中古車購入[2020.04.03 UP]

車の名義変更はディーラーに頼む?名義変更に必要な書類や費用について

車の名義変更はディーラーに頼む?名義変更に必要な書類や費用について グーネット編集チーム

中古車を購入したときは必ず、前の持ち主の名義から、自分の名義に変更(移転登録)しなくてはなりません。ここでは車の名義変更について、またディーラーに依頼するメリットやその方法を説明します。

この記事の目次

車の名義変更とは?
車の名義変更をディーラーに依頼するメリットは?
ディーラーに車の名義変更を依頼する際の流れ
名義変更の手続きに時間がかかる場合
まとめ

関連情報

中古車購入 手続き 中古車豆知識

車の名義変更とは?

車の名義変更とは、車検証に記載されている名義人を変更する手続きのことです。車を譲り受けたときや、個人間で車を購入した際に名義変更をする必要があります。

名義変更をしなくても車に乗ることはできますが、名義変更をしておくと保険が安くなる可能性があります。また新しい車へ乗り換えるとき、手続きがスムーズになるでしょう。
なお、家族の車であっても「どちらがどのくらい税金を支払うか」という問題が発生する場合もあるため、名義変更はおこなっておくのが得策です。

名義変更をする場合、陸運支局か自動車検査登録事務所(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)で手続きをおこなう必要があります。
しかし、受け付けの時間が平日の9〜16時までとなっているところが多く、なかなか手続きに行く時間を作るのが難しいという人も多いでしょう。

「仕事の都合でなかなか手続きに行けない……」という方は、ディーラーに依頼すれば名義変更を代行してもらえます。なお、ディーラーに名義変更を依頼するには事前に書類を用意する必要があります。必要書類については後ほど詳しく解説します。

車の名義変更をディーラーに依頼するメリットは?

車の名義変更をディーラーに依頼するメリットは? グーネット編集チーム

先ほど解説したように、ディーラーに名義変更を依頼するのは「自分が手続きに行くのが難しいから」というのが主な理由でしょう。しかしそれだけではなく、ディーラーに名義変更を依頼すると以下のようなメリットがあります。

申請作業にかかる時間を節約できる

代行を依頼するので当然といえば当然ですが、申請作業にかかる時間を節約できます。

名義変更にはさまざまな書類が必要になります。ディーラーに依頼する場合も自分で書類を揃えなければいけませんが、書類に記入する時間や陸運支局に行く時間は代行によって節約が可能です。

不慣れな申請による不備を回避でき手間がかからない

名義変更はそう何度もある手続きではないため、不慣れな人がほとんどです。不慣れな手続きはミスをしやすく、書類に不備があれば何度も修正しなければいけません。また、法改正によって手続き方法が変わることもあります。

ディーラーに依頼をすれば確実に手続きを進めてもらえるので、書類の不備を心配する必要がなくなります。

ディーラーに車の名義変更を依頼する際の流れ

ディーラーに車の名義変更を依頼する際の流れ グーネット編集チーム

ここからは、実際にディーラーに名義変更を依頼する流れをご紹介していきます。

1.委任状を用意する

委任状は読んで字のごとく、ディーラーに代行を委任するための書類です。そのため、委任状は委任者本人(自分)が用意して作成しなければなりません。
用意するといっても委任状はインターネットからダウンロードできますので、それほど手間にはならないでしょう。必要事項を記載した後、実印を押すことを忘れないように注意してください。

2.車庫証明を取得する

名義変更には必ず車庫証明が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。車庫証明は最寄りの警察署で発行することができ、手続きから3〜5日程度で発行されます。
なお、車庫証明は取得後1ヵ月以内に名義変更をおこなう必要があるので注意しましょう。

3.ディーラーに必要書類をすべて渡し、名義変更をおこなってもらう

必要な書類がすべて揃ったら、ディーラーに渡して名義変更を依頼しましょう。書類に不備があってもディーラーが指摘してくれるので、陸運支局に行ってから修正が必要になる心配はありません。

名義変更の手続きに時間がかかる場合

基本的には1週間もあれば完了する名義変更手続きですが、場合によっては時間がかかることもあります。名義変更に時間がかかってしまう代表的なケースを、以下でご紹介します。

運輸支局が遠い場合

名義変更をおこなう際に出向く運輸支局は意外に数が少なく、各県に1ヵ所しかないところもあります。そのため県境をまたいで遠方の販売店で購入したときなど、名義変更に日数がかかってしまうケースも多いようです。

また、ディーラーは手間を省くために、いくつかの案件がまとまってから運輸支局に出向くことが多いので、急いで納車してほしいときには相談してみましょう。

希望ナンバーを申し込む場合

希望ナンバーを申し込んだ場合も、手数料を振り込み、交付までに4日程度かかるため、日数がかかってしまいます。特にゾロ目のナンバーなどは希望者が多いため抽選となります。抽選は週に一度なので、さらに日数がかかるでしょう。

車検が切れてしまっている場合

車検切れの普通車を名義変更するときは、車検を通してから名義変更をおこなうので少し時間がかかります。しかし慣れているディーラーならそのような手続きも半日で終わるはずです。
車検が切れていても軽自動車は名義変更ができますが、車検を通す必要があり、手間やかかる時間はそれほど変わらないでしょう。ただし、車検の切れた中古車を運輸支局まで運ぶには積載車や仮ナンバーを手配する必要があり、そういった手続きで日数を取られることもあります。また、車検切れの場合は、車検を受ける前に整備や部品交換をおこなうため車検付きの中古車を買うより日数がかかることも多いです。

まとめ

今回は、名義変更をディーラーに依頼する方法について解説しました。名義変更は自分でもおこなうことができますが、平日に時間を取るのが難しいという人はディーラーに依頼するのが得策ということでした。

手続きを代行してもらう場合でも、自分で用意・作成しなければならない書類もあるので、この記事を参考に事前に準備しておきましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するタグから記事を探す