新型ワゴンRがスライドドアを採用した理由【ニュースキャッチアップ】

車の最新技術 [2021.09.10 UP]

新型ワゴンRがスライドドアを採用した理由【ニュースキャッチアップ】

ワゴンRスマイルの外観

文●ユニット・コンパス 写真●ユニット・コンパス、スズキ
(掲載されている内容はグー本誌 2021年9月発売号掲載の内容です)

軽自動車のビッグネームであるワゴンRの新型がスライドドアで登場! これまでのシリーズの常識を覆すデザインで登場した新型「ワゴンRスマイル」はどのようなクルマなのか。まずはそのコンセプトを紹介する。

ワゴンRを名乗りつつもワゴンRらしくない新型

 いまや日本の国民車となった軽自動車。その代表選手がワゴンRであることに異論はないだろう。軽自動車規格を最大限に活用した背の高い角型の外観デザインと、それによる大人4人がしっかりと乗れる室内空間は、いまやワゴンRだけでなく、多くの軽自動車が受け継ぐスタンダードになった。
 それゆえに近年では、ワゴンRに特別感が薄れてしまったのも事実。スズキはワゴンRを「1台でなんでもできるスタンダードカー」として育ててきたが、ハスラーなどの個性派に人気を奪われた形となっている。
 そんなワゴンRにニューフェイスが登場した。まるで笑顔のようなフェイスデザインが印象的な新型の名前は、「ワゴンRスマイル」。角型ライトがアイデンティティだった従来のワゴンRから考えると、デザインだけでも驚きだが、スライドドア採用と聞いてさらに驚き。なお、従来のワゴンRも引き続き販売される。
 スズキによれば「スマイル」がターゲットとするのは、若者と子離れ層。スライドドアとしたのは、軽ワゴン購入希望者の4割以上にニーズがあるから。いまやスライドドアがあって普通と考えるユーザーが多いのだ。ワゴンRの名前を付けた理由は、使いやすさと手頃な価格がワゴンRを踏襲しているからだという。つまり、DNAがワゴンRなのだ。

[CLOSE UP]前席での使いやすさを大切にした「自分のためのワゴンR」

ワゴンRスマイルの真横カット

 「乗る人みんな」のためのスタンダードカーだった従来モデルに対して、ワゴンRシリーズの使いやすさを受け継ぎながら、前席での使い勝手を重視しているのがスマイルの特徴。運転する人が心地よく、なおかつ使いやすいと思えることを重視したという。スライドドアを採用しているが、それも荷物をさっと出し入れしたいというニーズに応えてのこと。

ワゴンRスマイルのインテリア

やわらかい曲面で構成されたダッシュボードなど、使いやすさだけでなく、デザイン性にもこだわっている。標準装備も充実していて、ガラスはすべてプレミアムUV&IRカット仕様だ。

ワゴンRスマイルのフロント、リアカット

ワゴンRとして初めて丸形ライトを採用。ボディカラーは12通りを用意する。

[歴代ワゴンR]ハイトワゴンというジャンルを開拓した

  • 初代ワゴンR

    初代(1993年~1998年)
     着座位置を高くしたミニバンに近い空間設計で、軽のサイズでも広々とした優れた居住性を実現。縦長のヘッドライトはワゴンRのアイコンとなった。

  • 2代目ワゴンR

    2代目(1998年~2003年)
     初代の大ヒットを受けて正常進化した2代目。改良で後席スライドを採用するなど進化している。エアロパーツを装着した「ワゴンR RR」も人気を博した。

  • 3代目ワゴンR

    3代目(2003年~2008年)
     土台となるプラットフォームを刷新。ルーフをさらに高く、長くすることで室内空間を広げている。軽自動車として初となる直噴ターボも採用した。

  • 4代目ワゴンR

    4代目(2008年~2012年)
     クラストップの燃費性能とさらにゆとりの後席空間にこだわった4代目。スポーティテイストモデルの名称を「RR」から「スティングレー」に変更した。

  • 5代目ワゴンR

    5代目(2012年~2017年)
     ユーザーがワゴンRに求める要素を徹底的に磨き上げたという5代目。徹底した低燃費、さらに広くなった室内空間、充実の標準装備を誇っている。

  • 6代目ワゴンR

    6代目(2017年~)
     従来のコンセプトを受け継ぎながらデザインを大幅に刷新、3つのデザインで登場(写真はハイブリッドモデル)。マイルドハイブリッドを搭載する。

ワゴンRの積み重ねが活きている

 まだ試乗はできなかったが「ワゴンRスマイル」に触れて感じたのが、基本的な作りがしっかりしていること。運転席からの視界のよさ、無駄なく広々とした室内空間、充実した装備類は、まさにワゴンRそのもの。そこに個性的なデザインと上質な雰囲気という「スマイル」らしさが加わっている。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました