グーネット

車種別・最新情報[2021.02.19 UP]

ジャガー、「E ペイス」の2021年モデルの受注を開始!発売以来初の大幅改良を実施

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2月18日、ジャガーのコンパクトSUV「E ペイス」の2021年モデルを発表し、同日から受注を開始した。発売以来初の大幅改良を実施した2021年モデルは、最新の電動パワートレーン技術に対応するように設計した「PTA(Premium Transverse Architecture)」をジャガー初採用し、エンジンマウントの位置を変更することで、スロットルレスポンスを向上させながら、ステアリングホイールへと伝わる振動を減少させて静粛性&乗り心地を高めた。

パワートレーンは、2.0L直4INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力204PS/最大トルク430N・m)+マイルドハイブリッドシステム(MHEV)を新たに追加し、2.0L直4INGENIUMガソリンエンジン(最高出力200PS/最大トルク320N・m)、2.0L直4INGENIUMガソリンエンジン(最高出力249PS/最大トルク365N・m)の3種類のラインナップとした。マイルドハイブリッドシステム(MHEV)は、減速時に失われてしまうエネルギーを動力としてバッテリーに蓄え、エンジンを停止させて無負荷走行(時速17km/h以下の場合)、スムーズな発進をサポートし、燃料効率&加速時のレスポンスを改善することができる。

内外装デザインも見直し、エクステリアはダブルJグラフィックのLEDヘッドライト(プレミアムLED、ピクセルLED)を採用、フロントグリル、フロントパンパーロワーインサート、リヤパンパーを刷新、サイドベントにジャガーのリーパーロゴを配置、新デザインのアロイホイールを4種類追加した。インテリアは、エンボス加工のジャガーのリーパーロゴを配したヘッドレスト、クリケットボールを思わせるステッチを施したシフトレバー、11.4インチのカーブドタッチスクリーン、コンソールに小物用トレイを追加、アンビエントライトを変更し、英国のクラフトマンシップにより、高級感&快適性を追求した室内空間になっている。

機能面では、従来のジャガードライブコントロールで選択可能だった「雨」「氷」「雪」のモードに代わり、様々な路面状況を瞬時に検知し、それに応じてグリップ力を調整するアダプティブサーフェスレスポンス(AdSR)を備え、走行安定性をこれまで以上に高めた。装備面では、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リヤパーキングエイド、リヤコリジョンモニター、リヤトラフィックモニターの安全運転支援システム、最新のインフォテインメントシステム「Pivi」(「S」グレード以上は「Pivi Pro」)を標準装備し、「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックに専用の通信データプランを用意して、ナビ(施設情報のオンライン検索、ガソリン価格のオンライン取得、マップデータのオンラインアップデート)、メディア(Spotify、Deezer、TunelnRadio)、天気予報(AccuWeather)、カレンダー(Google Suite、Microsoft Office 365)のアプリをデータ容量を気にすることなく使用できるほか、オプションには後方視界が悪い時に視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高められる「ClearSightインテリアリヤビューミラー」、スマホなどを無線充電できる「ワイヤレスデバイスチャージング」、第2世代の「アクティビティキー(時計機能付きタッチスクリーン、充電式で1回約2時間の充電で最長10日間使用可能、キーレスエントリー対応、防水、耐衝撃)」を新規設定した。

さらに、「E ペイス」の2021年モデルの発売を記念し、限定車「ローンチエディション」を設定した。このモデルは、最高出力249PSを発揮する2.0L直4INGENIUMガソリンエンジンを搭載した「R-ダイナミック HSE」をベースに、専用色「ポルトフィーノブルー」のボディカラー、ピクセルLEDヘッドライト(シグネチャーDRL付き)、ブラックエクステリアパック、固定式パノラミックルーフ、21インチ スタイル5053 5スプリットスポーク(グロスブラックフィニッシュ)のアロイホイール、クラウド、ディープガーネットの2種類のインテリアカラー、ClearSightインテリアリヤビューミラー、ヘッドアップディスプレイ、空気清浄システム(PM2.5フィルター搭載)、ワイヤレスデバイスチャージング、プレミアムキャビンライト、ダイナミックハンドリングパック、コールドクライメートパックなどを採用している。限定台数は、インテリアカラーのクラウド(30台)、ディープガーネット(20台)の計50台。

この記事の目次

ボディカラー(全11色)
ラインナップ・車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:SUV・クロカン 限定モデル・グレード 新車 輸入車

限定車「ローンチエディション」

ボディカラー(全11色)

●ブルーファイヤーブルー(新規設定色)
●アイガーグレイ(新規設定色)
●ハクバシルバー(新規設定色)
●カルパチアングレイ(新規設定色)
●フジホワイト
●カルデラレッド
●サントリーニブラック
●ユーロンホワイト
●フィレンツェレッド
●ボラスコグレイ
●シリコンシルバー

※限定車を除く。

ラインナップ・車両本体価格

<2.0L直4INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力204PS/最大トルク430N・m)+マイルドハイブリッドシステム(MHEV)搭載モデル>

●E ペイス:5,280,000円
●E ペイス S:5,760,000円
●E ペイス R-ダイナミック S:6,000,000円
●E ペイス R-ダイナミック SE:6,310,000円

<2.0L直4INGENIUMガソリンエンジン(最高出力200PS/最大トルク320N・m)搭載モデル>

●E ペイス:4,980,000円
●E ペイス S:5,530,000円
●E ペイス SE:5,840,000円

<2.0L直4INGENIUMガソリンエンジン(最高出力249PS/最大トルク365N・m)搭載モデル>

●E ペイス R-ダイナミック S:6,210,000円
●E ペイス R-ダイナミック SE:6,570,000円
●E ペイス R-ダイナミック HSE:6,980,000円

<限定車「ローンチエディション」>

●ローンチエディション:8,548,000円

グーネット編集部

ライタープロフィール

グーネット編集部

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む

クルマの楽しさを幅広いユーザーに伝えるため、中古車関連記事・最新ニュース・人気車の試乗インプレなど 様々な記事を制作している、中古車に関してのプロ集団です。 みなさんの中古車・新車購入の手助けになれればと考えています。

この人の記事を読む
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント