コーティング[2018.08.29 UP]

ガラスコーティングされた車の洗車方法と注意点について

ワックスいらずと言われる人気のガラスコーティングですが、よく言われる洗車は水洗いだけでOKというのは本当でしょうか?ここではガラスコーティングされた車の洗車方法と注意点について説明します。

ガラスコーティングとは?

ガラスコーティングとは?

ガラス質の被膜で塗装表面をコーティングする事により、酸化やキズ、鳥のフンなどから塗装面を守ってくれます。硬い被膜を形成するので、洗車が簡単でコーティングが落ちにくく効果が長持ちするのが特徴です。

ガラスコーティングされた車は水洗いだけで良いと言われたけど本当?

ディーラーなどで新車時に施工する事も多いガラスコーティングですが、手入れが簡単で洗車も水洗いだけで良いと言われます。これについては、概ね正解と言えるでしょう。正確には「コーティングしているから汚れがつきにくく洗車をしなくて良い」のではなく、「コーティングしているから汚れが落ちやすい」のです。汚れを長時間そのままにしておくと、コーティングしていても落としにくくなります。洗車回数が減るのではなく、1回の洗車にかける時間が少なくて済むのがガラスコーティングのメリットでもあります。

ガラスコーティングされた車はどうやって洗車すればいいの?

まず、たっぷりの水で車全体を濡らすのですが、この時点で汚れやホコリはだいたい水と一緒に流れていきます。車が濡れている状態で、たっぷりと水を含ませた洗車用スポンジや柔らかいタオルで、優しく塗装表面を撫でるようにこすり洗いします。途中でスポンジを絞ったりせず、ビショビショのままで優しく撫でるだけでほとんどの汚れは落ちます。最後にたっぷりの水をかけて汚れを洗い流し、吸水性の良いセーム皮やマイクロファイバークロス等で水分を優しくふき取り、洗車は完了です。

ガラスコーティングはキズに強いと言っても限度はある

ガラスコーティングはキズに強いとされています。しかし、洗車の時にゴシゴシこすったら、コーティングしてあると言ってもキズがついてしまいます。洗車キズの多くは、塗装表面に付着している鉄粉やホコリをそのまま車に押し付けてこすってしまう事が原因とされています。前項の洗車手順で書いた通り、こする前に一度たっぷりの水をかけて流してやる事が必要です。

拭き上げ時の注意点

台布巾でテーブルを拭くように、円を描いて拭いていませんか?細かいキズでも、色々な方向に向かってキズがつくと、表面が乱反射するようになってしまい、キズが目立つようになります。拭き上げの時は、なるべくクロスを広げて表面に置き、力を入れずに一方向へゆっくり引っ張るように拭きましょう。

水洗いで落ちない汚れの処理

水洗いで落ちないのは、油脂成分が強い汚れです。例えば、夏の暑い日などに走行中アスファルトのピッチやタールなどが付着する事がよくあります。白い車等で、小さな黒い点々が付いたように見えるものがピッチ・タールです。これは粘性が高く石油成分の一種ですので、水洗いではなかなか落ちません。パーツクリーナーやシリコンオフなどをウエスにしみこませ、優しく撫でるようにふき取ります。汚れが落ちたら、成分が表面に残らないようすぐに洗い流します。ホコリが表面に付着しているだけの状態であれば、水洗いだけでまず済むので、水道とバケツとスポンジ、タオルなどがあればできるでしょう。油脂成分の強い汚れがある場合は、それを落とす成分を含むケミカル剤が必要になります。ただしそれがコーティングを痛めるものである可能性もありますので、施工してもらった業者にしっかり、使用して良いものかどうかを確認する事が必要です。水洗いで落ちない場合は、コーティングを長持ちさせるためにも、専門店やプロの方に洗車をお願いするのが良いかもしれません。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント

車の整備は事前に予約 空いた時間を有効活用
タイヤ・オイル交換は かんたんネット予約
×
COPYRIGHT©PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.