保険・ローン[2017.07.10 UP]

中古車のローンは何回払いが相場?

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中古車のローンは何回払いが相場? goo-net編集チーム

中古車をローンで買いたいという方も多いでしょう。
ただ、新車と違って価格はまちまち、何年乗れるかもその車によって違います。
今回は、中古車を何回払いで買ったらいいのかなど、
中古車ならではの「ローン」についての疑問を解決します。

中古車のローンを組むときのポイント

まず、ローンを組むときの大前提として、「月々の支払いが生活を圧迫しない金額にする」、
「自分が乗る期間で払い終えるようにする」、という2大ポイントがあります。

月々の支払いが少ない方が生活を圧迫せず、支払っていく方としては楽なのですが、
その分、金利利息も長い期間支払うことになるので、ローンの支払総額は高くなります。
月々に「ここまでだったら負担できる」という金額をまずは明確にしておきましょう。

次に、その車に何年間乗りたいか、大きい修理などの出費はないか考えてみてください。
車検を何回通過できそうか、としてもいいでしょう。

車検のたびに本体価格よりも高額な出費があるようだと、
修理して乗り続けることの経済的メリットはありません。
大きな修理なく乗ることのできる期間のうちに、支払いを終えることが理想です。

中古車の場合は、状態によってまちまちであるものの、一回車検を通過して、次の車検を通過して、
その次の車検で手放すという4年間プランが現実的でしょう。

また、4年間乗るからと言って4年間のローン(48回払い)を組むのではなく、
3年間のローン(36回払い)で、遅くとも3年程度で支払いを終えておくと、
万が一最後の年に修理代が多少かさんでも金銭的に対応できます。

購入者の状況に応じたローンの組み方

購入者の状況によってもローンの組み方は変わってきます。
中古車をできるだけ長く乗りたいという方は、3年間のローン(36回払い)でも大丈夫ですが、
もっと早いサイクルで乗りたいときは、
2年(24回払い)程度で支払いを終えるようにしておく場合もあります。
つまり、購入時に車検を取って、その次の車検まで乗るというパターンです。

買い替えサイクルが早い方は、1年〜2年(12〜24回払い)のローンを組むか、
購入額の大方を頭金として用意しておくと安心です。
ボーナス時に返済額を加算すると月々の負担を抑えることが可能です。

なるべく損をしないローン回数の設定の考え方とは?


ローンの支払い回数が長くなればなるほど、金利利息がかさばり、総支払額が高くなります。
できることなら、ローンの期間を短く設定して、ローンを利用することが得策と言えるでしょう。

そのためには、自分の毎月支払える金額をあらかじめ設定しておいて、
その金額に合った車体価格の中古車を選ぶことがポイントです。
毎月支払える金額と、支払う期間を、前もってシミュレーションしておき、
無理のない価格の中古車を選ぶことが大切です。

また、非常に状態の良い中古車であれば、より長い期間利用できる車であるとも言えます。
状態の良い中古車を購入し、長い期間利用するのであれば、毎月の支払金額を少なめに設定して、
ローンの回数を多めに設定するのも良いでしょう。

金利利息を少なくすることを考えるのであれば、
ローン回数を少なくする設定の方が損をしないと言えますし、
無理のないローン返済を考えるのであれば、
ローン回数を多くする設定の方が支払いに余裕がでるので、安心ということも言えます。
このように、ローンの回数は、場合によってどちらもメリットになる事があります。

ローン回数設定については、何を求めるかによって変わってきますので、
中古車を保有する際のシミュレーションをしっかりと立てておき、
希望に合ったローンがあるかどうかを相談することが大切と言えるでしょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント