トヨタ 小型乗用車「パッソ」が一部改良、安全装備を強化

車種別・最新情報 [2021.04.01 UP]

トヨタ 小型乗用車「パッソ」が一部改良、安全装備を強化

トヨタ・パッソ X“Lパッケージ”(2WD)<オプション装着車>

トヨタ・パッソ X“Lパッケージ”(2WD)<オプション装着車>

この記事の目次

 トヨタは4月1日、小型乗用車「パッソ」を一部改良し、同日より発売した。
 今回の一部改良では、「X」にスマートアシストIIIとコンライトを設定、全車標準装備化となった。
 そのほか、グレード別で装備の見直しなどが図られた。
 価格は126万5000円~190万3000円(税込)。

主な変更内容まとめ

トヨタ・パッソ X“Lパッケージ”(2WD)(内装色 : グレージュ)<オプション装着車>

トヨタ・パッソ X“Lパッケージ”(2WD)(内装色 : グレージュ)<オプション装着車>

【安全・安心装備】
「X」にスマートアシストIIIとコンライトを設定し、全車標準装備化
「X “Lパッケージ”」にLEDヘッドランプを標準装備

【快適装備】
「X」のリヤドアおよびバックドアに、UVカット機能付プライバシーガラスを採用

【内外装の変更点】
「X “Lパッケージ”」に、シルバー+ピアノブラック調加飾を施したオーディオクラスターとサイドレジスターリングを設定
外板色のラインアップを見直し、ターコイズブルーマイカメタリックを新設定(モノトーン9色、ツートーン4色の全13色)

【価格帯(消費税込み)】
126万5000円~190万3000円

※価格は一部の地域では異なる。リサイクル料金は別途必要。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部
この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました