カーライフ[2020.10.01 UP]

車内の除菌・消毒はウイルスに効果がある!?正しいやり方や注意点を解説!

車内の除菌・消毒はウイルスに効果がある!?正しいやり方や注意点を解説! グーネット編集チーム

車内は「密閉、密集、密接」という3密の状態になりやすく、ウイルスに感染しないか心配になる場所の1つです。そこで、定期的に行ないたいのが車内の除菌や消毒です。

しかし「どうやって除菌したらいいんだろう?」「手持ちの除菌グッズを車内に使っても大丈夫なのかな?」などの疑問を持っている方も多いと思います。
そこで今回は、車内の除菌・消毒について正しいやり方や注意点について解説します。

この記事の目次

車内でウイルスが付着しやすい箇所
車内の正しい除菌・消毒方法
車内を除菌・消毒する際の注意点
まとめ

車内でウイルスが付着しやすい箇所

まずは、車内のどのような場所にウイルスが付着しやすいのかを見ていきましょう。

手に付着したウイルス数とは?

手洗いをしていない場合、手には約100万個ものウイルスが残っています。
しかし、流水で15秒手洗いするだけで手に付いたウイルスは約1万個まで減少し、さらにハンドソープで10秒もみ洗いをして15秒洗い流すことを2回繰り返した場合には、数個にまで減らすことができます。

手に付いたウイルスを車内に蔓延させないために、車に乗る前には手洗いをしましょう。

ウイルスが付着しやすい箇所

車内でウイルスが付きやすいのは主に以下の箇所で、積極的な除菌が望まれます。

ハンドル
シートベルト
シフトノブ
ドアハンドル
カーナビ画面


カーナビ画面は皮脂や唾液が付きやすく、特にウイルスが増えやすいので注意すべき箇所です。

また、車内は狭く密閉した空間なので大人数で乗車すると集団感染が起きる可能性もあります。窓を開ける、マスクを着ける、座る距離を開けるなどできる限りの対策をしましょう。

車内の正しい除菌・消毒方法

車内の正しい除菌・消毒方法 グーネット編集チーム

ここまでの解説で、どのような場所にウイルスが付きやすいかが分かりました。
ここからは、実際に車内を除菌・消毒する方法を確認しましょう。

車内の除菌・消毒方法をする前に!

車内を除菌・消毒する前に、まずはしっかり手洗いをしましょう。これは、手に残ったウイルスが車内に付着するのを防ぐためです。
手洗い後は、ゴム手袋をして車内の掃除をします。車内を清潔にすることで消毒の効果を高められるからです。その際の掃除は、以下の手順で行ないましょう。

1.シート部分の埃を落とす
2.フロアマットを洗う
3.天井を、水気を絞ったタオルなどで拭く
4.ガラスや内装を水拭きする
5.フロア内を掃除機にかける

ハンドルなどよく触れる箇所の除菌・消毒方法

ハンドルなどのよく触れる部分は、水拭きまたは消毒用アルコールで拭くのが効果的です。
厚生労働省の発表では、物に付着したウイルス対策として使用が推奨されているものは以下としています。

アルコール(濃度70%?95%のエタノール)
次亜塩素酸ナトリウム
界面活性剤を含む家庭用洗剤

引用:厚生労働省

これらを布に含ませてから拭き掃除をしましょう。車専用の除菌シートやスプレーもあるので、それらを使用するのも有効な手段です。

シートの除菌・消毒方法

シートカバーが取り外せる場合はカバーを洗濯しましょう。洗濯後は天日干しで乾燥させます。シート自体を除菌・消毒する場合は、スチームタイプの除菌機器やオゾン殺菌機などを利用するのがおすすめです。

車内を除菌・消毒する際の注意点

最後に、除菌・消毒する際の注意点について見ていきましょう。

革製の部品には注意が必要

革製の部品に消毒剤や漂白剤を使うと、変色やシミの原因になる場合があります。革専用の除菌・消毒アイテムを使用しましょう。
また、革靴などに使う艶出しクリームは車内用のものと使われている成分が違うので、使用を避けるようにしてください。

家庭用の除菌・消毒用品は使用しない

車用と家庭用製品では成分が異なるので、家庭用の除菌グッズは使わないようにしましょう。車用の製品が手元にないときは、家庭用漂白剤であれば使用できます。その場合は、薄めてから使うようにしてください。

まとめ

ウイルス対策は普段生活する自宅だけではなく、車の中でも行なう必要があります。車内を正しく除菌・消毒をすることでウイルスの付着を防ぎ、車内での感染予防につなげましょう。

除菌・消毒をするにあたり、アルコールなど刺激の強いものを使う場合があります。大切な車を傷めてしまわないように、除菌に使うアイテム選びは注意が必要です。しっかりとウイルス対策をし、安心して車を利用できるようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント