車のエンタメ [2017.06.30 UP]

国産初の大衆車「スバル 360」がアメリカで愛され続けている!

 「てんとう虫」という愛称でも親しまれたスバル360。1958年に発売されたこの小さなクルマが、スバルがはじめて市販した乗用車でした。

 そんな360ですが、実は日本国内だけで販売されたのではありません。当時米国統治下だった沖縄向けに左ハンドルが作られ、そのうち何台かが北米に輸出されていたのです。

 余談ですが、エンジンを360ccから423ccに排気量アップして大型バンパーを装着した北米向けモデル(国内でも販売)も生産していることまで知っている人はかなりのマニアに違いありません。


 今回紹介するのは、そんな360を紹介する米国スバルの動画。登場するのはちゃーんと右ハンドルではなく左ハンドルのスバル360です。

 それにしても小さい! そしてなんと象徴的なスタイル!

 ご存知のように、今や北米でスバルはクルマを作れば作るほど売れるという人気のブランドになっています。スバル360の北米での販売台数はそれほど多くないようですが、それが約半世紀後にスバル車の北米での大成功につながっていると思うと感慨深いですね。

 ちなみに現在(2017年6月下旬)、北米では「グレートレース」という約4000キロを9日間かけて1972年以前に生産されたクルマで走るというラリーが開催されています。そのイベントになんと日本人がスバル360で参戦(それも2チーム2台も!)。無事完走を期待しましょう。

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

1977年の中古車情報誌GOOの創刊以来、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。
グーネットでは軽自動車から高級輸入車まで中古車購入に関する、おすすめの情報を幅広く掲載しておりますので、皆さまの中古車の選び方や購入に関する不安を長年の実績や知見で解消していきたいと考えております。

また、最新情報としてトヨタなどのメーカー発表やBMWなどの海外メーカーのプレス発表を翻訳してお届けします。
誌面が主の時代から培った、豊富な中古車情報や中古車購入の知識・車そのものの知見を活かして、皆さまの快適なカーライフをサポートさせて頂きます。

この人の記事を読む

関連する車種から記事を探す

img_backTop ページトップに戻る

ȥURL򥳥ԡޤ