全天候型ドライバーズグラス「ディーズアシスト」発売 LEDヘッドライトに対する防眩効果の記事詳細

中古車 > グーネットマガジン > カーライフ・ドライブを楽しむ > カー用品・パーツ > 全天候型ドライバーズグラス「ディーズアシスト」発売 LEDヘッドライトに対する防眩効果

カー用品・パーツ [2021.06.24 UP]

全天候型ドライバーズグラス「ディーズアシスト」発売 LEDヘッドライトに対する防眩効果

Ds‘Assist(ディーズアシスト)

Ds‘Assist(ディーズアシスト)

 眼鏡やコンタクトなどの販売事業を展開するビジョナリーホールディングスは6月24日、モビリティ事業やヘルスケア事業などを展開する三井化学と共同企画を行い、一般社団法人日本自動車車体補修協会(JARWA、代表理事:吉野一)が推奨する全天候型の新機能ドライバーズグラス「Ds’Assist(ディーズアシスト)」を発表、6月25日(金)からメガネスーパーをはじめとした同社グループの全国104店舗で販売を開始する。
 販売価格は3万4980円(税込)。

 今回販売する新機能ドライバーズグラスは、眩しさや見づらさの原因となる黄色光を選択的にカットして視覚の衰えをカバーする「NeoContrast」、紫外線はもとより可視光線の中で特に強いHEV光をクリアなレンズでカットし眼を守る「UV+420cut」、そして白色LEDの波長特性を広範囲に軽減することで、眩しさを防止する「LEDライトカット」といった光制御テクノロジーである3つの機能を併せ持ったレンズを採用。
 視機能の低下が顕著となるシニアドライバーをはじめ、あらゆる運転者のドライビングシーンにおける視覚のサポートを実現する。
 また、日中の太陽光の眩しさ軽減だけでなく、夜間運転時のJIS規格にも適合しており、近年多く採用されているLEDヘッドライトに対する防眩効果によって、夜間運転時でも必要な光量を十分に確保したうえで、まぶしさやギラつきを感じることなく安全に運転することが可能となっている。
 さらに、利用中のメガネの上から着用できるオーバーグラスタイプとなっているため、度付き対応が不要という点も特長だ。

 「Ds’Assist」は、「安心・安全なクルマ社会の実現」をキャッチフレーズに掲げ、自動車業界の安全対策における中心的な役割を担う一般社団法人 日本自動車車体補修協会(JARWA)の推奨認定も得ており、ドライバーの「見る力」を強め、明るさや色の差を見分ける力をアシスト、快適なドライブをサポートする。

商品概要

■商品名:Ds’Assist (ディーズアシスト)
■販売開始日:2021年6月25日(金)
■販売店舗:メガネスーパーをはじめとした全国104店舗
■販売価格:3万4980円(税込)

【参考】
「NeoContrast」について
https://jp.mitsuichemicals.com/jp/special/neocontrast/index.html

「UV+420cut」について
https://jp.mitsuichemicals.com/jp/special/uv420cut/

グーネットマガジン編集部

ライタープロフィール

グーネットマガジン編集部

この人の記事を読む

icon タグから記事を探す

icon 中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

メーカー・ブランドから中古車を探す

icon 新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

メーカー・ブランドから新車を探す

img_backTop ページトップに戻る