輸入車
掲載日:2022.08.04 / 更新日:2022.08.04

BMW 2 Series Active Tourer【グーワールド コラム/ニューモデル】

BMW 2シリーズ アクティブツアラー●新車価格:418万円〜476万円(全グレード)

文と写真●大音安弘
問い合わせ:BMWカスタマー・インタラクション・センター TEL:0120-269437 
URL:https://www.bmw.co.jp
(掲載されている内容はグーワールド本誌2022年9月号の内容です)

ファミリーユースのBMWが初のフルモデルチェンジ

 BMWのMPV「2シリーズアクティブツアラー」が、2022年6月14日、初のフルモデルチェンジを迎えた。従来型と同様の5人乗りのトールワゴンスタイルを継承しつつ、最新BMWデザインエッセンスにより、スポーティさだけでなく、質感も向上。さらにインテリアでは、上質さを高めるだけでなく、カーブド・ディスプレイに代表される先進機能も積極的に取り入れた。従来型の機能とイメージを受け継ぎつつ、豪華に仕上げた新型は、新たな顧客の関心だけでなく、従来型のオーナーからの高い支持が得られそうだ。
 BMWにとって2シリーズアクティブツアラーは、エポックメイキングな存在だ。これまで手を出さなかったファミリー層を主としたBMWであることに加え、ブランド初のFF車でもあった。それはMINIで得たFF車作りのノウハウを転用したものであるが、ユーザー層の拡大とスペース効率、そして電動化を意識した次世代BMWの第一歩であった。当初、BMW自慢の走りには、FFでは遠く及ばないという声もあったが、技術者たちは臆することはなく、自らが理想とするFF車を目指し続け、熟成を図っていく。さらにコンパクトSUV「X1」のFF化を皮切りに、新たなFFモデルの開発にも取り組み、コンパクトなBMWの可能性を探っていった。その次なるステップを示せたのは、FF化された現行型1シリーズハッチバックだ。ワゴンやSUVに限定されたFFモデルを、ライバルの多いハッチバックに持ち込んだのは、まさに自信の表れであり、その成果は、2シリーズグランクーペでも発揮された。
 やはり、BMWは、小型FRに見切りをつけたのだろうか。その答えこそ、新型2シリーズクーペにある。同車には伝統のFRレイアウトを受け継がせた。またEVのBMW iにも後輪駆動が用意されることからも、後輪駆動をBMWらしさのひとつと捉えていることは今も変わらないだろう。
 ただ2シリーズアクティブツアラーの構造には、FFがベスト。あえてFFにこだわるBMWも存在する今、FF車初の第2世代を迎えた同車が、いかなるBMWの世界を見せてくれるか、楽しみだ。

コンパクトクラス初搭載のカーブド・ディスプレイやフローティングコンソールなど、BMWの最新世代の機能を積極的に採用することで先進感をアピール。
BMW初となるFF車かつファミリーカーとして誕生した初代の後を受け継ぐ2世代目は、高級路線を強める。あえて5人乗りを継承させた点も興味深い。
グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ