるなど、上級モデルらしい贅沢な内容。

アウディ SQ5(インテリア)

インテリア

シートデザインもQ5とは異なり、ショルダーおよびサイドサポートが充実したスポーティなデザインとなる。ステッチもコントラストが効いた色で印象的な仕上がり。

アウディ SQ5(エンジン)

エンジン

新開発された3L V6ターボエンジン。「Bサイクル」とアウディが呼ぶミラーサイクルに似た高効率の燃焼方式を採用する。

アウディ SQ5(ラゲッジルーム)

ラゲッジルーム

ロール式のカバーを標準装備し多彩な使用用途に対応するラゲッジルーム。後席を倒せば最大1550Lの大容量を収納。

アウディ SQ5(8速AT)

全長×全幅×全高 4685×1900×1635mm
ホイールベース 2825mm
トレッド前/後 1620/1610mm
車両重量 1930kg
エンジン V6DOHCターボ
総排気量 2994cc
最高出力 354ps/5400-6400rpm
最大トルク 51kg m/1370-4500rpm
サスペンション前後 ウィッシュボーン
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 255/45R20

全国メーカー希望小売価格(発売 2017年10月)

SQ5(8速AT) 887万円

Body Color

※ほか6色。

 □アイビスホワイト
 □グレイシアホワイトM
 アゾレスグリーンM
 マンハッタングレーM
 フロレットシルバーM
 マタドールレッドM

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント