車検から車の修理・整備・点検まで、車整備専門店検索グーネットピット

知らないと損する!?
車検や修理の豆知識ならグーネットピット

車検・オイル交換・キズ・ヘコミ
クルマのことならグーネットピット

車検 [2018.08.29 UP]

車検の予約をキャンセルするとキャンセル料はかかるのか

車を所有していれば、定期的に車検を受ける義務があります。そのため、車検時には依頼する側も引き受ける側も、できる限り予定通りに進めるために、車検の予約をするのが一般的です。車検を予約することで、引き受ける側もその車に対するパーツの手配や段取りなどを調整し、車検を予定通りにスムーズに進めることができます。では、急遽仕事や家庭の用事ができてしまった時や、予約が重複してしまった時など車検の予約をキャンセルすることができるのでしょうか?ここでは、車検の予約をキャンセルした際にキャンセル料はかかるのかについて説明します。

車検の予約はキャンセルできるのか?

車検の予約をキャンセルすることは可能です。車検を受けることのできる業者は沢山ありますが、基本的にどの業者でも車検の予約をキャンセルすることはできます。しかしながら、車検業者側は予約を受けてから見積り作成や部品の手配、代車の準備など、車検整備以外の事前準備もしなければなりません。キャンセルの連絡を怠ると車検業者側はどんどん事前準備が進行してしまうので、予約のキャンセルや変更がある場合は、わかった時点で可能な限り、早く連絡をする必要があるでしょう。

車検のキャンセルはキャンセル料が発生するのか?

予約をキャンセルする時に気になる料金はほとんどの業者で発生しません。特に全国展開している大手のチェーン店(車検専門店・ガソリンスタンド・カー用品店)など、キャンセルは無料としている業者も多いようです。しかし、全ての業者のキャンセル料が無料ではありません。車検を予約した日が近かったり、事前手続きをすでに済ましてしまったりしていると「契約解除料=キャンセル料」が発生することもあります。例えば、予約日の3日前のキャンセルなら代行手数料の25%、予約日の2日前なら代行手数料の50%、予約日の前日なら75%などというように、予約日に近ければ近いほどキャンセル料が割り増しになる場合もあります。また、業者側が仮ナンバーを取得していた場合、書類の再発行手続きをしていた場合や、ユーザーからの依頼で部品を取り寄せていた場合などは、キャンセル料以外に別途料金が発生する可能性も出てきます。

車検の予約をキャンセルする際の注意点

車検業者によりキャンセル料が上下しますが、車検を行う業者側にも迷惑がかかるので、キャンセルの必要が生じた場合は速やかにその旨を連絡してキャンセルをすることが重要でしょう。また、他業者との料金の違いでキャンセルをする際にも注意が必要です。仮に料金が安い業者があったとしても、見積り内容を見直した時、作業項目ごとの料金の違いにより総額では実際に料金が安くならないばかりか、キャンセル料を考慮すると返って割高になる場合があるからです。車検の予約をする際には事前にキャンセル料の説明を聞き、どうしても予約をキャンセルする必要が生じた際には、できるだけ早めに車検業者へ連絡することが大切です。そのためにも、いくつかの車検業者から早めに車検費用の見積もりを取ったうえで、余裕を持って車検に臨むことをおすすめします。

グーネットピット編集部

ライタープロフィール

グーネットピット編集部

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

車検・点検、オイル交換、修理・塗装・板金、パーツ持ち込み取り付けなどのメンテナンス記事を制作している、
自動車整備に関するプロ集団です。愛車の整備の仕方にお困りの方々の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
整備工場探し私がご案内します
×

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました