中古車購入[2017.12.02 UP]

インプレッサ、ATのAラインに“タイプS”が追加設定! ATでもスポーティな走りを!!

関連情報

ベストカー

赤ステッチ入りのアルカンターラ/本革バケットタイプが標準装備 赤ステッチ入りのアルカンターラ/本革バケットタイプが標準装備

【本記事は2010年2月にベストカーに掲載された記事となります。】 昨年2.5Lフラット4ターボ+5速ATのAラインが追加されると、一時はSTIの7割ほど、いまでは5割を占めるほどの大人気モデルとなっている。そのAラインをベースにさらにスポーティに仕立てたのがAラインタイプS。内装は、赤ステッチ入りのアルカンターラ/本革(Aラインはファブリック/合成皮革)のバケットタイプシートを中心に、赤ステッチ入りのステアリング、ドアアームレストを装備。またメーカーオプションで、レカロ製バケットシートが用意される。

ガンメタリック塗装の8.5J×18インチアルミホイールがタイプSの特徴。タイヤは245/40R18(BS、ポテンザ050A)。ブレーキはフロントは17インチ2ポッド、リアは16インチのベンチレーテッドブレーキを標準装備 ガンメタリック塗装の8.5J×18インチアルミホイールがタイプSの特徴。タイヤは245/40R18(BS、ポテンザ050A)。ブレーキはフロントは17インチ2ポッド、リアは16インチのベンチレーテッドブレーキを標準装備

外観の変更点は、ガンメタリック塗装の18インチアルミホイールが装備されるにとどまるが、ゴールド塗装のブレンボ製ベンチレーテッドディスクブレーキもメーカーオプションで用意されている。

価格はAラインの10万5500円高の325万5500円!

価格は、Aラインから10万5500円アップの325万5500円。ブレンボ製ブレーキ付きは346万5000円、レカロシート付きは341万2500円、レカロシート+ブレンボ製ブレーキ付きは362万2500円となっている。

さて、肝心の走りはどうか?

オプションのブレンボ製ブレーキ(キャリパーはゴールド塗装) オプションのブレンボ製ブレーキ(キャリパーはゴールド塗装)

300ps/35.7kgmを発生する2.5Lターボと、パドルシフト付きの5ATによる走りは、文句なしにパワフル。スペック的には308ps/43kgmの2LターボのMT、STIに比べ、トルク、高回転特性は劣るものの、プラス500ccの威力は絶大で2800〜6000rpmという広い回転域でマックストルクをキープ。日常域ではフレキシブルで、走りも力強く使いやすいので、まったく不満なし。お馴染みのSI-DRIVEをSモード、S♯モードにすればSTIらしい刺激的なフィールとなる。もちろん、18インチタイヤやSTIチューンのサスペンションは、乗り心地を犠牲にしていないので好印象。

こだわり屋にとって気になるのはVTD-AWDと呼ばれる電子制御の不等&可変トルク配分式AWD。MTのSTIのDCCDに比べ、姿勢を積極的に変える能力は低いが、穏やかで安定したハンドリングは魅力。MTだからと二の足を踏んでいた人にとってはこのAラインタイプSは最適な1台だと思う。

Powered by ベストカー

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加