新型車比較・ライバル車対決
掲載日:2022.06.08 / 更新日:2022.06.07

魅力先取り! 新型ステップワゴン【4】vs ノア/ヴォクシー:装備&ユーティリティ

魅力先取り!! 新型ステップワゴンのすべて

【1】総論・プロフィール&速攻試乗
【2】vs ノア/ヴォクシー:エクステリア
【3】vs ノア/ヴォクシー:インテリア
【4】vs ノア/ヴォクシー:装備&ユーティリティ
【5】vs ノア/ヴォクシー:走り/メカニズム・結論

ホンダの定番ミニバンがフルモデルチェンジ! ハイブリッドシステムの刷新などで先行するライバルを追撃する。同クラスの強力ライバル、トヨタのノア/ヴォクシーと比べてみよう。

●文:川島茂夫 ●写真:澤田和久

HONDA 新型ステップワゴン

TOYOTA ノア/ヴォクシー

この記事の目次

装備&ユーティリティ

標準設定は同等だが
オプションに違いあり

 ステップワゴンはホンダ車のセオリー通りホンダセンシングが全車標準。その中には全車速型ACCやライン制御LKAも含まれている。上位グレードで付加されるのはアダプティブドライビングビームくらいである。とは言え、いずれも現在の安全&運転支援装備では標準的な機能であり、先進性で突出した機能はない。
 ノア系は同様のACC/LKAを含むセーフティセンスを全車に装備。ベーシック仕様以外はリモコン機能付半自動駐車システムや高速道路渋滞時ハンズオフ機能、緊急回避の操舵支援や降車時側方監視付BSMなどをOP設定。標準装備の機能ではステップワゴンと同等だが、OPの発展性や機能の先進性に優れる。
 その他の実用装備でもパワーテールゲートや安価な機械式オートステップなどノア系が優勢。ただし、パワーテールゲートやハンズフリー機能付パワースライドドアなど1BOX型の利便性で核を成す主要な装備類は同等の設定だ。
 発展性が高い分だけノア系のほうが魅力的だが、言い方を換えるならステップワゴンは値ごなれした価格帯でのウェルバランスが狙い。それもシンプル&スマートなイメージに似合っている。

新型ステップワゴン

パワーテールゲートは任意の位置で停止できるタイプ。位置メモリー機能も備えている。
スパーダには1/2/3列目すべてにUSB(タイプC)充電ソケットを装備する。

ノア/ヴォクシー

3列目の格納は跳ね上げ式。操作はワンタッチで、荷室への張り出しも最小限だ。
スライドドアの開閉に連動するユニバーサルステップが3万3000円から装着可能だ。
内外出版/月刊自家用車

ライタープロフィール

内外出版/月刊自家用車

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

オーナードライバーに密着したクルマとクルマ社会の話題を満載した自動車専門誌として1959年1月に創刊。創刊当時の編集方針である、ユーザー密着型の自動車バイヤーズガイドという立ち位置を変えず現在も刊行を続けている。毎月デビューする数多くの新車を豊富なページ数で紹介し、充実した値引き情報とともに購入指南を行うのも月刊自家用車ならではだ。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ