車のエンタメ[2018.03.07 UP]

これ、三菱ランエボ!? 1万3000回転、2000馬力が奏でる、もはや市販車ではない音!

 世の中にはとんでもない改造車がたくさんいるわけですが、今回紹介するのもその1台。日本が世界に誇るサムライファイターとして名高いランサーエボリューションをベースにしたドラッグマシンです。 その驚異的な加速を見てみましょう。

 クルマの最前部に誇らしげに配置されたタービン。といいますか、タービンが大きすぎではないでしょうか? 直径は確実に大きいですよね、銭湯にあるケロリンの洗面器ぐらいでしょうか。いくらドラッグレースとはいえ、こんなに大きなタービンを使い切るなんて尋常ではありません!

 なんという音でしょうか! そして加速はまるで早送りしているようです。ドライバーにはとんでもない加速Gが襲いかかっていることでしょう。

 ではメーターのアップいきましょう。アイドリング回転数がやたらと高く、バラついています。市販車とはぜんぜん動きが違いますね。

 ちょっと!タコメーター!! いったい何回転回っているの! そしてレスポンスが半端ないです。レーシングマシンのようです。

 今度はスピードメーターです。上昇していく速さは現実的ではありません(笑)

 そして車載カメラです。もはや暴れ馬を乗りこなすロデオみたいですね。

 ちなみこのエンジンは13000回転まで回り、出力は2000馬力だとか。とてつもないオバケですね。こんなクルマでの全開加速、一度はを体験してみたいような、味わいたくないような。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント