車種別・最新情報
掲載日:2022.07.07 / 更新日:2022.07.07

【日産 キャラバン オーテック】上質さを重視したキャラバンの新たなキャラクター

文●大音安弘 写真●日産

 日産車のコンプリートカーシリーズ「AUTECH(オーテック)」に、新バリエーションとなる「キャラバン」が追加された。同車は、キャラバンシリーズのフラッグシップに位置付けられ、価格は、3,553,000円~4,523,200円となる。

 まずは日産のコンプリートカー「AUTECH」について説明すると、日産車をベースに、「プレミアムスポーティ」をコンセプトに、ユーザーが上質さや作りの良さを感じられるように、日産の関連会社で、様々な特装車を手掛ける日産モータースポーツ&カスタマイズ株式会社が、開発から架装までを手掛けたもの。因みに、同社は、オーテックジャパンとニッサンモータースポーツインターナショナルが統合され、2022年4月に設立された。現在、AUTECHは、軽スーパーハイトワゴン「ルークス」からラージミニバン「エルグランド」まで8車種をラインアップ。そこにシリーズ初となるワンボックスカー「キャラバン」が加わることになった。

 キャラバンAUTECHの魅力は、力強さを増したエクステリアと質感を高めたインテリアに集約される。フロントマスクは、ドットパターンを採用し、煌びやかになったフロントグリルに加え、安定感とワイド&ローなスタイルを際立たせるメッキ仕上げのフロントプロテクターを装着。フロントプロテクターには、AUTECHのイメージカラーを彷彿させるブルーLEDの専用シグネチャーも装備。さらにアクセントとして、ダーククロームのドアミラーとメッキバックドアフィニッシャー、切削光輝加工の15インチアルミホイールが専用アイテムとして加わる。よりスポーティさを感じたいオーナーには、専用のエアロパッケージを用意。このオプションを選択すると、ルーフスポイラーに加え、サイドシル及びリヤアンダープロテクター(バンのみ)が装着され、よりスタイリッシュな雰囲気に仕上がると共に、かつての乗用車としても人気を博したキャラバンのエアロ仕様を彷彿させ、長年のキャラバンファンには嬉しい演出もいえそうだ。

 インテリアでは、ドライバーエリアを中心にキャビンの質感をアップデート。柔らかな手触りで体にフィットするレザレットシートをはじめ、本革巻きステアリング&シフトノブ、ブラックドアトリムなどを専用装備。各部のステッチには、AUTECHのイメージカラーであるブルーが取り入れられて、ブラック基調のインテリアでありながらも、心地よい空間に感じられるようにアシスト。またインテリアは、標準仕様のままで構わないというユーザーには、インテリアの架装がレスとなる「AUTECH Exterior Selection」も用意する。

 ボディカラーは全仕様共に4色から選択が可能。イメージカラーの「ダークブルー」と「ダークメタルグレーメタリック」を標準色として設定。有償色の「ミッドナイトブラックパール」と3コートパールとなる「ピュアホワイトパール」は、スクラッチシールド仕様となる。

 ボディタイプは全車共に、ロングボディ・標準幅・標準ルーフ仕様のみに。バンは、2.0LガソリンエンジンのRWD車、2.5LクリーンディーゼルターボエンジンのRWD車と4WD車の3タイプを用意。ワゴンは、2.5LガソリンエンジンのRWD車の「AUTECH Exterior Selection」に限定される。

 かつてはキャラバンには、オーテックジャパンが手掛けたエアロ仕様の「ライダー」シリーズも用意され、ワイルド&タフネスな世界観が魅力であった。AUTECHは、ライダーの後継も担う新たなエアロ仕様だが、その世界観は異なり、上質さを重視。さらにインテリアを含めたトータルコーディネートに挑んだのが、大きな違いといえる。さらに「AUTECH」のバン仕様では、車中泊が可能となるベッド仕様「マルチベット」を組み合わせることができるのも新たな武器だ。

大音安弘(おおと やすひろ)

ライタープロフィール

大音安弘(おおと やすひろ)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者に転身。現在はフリーランスの自動車ライターとして、自動車雑誌やWEBを中心に執筆を行う。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

この人の記事を読む

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者に転身。現在はフリーランスの自動車ライターとして、自動車雑誌やWEBを中心に執筆を行う。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ