車とお金[2020.07.28 UP]

【みんなの生活費】車乗りに聞いた、生活費の内訳を教えて!

【みんなの生活費】車乗りに聞いた、生活費の内訳を教えて! 【みんなの生活費】車乗りに聞いた、生活費の内訳を教えて!

文●ユニット・コンパス

写真はすべてイメージです

 車を所持している人が減少してきている昨今、そんな中でも車を所有し続けている人もいます。その方々はどうして車を所有するのか、またどれくらい車にお金をかけているのかを聞いてみました。

この記事の目次

取材に協力してくれた車乗りはこんな人
生活費の内訳をチェック。車の維持費が占める割合は!?
車好きに聞く、生活費を抑える工夫
どうして今の車を選んだのか本音を教えて!
車があってよかったと思うのはどんな時?
車を所有するメリットとは?
自分にあった車探しをすることで、費用以上の喜びが手に入る!

取材に協力してくれた車乗りはこんな人

スバル レヴォーグは2014年から発売されているステーションワゴン スバル レヴォーグは2014年から発売されているステーションワゴン

 今回、取材に協力してくれたM・Wさん(35歳、男性)さんは会社員で、年収450万円。神奈川県の賃貸マンションに、奥さんと二匹の猫と暮らしています。愛車はスバル レヴォーグ 1.6 STIスポーツアイサイト(2019年)で、昨年新車で購入したばかり。

 待ち合わせ場所の駐車場にM・Wさんが運転するレヴォーグがやってきました。STIスポーツ専用ホイールとエアロが精悍な印象で、クリスタルホワイトパールのボディカラーも輝いています。聞けばボディコーティングのメンテナンスが上がってきたばかりなのだとか。大切にしている様子が伝わってきます。

生活費の内訳をチェック。車の維持費が占める割合は!?

M・Wさんの生活費の内訳 M・Wさんの生活費の内訳

 ではさっそく、M・Wさんがどうやって車を維持しているのかを見ていきましょう。

M・Wさんの生活費の内訳

光熱費:3万円
食料費:4万円
住居費:10万円
交際費:3万円
教育費:0円
車の維持費:5万円(ローン、ガソリン代、駐車場代)
その他:6,000円(通信費)、2万5000円(保険料)、1万円(交通費)

 年収450万円のM・Wさんの手取り月収は31万円。奥さんも会社員として働いていて、月20万円ほどの収入があり、そのお金は猫ちゃんの食費やふたりの洋服代、貯金にまわしているとのこと。

 自動車のローンは残価設定型で、月々の支払い金額は3万円。支払い期間は5年間。新車保証があるので、走行に関わる部分に関しては、5年・10万kmまでは大きな出費の心配もないというのが、乗り換えを決めるポイントになったのだとか。家計における車関係の支出は約8%になります。

車好きに聞く、生活費を抑える工夫

好きな車を維持するために、積極的に自炊するなど生活費を節約 好きな車を維持するために、積極的に自炊するなど生活費を節約

 車好きは、どうやって車のある生活を維持しているのか。M・Sさんにインタビューしてみました。


グーネット:車を維持するために、なにか工夫していることはありますか?

M・Wさん:生活費を節約するために、できるだけ外食を避けて自炊を心がけています。あと、スマートフォンのプランを見直して固定電話も解約しました。通信費だけでも毎月5000円くらい節約になりました。

グーネット:失礼ですが、貯金はどうされているのですか?

M・Wさん:妻も働いてくれているので、いまのうちにできるだけ貯金しようと頑張っているところです。今住んでいるのが賃貸マンションで、駐車場も月極です。合わせると結構な金額になるので、将来的には家を買ったほうが経済的なんじゃないかと思っています。

参考:家計から住宅購入予算を試算

参考:二人暮らしのお部屋選びガイド

どうして今の車を選んだのか本音を教えて!

最近の車は先進安全装備が充実していて、ロングドライブも快適になった 最近の車は先進安全装備が充実していて、ロングドライブも快適になった

グーネット:最近車を新しく買い替えられたと伺いました、車を買い替えようと思ったきっかけを教えてください

M・Wさん:前に乗っていたクルマ(トヨタ bB)が古くなったからです。レヴォーグを選んだのは、4WDで荷物が詰めるステーションワゴンだから。あと、アイサイト・ツーリングアシストに興味がありました。

グーネット:アイサイト・ツーリングアシストは、高速道路でアクセルやブレーキだけでなくステアリング操作もサポートしてくれる先進装備ですね。実際に体験してみてどうですか?

M・Wさん:最高です(笑)。とくに渋滞が疲れなくなりました。

車があってよかったと思うのはどんな時?

車で出かけることで荷物を運ぶことへの負担が減り、積極的になったという 車で出かけることで荷物を運ぶことへの負担が減り、積極的になったという

M・Wさん:買い物や遊びに行くのに使っています。休日はあまり電車に乗りたくないので、車で出かけることが多いですね。

グーネット:世帯収入に対する車に使用している費用内訳をみると約8%となっていますが、これは多いと感じていますか?

M・Wさん:あまり多いとは考えていません。私たち夫婦は音楽が好きなんですけど、自宅ではそんなに大きな音は出せないじゃないですか。車なら大きい音で聴けるし、たまにふたりで歌うことも(笑)。

グーネット:それは車に移動手段としてだけじゃない魅力を感じているということですね。

M・Wさん:はい。そういうことも含めて、車がある生活は楽しいです。ただ、駐車場代をこのまま払い続けるのももったいないので、いつか駐車場のある一軒家を買いたいですね。

車を所有するメリットとは?

車内は自分だけのリラックスできる空間 車内は自分だけのリラックスできる空間

グーネット:車を保有している理由を教えていただけますか?

M・Wさん:車のなかって、自分だけの空間ですよね。まずそこがいちばん。あと、荷物がたくさん積めるので、遊びも広がります。この間、ゴムボートを買ったんです。3人くらい乗れる結構本格的なやつで、これを使って海で遊ぶつもりです。冬はスノーボードも数回は必ず行くので、やっぱり車がないと。

グーネット:レンタカーやカーシェアリングを検討したことはありますか?

M・Wさん:私の場合は、使うたびに借りるというのは逆に面倒くさくなってしまってだめですね。きっと出かける回数も少なくなりそう。車があるから、「じゃあ○○に行ってみようか」という感じで出かけられるんだと思います。

自分にあった車探しをすることで、費用以上の喜びが手に入る!

ライフスタイルにマッチした車を選ぶことで行動範囲は大きく広がる ライフスタイルにマッチした車を選ぶことで行動範囲は大きく広がる

 まさに、車のある生活を楽しんでいるM・Wさん。行動範囲や、やれることを広げてくれるという実利性に加えて、プライベート空間であることも、車に乗る大きなメリットだと感じている様子です。

 そして、M・Wさんにお話をうかがって感心したのが、自分自身のライフスタイルに合った車選びをしているということ。レジャーに活躍する広いラゲッジルームと季節を選ばずに安定した走りを提供する4WDシステム。そして、ドライブを快適かつ安心にサポートしてくれるアイサイト・ツーリングアシスト。まさにスバル レヴォーグは、M・Wさんにぴったりの1台ではないでしょうか。

関連記事:家と車、買うならどっちが先? 年収400万円車好きの住まい事情(専門家監修)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント