三菱 アウトランダーPHEVの新車値引き相場情報

写真

三菱 アウトランダーPHEV

値引き情報

情報提供元:月刊自家用車(内外出版社)
※値引き情報はあくまで参考価格であり状況により変わります。

平均値引き(装備付属品込)
  • 20.6万円
  • 値引き率 5.63
  • 車両本体価格:3,659,4724,789,260
値引き平均額の推移(車両本体価格)
日付 車両本体目標値引き額 価格推移
2018年7月号 20万円
2018年6月号 20万円
2018年5月号 20万円
2018年4月号 20万円
2018年3月号 20万円
2018年2月号 20万円
2018年1月号 20万円
車両本体目標値引き額
(万円)
2018年度

価格交渉方法

写真:松本隆一

PHEVは「安売りしない」と強気だったが、最近は緩む傾向にある。付属品の値引きを含めて25万円超を狙いたい。ガソリン車は値引きの合計が30万円を大きく超えることも。ハリアーとの競合を。経営の違う三菱の販売店がある地域は同士討ちを。
(情報提供元:『 月刊自家用車 7月号 』(内外出版社) 値引きの神様 松本隆一)

車両情報

新車価格 3,659,400円〜4,789,200

EV派生型の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載した「アウトランダーPHEV」。「i-MiEV」で培ったEV技術、「ランサーエボリューション」で鍛えた4WD技術、「パジェロ」で築いたSUVのノウハウを結集した、画期的な「自分で発電する電気自動車」であり、SUVタイプとして世界初のプラグインハイブリッド車となる。ラインアップは、ベーシックな「M」、先進安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を標準装備した「G セーフティーパッケージ」、さらにカーナビゲーション等を追加した「G ナビパッケージ」、「ロックフォードフォズゲート プレミアムサウンドシステム」や本革シート等の快適装備も充実した「G プレミアムパッケージ」、より上質な乗り心地と優れた操縦安定性、プレミアム感ある内外装を特長とした最上級グレード「Sエディション」を設定。今回、「M」をベースとした特別仕様車「Gリミテッドエディション」を設定。予防安全技術「e‐Assist」や、100V AC電源(1500W)などを装備する。「e‐Assist」は、衝突被害軽減ブレーキシステム、車線逸脱警報システム、レーダークルーズコントロールシステム、オートマチックハイビームを標準装備する。シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制し、衝突被害を軽減する誤発進抑制機能(前進&後退時)とパーキングセンサー(フロント/リア)をメーカーセットオプション設定した。これにより、サポカーSワイド対象となる。エクステリアは、18インチラウンドリムタイプアルミホイール及び225/55R18タイヤ(マッド&スノー)とLEDフォグランプを採用。ボディカラーは、「ホワイトパール」を含む全3色を用意。

もっと見る

他の人はこんな車種も見ています

オフィシャルサイト

パーツショッピング

愛車のカスタマイズは

GooParts

有名ブランドのパーツも中古ならお手頃価格で!?

全パーツ・カー用品から探す

$B%Z!<%8%H%C%W(B