輸入解禁! 憧れのGT-R R32に歓喜するアメリカ人ファンの記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > 車のエンタメ > 車のエンタメ > 輸入解禁! 憧れのGT-R R32に歓喜するアメリカ人ファン

車のエンタメ [2018.03.02 UP]

輸入解禁! 憧れのGT-R R32に歓喜するアメリカ人ファン

 スカイラインシリーズのR32型 スカイライン GT-R(以下 R32型 GT-R)といえば、発売当時、その高い性能でクルマ好きのハートを刺激しまくった名車です。市販モデルとしては信じられないほどの高性能で、日本における乗用車で戦う最高峰レースだった「グループA」では参戦開始からそのシリーズが終了するまで全戦全勝という金字塔を打ち立てました。

 デビューは1989年なので、もはや「旧車」と呼んで差し支えないモデルです。そんなR32型 GT-Rがいま、アメリカでカルト的な人気を得ているのだとか。その理由は、「アメリカで新車販売していなかったモデルは、発売から25年間は輸入してはならない」という規制が終了し、アメリカ国内に自由に輸入できるようになったからだそうです。日本国内でR32型 GT-Rの価格が最近高騰しているのも、その影響と言われています。

 今回紹介するのは、アメリカに渡ったR32型 GT-Rのインプレッション。担当するのは、流暢な日本語を話しハコスカも所有している謎のアメリカ人「スティーブさん」です。

 これがアメリカに渡ったR32型 GT-Rの1台。低い車高に18インチタイヤと、見た目からしていろいろと手が入っているのが分かります。

 さて、試乗に出かけましょう! 右側通行の国に、右ハンドルの日本車。ちょっと不思議な光景です。

 さすがストレート6。いい音を奏でますね。

 「すごくいい」「運転するのが楽しい」とベタ惚れのスティーブさん。でも強化クラッチは苦手だそうです。発進でエンストしそうになるから(笑)、という言葉からは、かなりチューニングされている個体であることがうかがわれます。

 トンネルはサウンドを楽しむのに最適な場所です!

 日本車が大好きなアメリカ人によるR32型 GT-Rのインプレッションでしたが、R32型 GT-Rの現役感はハンパないですね! いずれにしても、こうして日本のクルマに憧れ、盛り上がって楽しんでもらえるのはとても嬉しいことですね!

参照元:Steves POV スティーブ的視点(YouTube)

「日産 スカイライン」の中古車を探すならこちら!

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る