車のニュース[2015.05.27 UP]

新開発のAMG 4.0L V8直噴ターボエンジンを搭載s 【メルセデス・ベンツ】「メルセデスAMG C 63」発表

amg01 ユニット・コンパス/Goo-net編集部

 メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスモデル「メルセデスAMG C 63」が発表され、受注を開始した。ボディタイプはセダンステーションワゴンの2種類で、ハンドルの仕様は左右両方、ステーションワゴンは右のみ。駆動方式はFR。トランスミッションは全車7速ATを採用している。価格帯は1195万円(C 63)〜1405万円(C 63 S ステーションワゴン)。

 C 63は、昨年発売された現行Cクラスをベースにしたモデルで、「C 63」と「C 63 S」の2グレードが用意される。新開発のAMG 4.0L V8 DOHC 直噴ターボエンジンは、鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウムのピストンを組み合わせた軽量で強度の高いエンジンで、AMGが掲げる“One man−one engine”の哲学に則り、ひとりのエンジニアが1台のエンジンを最初から最後まで手作業で組み立てている。C 63搭載エンジンは最高出力475ps/5500〜6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750〜4500rpm、C 63 S搭載エンジンは最高出力510ps/5500〜6250rpm、最大トルク71.4kg-m/1750〜4500rpmを発揮する。

 トランスミッションは、トルクコンバーターではなく湿式多板クラッチを採用した7速AT「AMGスピードシフトMCT(Multi Clutch Technology:マルチ・クラッチ・テクノロジー)」。シフトプログラム、エンジン特性、サスペンション特性、ステアリング特性などを切り替えるシフトモードを備えており、快適性と燃費を重視した「C(Comfort:コンフォート)」、スポーティなドライビングが楽しめる「S(Sport:スポーツ)」と「S+(Sport Plus:スポーツ・プラス)」、各種パラメーターを個別に設定できる「I(Individual:インディビデュアル)」の4モードを好みに応じてボタンひとつで選択できる。C 63 Sにはサーキット走行に特化した「RACE(レース)」モードも用意される。

 内外装にも専用のデザインと装備が採用されている。エクステリアは、トレッドを拡大したうえ、V8エンジンを搭載するためベースモデルにくらべて、フェンダーは左右に15mmずつ張り出し、フロントオーバーハングは60mm延長。パワードームを備えたボンネットがAMGらしい力強さを演出する。セダンにはトランクリッドスポイラーが、ステーションワゴンにはルーフスポイラーが標準で装備される。インテリアには、ホールド性を高めたAMGスポーツシートや専用ステアリングが備わっている。

 安全装備としては、前走車との車間を維持しながらステアリングのアシストを行う「ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)」や衝突回避・被害軽減ブレーキ、自車の斜め後方の死角をモニタリングする「ブラインドスポットアシスト」、車線逸脱防止支援システムなどをパッケージ化した先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティ パッケージ」を標準で装備する。

amg02 トレッドを拡大、フェンダーも大きく張り出し、力強さをアピールする。

amg03 専用のシート、ステアリングなどがAMG独特のスポーツラグジュアリーを表現。

amg04 C 63は475ps/66.3kgm、C 63 Sは510ps/71.4kgmの大出力を発揮する。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント