新型「ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック」発表 ルノーEV第一弾

輸入車 [2021.09.07 UP]

新型「ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック」発表 ルノーEV第一弾

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック

 ルノーは現地時間9月6日、ミュンヘンIAA モビリティ2021において、電気自動車の第一弾「新型メガーヌ E-TECH エレクトリック」を発表した。

ルノー メガーヌの新車見積もりはこちら

ルノー メガーヌの中古車一覧はこちら

新プラットフォーム「CMF-EV」を採用した初のモデル

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック 2

 新型メガーヌE-TECHエレクトリックは、ルノー・日産・三菱アライアンスが新たに開発したモジュール式のCMF-EVプラットフォームを採用した最初の車両。電気自動車に特化して設計されたこのテクノロジーベースは、コンパクトにカットされたエンジンルーム、延長されたホイールベース、そして十分に外側に配置されたホイールという特徴をもつ。同時にこのプラットフォームは、高いエネルギー密度を持つ極めてフラットなバッテリーの設置を可能にしている。

 メガーヌE-TECHエレクトリックは、短いオーバーハングと2.70メートルのロングホイールベース、4.21メートルの全長が特徴。この電気コンパクトカーは、車両フロアにバッテリーを搭載していながら車高は1.5メートルと、現行メガーヌよりもわずかに背が高いだけとなっている。

ルノーの新ロゴを導入した ”SENSUAL TECH”デザイン

 新型メガーヌE-TECHエレクトリックは、新しいルノーのロゴをフロントとリアに配したデザイン「Sensual Tech」を導入した最初のモデル。メガーヌE-TECHエレクトリックの特徴は、筋肉質な丸みを帯びたショルダー、くぼんだ側面、輪郭のはっきりしたボンネットなどのスタイリング要素。さらに、リアのマイクロオプティカルLEDライトストリップや、インテリアの大型OpenRスクリーンなど、印象的なハイテクディテールを採用している。e-driveの冷却要件が軽減されたことで、デザイナーはフロントをほぼ閉じた状態にすることが可能になった。また、ボディと一体化したドアハンドルは、ドライバーが近づくと自動的に開くようになっている。エクステリアにはクロスオーバーモデルの世界観が取り入れられ、装備に応じて18インチまたは20インチのホイール、高いベルトライン、ホイールアーチや車両側面のプロテクターなどを採用。一方、リアのアーチ型ルーフは、クーペを彷彿とさせるシルエットを描いている。

 外側に配置されたエアインテーク開口部は、空気の流れをタイヤ周辺に導き、空力的に不利な車両側面での乱流を防止。また、幅の狭いホイールは、空力効率を高め、エネルギー消費を低減する効果をもつ。

 特徴的なボディラインと同様に、外観を特徴づけるのは表現力豊かなライトシグネチャーだ。輪郭のはっきりしたデイタイムランニングライトは、フロントエプロンのエアインテーク開口部まで続く。ドライバーがメガーヌE-TECHエレクトリックに近づくと、独立したライトシーケンスで車が出迎え、埋め込み式のドアハンドルが作動。着席すると、OpenRディスプレイが自動的に点灯し、ルノーサウンドに合わせてブランドのロゴやサインが表示される。

家具のようななインテリア、高い音響性能

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック 7

 モダンな家具デザインにインスパイアされた家庭的なインテリアの素材選びにも新境地が開拓された。例えばシートカバーは、装備に応じてリサイクル素材を使用。ドアパネルの上側とインストルメントパネルに、市販車では初めて “Nuo “ウッドを採用。これは、薄い石灰の木の単板を環境にやさしい接着剤で綿の生地に貼り付け、レーザーカットしたもの。インストルメントパネルからドアパネルにかけてのトリムストリップが、広々とした空間を演出する。また、車両フロアとバッテリーの間に吸音フォーム層を設けたり、ドアに特殊な遮音材を使用することで、プレミアムサルーンに匹敵する高いレベルの音響的快適性を実現した。

コンパクトクラスで最大の情報画面と最新のインフォテイメントシステム

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック 8

 メガーヌE-TECHエレクトリックには、ルノーの量産車で初めて導入されたOpenRディスプレイが搭載されており、装備によってはコンパクトクラスのモデルとしては最大の情報画面を備える。OpenRスクリーンは、高輝度と反射防止コーティングにより、完全な太陽光の下でも優れた読みやすさを実現。そのため、インストルメントパネルには従来のサンバイザーがなく、すっきりとした外観となっている。

 最新のインフォテイメントシステムは、Google社との共同開発による自動車用OS「Android」を採用し、スマートフォンやタブレットの機能を統合したシステム。Googleマップによるナビゲーションに加えて、パーソナルバーチャルアシスタントとして「Googleアシスタント」を搭載。「ヘイグーグル」と話しかけると自動的に反応し、音声コマンドでエアコンの温度設定やマルチセンスの設定、ナビゲーションの目的地の入力など、一部の車両機能を使用できる。

2つのパワーレベルの電気モーター、最大470kmの航続距離

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック 9

 メガーヌE-TECHエレクトリックには、96kW/130psと160kW/218psの2種類の駆動方式が用意された。モーターはコンパクトで、ギアボックスを含めても145kgしかなく、スタート時から力強い加速が可能。メガーヌE-TECHエレクトリックの最上級エンジンでは、0-100km/h加速は7.4秒となっている。

 バッテリーは、ルノーZOEに搭載されているものよりも40%小さい。メガーヌE-TECHエレクトリックの蓄電システムには、ニッケルを多く含み、コバルトを少なくしたNMC(ニッケル・マンガン・コバルト)リチウムイオン電池が採用されている。また、バッテリーには電気モーターと同様に液冷式を採用。バッテリーには2つの容量が用意され、航続距離は40kWhで300km、60kWhで最大470kmを実現している(WLTPサイクル、装備により異なる)。

革新的なエネルギー回収システム

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック 10

 また、空冷から液冷に変更したことで、パワーユニットやバッテリーの余剰熱を利用して、バッテリーを使わずに車内を暖めることができる新開発のエネルギー回収システムが実現した。そのため、低温でも航続距離に影響が出にくくなっている。また、予測充電管理システムはナビゲーション情報を利用し、車両が充電ステーションに近づくと、バッテリーを急速充電またはフル充電に最適な温度に設定してくれる。

充電の多様性

新型ルノー メガーヌ E-TECH エレクトリック 11

 メガーヌE-TECHエレクトリックは、バージョンによっては最大130kWの充電出力を持つDC急速充電ステーションを含む、幅広い充電出力とアンペア数で充電が可能。充電時間は、市場で最も速いものの一つに数えられるという。

ルノー メガーヌ (2021年8月 発売モデル)

 欧州Cセグメントに位置し4代目となるルノー「メガーヌ(MEGANE)」。ラインアップは、モータースポーツへの挑戦で培われたノウハウと、先進の技術により、さらに高いレベルのパフォーマンスを獲得した「ルノー スポール」、最高出力が300馬力、最大トルクが420N・m(EDC)/400N・m(MT)に高められたメガーヌ ルノー・スポール史上最もパワフルなエンジンを搭載する「スポール トロフィー」を設定。「スポール トロフィー」には、これまでは6速AT(EDC)モデルのみに搭載されていたローンチコントロールをMT車にも搭載。
 今回、優雅さを増したデザイン、爽快で力強い走り、充実の先進装備を備えた「インテンス」、「スポーツツアラー インテンス」を設定。159馬力/270N・mを発生する1.3L 直噴ターボエンジン搭載。1,800rpmの低回転で最大トルクに達するため、低速から力強い余裕のある走りをもたらし、最高出力を発生する5,500rpmの高回転域まで伸びやかで爽快な加速が楽しめる。トランスミッションは、スムースな変速と高い効率が特長の湿式多板デュアルクラッチ電子制御7速AT(7EDC)を組み合わせた。
 エクステリアには、LEDヘッドライトユニットに最新のルノーモデルと同様の立体的なストライプや、ヘッドライトカバーに ダイヤモンドのモチーフが組み込まれたものを採用。また、新たにデザインされたフロントバンパーとフロントグリル、そしてフロントエンド、フロントフェンダーに効果的に用いられているクロームのパーツが、質感と優雅さを高めている。
 インテリアは、7インチ マルチメディア イージーリンクタッチスクリーンに、スマートフォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を新たに採用。また、運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスも、 7インチ マルチメディア イージーリンクタッチスクリーンで操作可能。
 安全装備には、アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)、ドライバー疲労検知アラート、後退時に車両後部に接近する車両を検知するリアクロストラフィックアラートを新たに採用した。併せて、開放感あふれるドライブが楽しめる電動パノラミックルーフと、上質なレザーシートを装備した限定車「インテンス ファーストエディション」、「スポーツツアラー インテンス ファーストエディション」を設定した。全車右ハンドルのみの設定。

ルノー メガーヌの新車見積もりはこちら

ルノー メガーヌの中古車一覧はこちら

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ