ワル列伝 トヨタbBさらにヤバイです! この感覚マジいいかも!?

中古車購入 [2017.12.06 UP]

ワル列伝 トヨタbBさらにヤバイです! この感覚マジいいかも!?

クールでヒップなヤツに生まれ変わった

【本記事は2006年1月にベストカーに掲載された記事となります。】いいや、これマジっすよ。ここまでやっちまって大丈夫ぅ!? 余計な心配をしちゃいますよ、bB。初代もずいぶんとブッ飛んだ「ワル」だと思ったけど、新bBは初代なんて目じゃないほどクールでヒップなヤツに生まれ変わっちまっている。

コンセプトカーそのまま

写真は東京モーターショーに出展されたdBコンセプトのものだが、基本的造形は変わらない。空調の吹き出し口などのシルバー部分が一部ブラックとなるのが変更点。イルミネーションもそのまま

写真は東京モーターショーに出展されたdBコンセプトのものだが、基本的造形は変わらない。空調の吹き出し口などのシルバー部分が一部ブラックとなるのが変更点。イルミネーションもそのまま

東京モーターショーに「bBコンセプト」として出展されていたクルマを覚えているだろうか? あれを見たときは「ま、コンセプトだからね」と思っていたわけですよ、実際。まさか、そのまま新型bBとしてデビューするなんて思っていませんでした。

うねるような曲線のラインでワイルドな雰囲気をアピール

音と光の空間を演出

音と光の空間を演出

なんともまぁ、おどろおどろしいお姿でありますこと。大胆な曲線を使ったフェンダーライン、フロントバンパーのデザインは見事に「ワル」を演出。エアロ仕様ではグリルの横バーにネジレを加えて、ひと味アクセントを加えている。初代bBが直線を主体にした造形で押しだし感を演出していたのに対し、新型bBはうねるような曲線のラインでワイルドな雰囲気をアピールしている。「誰にもジャマされない自分だけの基地。それは新型bBが発信する、アタラシイ世界」これは手元にある新型bBの販売店向けセールスマニュアルに記された言葉。さらにコンセプトは「音・光・まったり」と続く。これって、どういうことなんだろう!?

ポイント(1)/音

インパネデザインはDJブースをイメージしたものだという。エアコン吹き出し口にならんでいるのはツィーター。Qバージョンでは9スピーカーシステムのオーディオが標準装備で、アームレストコントローラーも標準装備

インパネデザインはDJブースをイメージしたものだという。エアコン吹き出し口にならんでいるのはツィーター。Qバージョンでは9スピーカーシステムのオーディオが標準装備で、アームレストコントローラーも標準装備

・ポイント(1)/音コンセプトはクラブ。もちろん平坦な発音の「クラブ」です。室内空間360゜全包囲する9つのスピーカーを装備。ウーハーやダクトスピーカーから迫力あふれる重低音サウンドが鳴り響くのである(Qバージョンのみ標準装備)

ポイント(2)/光

センターアームレスト先端にレイアウトされた「アームレストコントローラー」。これにより、dBのウリでもある室内イルミネーション、オーディオなどをコントロールするのだ

センターアームレスト先端にレイアウトされた「アームレストコントローラー」。これにより、dBのウリでもある室内イルミネーション、オーディオなどをコントロールするのだ

・ポイント(2)/光センターアームレスト先端にレイアウトされた「アームレストコントローラー」で室内のイルミネーションを好みに合わせてコントロール可能。「クラブモード」、「リラックスモード」、「スタティックモードと、イルミネーションには3つのモードがあり、たとえばクラブモードではオーディオのサウンドに合わせてスピーカーイルミネーションが明るくなったり暗くなったりするのであった。また、リラックスモードではスピーカーイルミネーションに加え、カップホルダーとドアトリムに設けられた室内イルミネーションがゆらぎの法則の間隔でフェードイン・フェードアウトする。もちろん作動させないことも可能。

ポイント(3)/まったり

クルマで引きこもり? まったりモードってなに?

クルマで引きこもり? まったりモードってなに?

・ポイント(3)/まったりこれはいったいなんだろう!? ちょっと理解不能だったのがこの「まったり」というキーワード。だけど、実はこれ、新型bB最大のウリなのであった。これ、なにかというとフロントシートが後方に80mmスライドダウンする機構なのであった。もともとウエストラインが高いbBのデザインを活かして、この「まったりモード」を使うと、外からカラダをまったく見られることなく、室内でまったりできる、という。クルマを止めてまったりモードで音楽を楽しむもよし、彼女と……。ま、そこは皆さんの工夫次第で、ということで。要するに、それって、クルマ的引きこもり?

ボディは小さくなっても、室内空間は旧型bBなみを確保

全長3785mm、全幅1690mm、全高1635mmと、初代bBよりもひと回わり小さくなった

全長3785mm、全幅1690mm、全高1635mmと、初代bBよりもひと回わり小さくなった

新型bBのボディサイズは全長3800mm、全幅1690mm、全高1635mm。旧型bBと比べると全長が145mm短くなり、全高が5mm低くなっている。ボディは小さくなっているけど、室内空間は旧型bBなみを確保しているという。数値的には室内長、室内高ともに若干旧型よりも小さくなっているのだが、もともとヘッドクリアランスには余裕があったので、さほど気になることはないはず。ライバルとなるキューブと比べても、bBのほうがボディサイズが一回り大きいこともあり、室内空間は長さで45mm、幅で80mm、高さで65mm勝っており、実用上充分な室内空間だということがわかる。搭載されるエンジンは直列4気筒の1.3L(92馬力、12.5kgm)と1.5L(109馬力、14.4kgm)の2タイプ。このエンジン、新開発されたシリーズで1.3LがK3-VE、1.5Lが3SZ-VEと呼ばれるエンジンとなる。もちろんどちらも★★★★のクリーンエンジンとなっている。トランスミッションは1.3L、1.5LともにCVT。価格は9スピーカー+専用イルミネーションでbBのコンセプトを最も詰め込んだ1.5Z・Qバージョンが170万1000円、6スピーカー(ラジオレス)のXバージョンが163万8000円、1.3S・Xバージョンが153万3000円となっている。

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど
様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

タイトルとURLをコピーしました