車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

ガソリン車用(オイル交換) [2018.08.29 UP]

エンジンオイルが劣化した際の症状とその影響

エンジンオイル。車を運転する人であれば一度は耳にしたことのある言葉だと思います。でもエンジンオイルが何なのかということを詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。また、エンジンオイルが劣化した場合、何か影響はあるのでしょうか?劣化した場合に起こる症状などを見ていきましょう。

そもそもエンジンオイルって何?

エンジンオイルは一言で言うとエンジンをスムーズに動かすための「潤滑油」です。エンジンは金属の部品の集合体です。それらが動くと金属同士がこすれ合い摩擦が発生します。エンジンオイルはエンジン内を循環し、その摩擦によるダメージや熱を少なくするという役目を担っているのです。

エンジンオイルはなぜ劣化するの?

エンジンオイルは上記でも述べたように、常にエンジン内を循環しエンジンにかかるダメージや熱を吸収している為、使用と共に劣化してきます。オイル自体の劣化の症状としては、粘度が低下したり、汚れたりします。

エンジンオイルの劣化で起こる症状とエンジンへの影響

ではエンジンオイルが劣化した場合、エンジンへはどのような影響があるのでしょうか。エンジンオイルの一番の役割は、エンジン内部の摩擦によるダメージや熱を軽減することです。つまり、摩擦によってでる不純物の量を抑えたり、出てしまった不純物を取り除くという事です。エンジンオイルが劣化してくると、当然ながら取り除ける不純物の量が低下します。そうなるとエンジン内部に不純物が溜まり、エンジンが正常な性能を発揮できなくなります。そうするとどのような影響が出るのでしょうか?はっきりと言える影響としては、燃費の悪化・加速力の低下が挙げられます。また、エンジンオイルは使用と共に少しずつではありますが、量が減少します。その為、交換をせずに使い続けると冷却機能も不十分になり、最悪の場合エンジンが焼き付いて動かなくなってしまう事もあります。

エンジンオイルの交換時期

エンジンオイルの交換時期はオイルや使用状況によっても変わってきます。一般的にディーラーなどで言われているのは、「5000km走行」もしくは「半年使用」です。この周期で換えていれば、他の故障が無ければ、エンジンオイルの劣化が原因となる故障は起こりづらいという一つの目安になります。車は非常に高い買い物です。しかし、非常に高い買い物の割にその後のメンテナンスをおろそかにしている人も多いのではないでしょうか?一つの手間を嫌がるとその数倍の手間とお金がかかるという事を頭に入れ、最低限のメンテナンスは自分で考え実施することをお勧めします。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました