車のニュース[2017.12.08 UP]

レクサス、7人乗リ3列シートモデルを追加するなど「RX」の一部仕様を変更

RX 仕様変更で追加された7人乗リ3列シートモデル「RX450hL」

レクサスは12月7日、7人乗リ3列シートモデル「RX450hL」を追加するなど「RX」の一部仕様を変更して発売した。今回の仕様変更は、RX450hLが追加されたのが大きな話題だ。このモデルは、RXのエクステリアの印象をそのままに全長を拡大し、7人乗り仕様のロングバージョンとしたもの。

RX RXのエクステリアの印象をそのままに全長を拡大し、7人乗り仕様のロングバージョンとした

ボディサイズは、全長5000mm、全幅1895mm、全高1725mm。ホイールベースは、2790mmとなる。3.5リッターV型6気筒エンジンを搭載するハイブリッドモデルで、駆動方式は4WDとなる。

RX 段差感の少ないフラットなフルラゲージモードなど幅広いシートアレンジが可能

RX450hLは、1列目から3列目にかけて視点を高くするシアタースタイルの空間構成を採用。左右に配置した3列目専用のエアコンを搭載し、分割可倒式のセカンド・サードシートにより、段差感の少ないフラットなフルラゲージモードなど幅広いシートアレンジを可能にしている。ワンタッチで前に倒れるセカンドシートの採用により、乗降性に配慮している。そのほかのRXの仕様変更は、18インチアルミホイールをよりメタリック感のある塗装としたほか、セキュリティ機能を強化。また、「RX200t」の名称を「RX300」に変更している。

メーカー希望小売価格は、497万2,000円〜769万円(税込)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント