中古車購入チェックポイント[2015.01.16 UP]

中古車購入の極意はチェックシートにあり! 購入を成功させる20のチェックポイント

中古車を買うと決めてから納車までには、いくつもの段階を踏むことになる。クルマは頻繁に買うものではないので、久しぶりとなると各段階でなにをすればいいのかわからずに立ち止まってしまいがちだ。今回は、購入の各段階におけるチェックポイントについてわかりやすく解説していこう。

この記事の目次

STEP 1 物件選び編
条件をよく吟味してしぼりこむ!

STEP 2 店舗対応編
人と雰囲気から状況を察する!

関連情報

中古車購入

次になにをするかがまるわかり!

STEP 1 物件選び編
STEP 2 店舗対応編
STEP 3 実車確認編
STEP 4 試乗編
STEP 5 契約編

購入前に考えておきたいこと・・・
中古車購入に対する心構えはできているか?

よほどの大金持ちかクルマ道の追求者でもないかぎり、人生で何十回もクルマを買うことはないだろう。そのため、中古車購入に慣れた人であっても購入の各段階で迷ってしまうというのはよくあることである。
そこで今回は、購入の各ステップについて順を追っていきつつ、段階ごとに気をつけるべきチェックポイントを紹介している。最終ページのチェックシートを使いながら購入手続きを進めていけば、きっと購入は順調に進むことだろう。ただその前に中古車の購入を進めるにあたり、自分のほうの準備や心構えについても確認しておきたい。
たとえば、購入資金は用意できているだろうか。欲しい車種が決まっても予算オーバーではただの夢で終わってしまう。また、ローンを組むのであれば、支払いプランはシミュレーションできているか。支払いが滞れば、最悪クルマを手放すことになるだろう。そして、駐車場代や保険代、税金、メンテ代、さらには燃料代など、購入後の毎月の維持費(ランニングコスト)は、生活の足かせにならないだろうか。クルマがあるとなしでは生活費も違ってくる。
これら購入後のことまである程度予想したうえで、しっかりとした準備や心構えができているようであれば安心である。早速、物件選びから始めようではないか。

STEP 1 物件選び編
条件をよく吟味してしぼりこむ!

欲しい車種や予算などをある程度決め、いざ購入物件を絞り込むという段階でチェックしておくべきポイントとはなにか。条件に見合う最高の物件はどう選ぶ?

購入の絶対条件と価格を照らし合わせて考える

中古車購入の第一歩は、物件選びからである。なにせ中古車は一台一台コンディションが異なるもの。やはりしっかりと吟味して選ばないと、あとで痛い目を見ることになる。
クルマを必要とする理由や使い方、デザインの好みなどから、ある程度車種がしぼれてきたところで、まずは購入予算を決めておこう。だいたいいくらくらいで収めたいと考えているのか。支払いは一括で済ますのか、それともローンを組むのか。生活を破綻させないためにも、購入後のランニングコストまで考慮したうえで、自分が出せる上限金額を決めたい。
次は、購入条件である。コンディションと比例しがちな走行距離はどれくらいまでを許容範囲とするのか。年式については、マイナーチェンジなどで装備が変わることもあるので、その車種の経歴まで調べておきたい。
そして誌面やGoo-netで実際に物件を見ていくことになるが、販売店舗の地域もある程度限定しなければならない。自宅からあまりに遠いと行き来が大変だし、購入後の対応まで考えるのであれば、自宅の近県で選ぶにこしたことはない。

CHECK 01
購入金額は、諸費用を含めて考えているか?

購入金額は、諸費用を含めて考えているか?

クルマの購入には、車両価格のほかに手数料や法定費用といった諸費用がかかってくる。場合によっては省けるものもあるが、車両価格プラス20万円前後を想定しておいたほうがいい。誌面やGoo-netでは、諸費用を含めた「支払総額」を表示しているが、物件を見にいってから「予算オーバーで買えない!」とならないよう、物件選びの時点から支払総額をチェックしておこう。

CHECK 02
検索店舗の範囲はある程度自宅から近い距離にあるか?

検索店舗の範囲はある程度自宅から近い距離にあるか?

なかには物件の写真だけ見て購入を決めてしまう人もいるようだが、やはり中古車は物件そのものを実際に見て確かめたうえで選びたい。そうなると販売店の検索範囲は、やはり自宅からある程度気軽に行ける距離にあることが望ましい。契約時や納車で何度か行き来することもあるだろうし、購入後にメンテなどしてもらうにも近いほうが便利であることは間違いない。

CHECK 03
車検の残り年月も考慮にいれて選んでいるか?

車検の残り年月も考慮にいれて選んでいるか?

物件選びの際に意外と見過ごされがちなのが車検の残り年月。車検費用はユーザー車検や安価な車検代行会社に頼めば節約できるが、たいてい10万円以上の大きな出費となってしまうものなので、極力残り年月の長い物件を探すべき。また、逆に車検が切れそうな物件を購入する場合、その中古車販売店で安く車検を通してもらうという手もある。まずは相談してみよう。

Column
Goo-netなら短時間で最高の物件選びが可能!

Goo-netなら短時間で最高の物件選びが可能!

Goo-netでは、好みの中古車を探すためのさまざまな方法が用意されている。ジャンルや車種、価格帯による基本的な検索方法はもちろん、以前見た物件を振り返ることができる「閲覧履歴」や、リストアップしておいた「検討中リスト」でも比較検討できるほか、前回検索した条件だって再度利用することが可能だ。物件選びに上手く活用したい。

STEP 2 店舗対応編
人と雰囲気から状況を察する!

ある程度見てみたい物件が決まったら、次は販売店を訪れてみよう。
「クルマ選びは店選び」でもある。注意すべきことを事前にチェックしたうえで訪問しよう。

店員と話をすることで店の雰囲気を感じとる

気になった物件があれば、まずは気軽に販売店へ電話やメールで連絡してアポをとり、実際に販売店を訪れてみるべきである。なにしろ世の中に同じ中古車物件は2台とないのである。迷っているうちにそれが売れてしまっては元も子もない。
販売店に着いたら、店員といろいろ話をしてみること。クルマという高額品を買うのだから納車まで気持ちよく済ませたいものだが、いまいち感じのよくない店員のいる販売店ではそれもままならない。やはり言うことにウソがなさそうで、接客態度からそれなりに誠意が感じられる人がベターだろう。
それから販売店の敷地内をじっくり眺めてみるのもいい。建物の管理状態やクルマの並べられている状況から、ある程度物件の扱い方も察することができるというものだ。「中古車選びは店選びである」とも言われるが、これは中古車にかぎらない。飲食店にしてもデパートにしても美容室にしても、やはりしっかりした態度の店員がいて美しく整頓された店舗であれば、それなりにいい買い物ができたり、いいサービスを受けられるというものだ。

CHECK 04
店員とはしっかり意思疎通がとれているか?

店員とはしっかり意思疎通がとれているか?

中古車販売店の店員といっても、百戦錬磨のベテランから入社したばかりのフレッシュマンまでさまざま。そのなかで、いい店員かどうかを見分けるポイントは、話が上手いかどうかではなく、その人となり。なにより誠実で信用できる店員が一番である。決して難しい話をすることはなく、世間話でもいい。人柄というのは、その受け答えから感じ取れるものだ。

CHECK 05
販売店の敷地内を見渡してみて雰囲気はどうか?

販売店の敷地内を見渡してみて雰囲気はどうか?

大型のチェーン店から在庫わずか数台の小規模店舗まで、中古車販売店にもさまざまな形態がある。しかし、まず販売店に着いてチェックしたいのは、展示場の広さや在庫車の台数ではなく、全体の雰囲気だ。建物や展示場がきれいでなんとなく見栄え良く感じられるということは、常に店舗の見られ方に気づかっていて、いい意味で商売熱心だということでもある。

CHECK 06
展示車の状態は洗車や整頓がされているか?

展示車の状態は洗車や整頓がされているか?

販売店全体の雰囲気同様、展示されている物件からもその店舗の商売姿勢が見てとれる。物件が雑然と並べられているだけならまだしも、物件同士がすき間なく置かれ、見たいクルマに近づくこともできないような状態では問題外。客に見せる気がないとさえ受け取れる。洗車に関しても同様で、1〜2台だけでなくほとんどの物件が汚れているような販売店は好ましくない。

Column
販売店に整備工場は必要か?

販売店に整備工場は必要か?

初めて中古車を買う人は、「中古車=壊れるもの」と思いがち。だから整備工場完備の大型中古車販売店で買うのが一番だという。しかし、新車だって壊れる時は壊れるし、近年のクルマは耐久性が非常に高くなっている。よって、販売店が必ずしも整備工場を用意していなくてもまったく問題ない。自社工場がなくても、たいていの販売店では整備工場を紹介してくれる。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するタグから記事を探す