新型コロナウイルス関連情報[2020.05.20 UP]

駐車場予約アプリ「akippa」の駐車場をお弁当販売所として有効活用

空き地や商業施設などの空きスペースや、契約のない月極駐車場、個人宅車庫を使い、ネット予約により15分単位で駐車できるサービスを提供する駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippa株式会社。2020年5月の段階で、駐車場拠点数累計35,000拠点を確保し、会員数180万人を突破した「akippa」は、予約駐車場サービス・駐車場シェアサービスにおいて業界ナンバーワンを誇る人気アプリである。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止のために不要不急の外出を控える中、食料品や生活必需品の買い物需要が増加し、商店街やスーパーマーケットなどで三密が発生しているという昨今の状況を鑑みて、「akippa」は、5月19日(火)よりakippa駐車場をお弁当販売所として活用する取り組みを開始。まずは大阪市浪速区のakippa駐車場にて平日限定で実施している。

akippa駐車場を活用した野菜販売の様子

この取り組みは、4月27日(月)より、野菜直売を行う「YACYBER」と連携し、東京・大阪・兵庫の3エリアでスタートしているakippa駐車場を活用した野菜販売に続く第二弾で、駐車場でのお弁当販売は初の試みとなっている。akippa駐車場でのお弁当販売は、野外販売のため三密を避けたもので、テレワークや休校中の子供たちの食事としても好評を博している。また支払いはキャッシュレスにも対応しているため、ウイルスの感染原因にもなりうるお金に直接触れることも防ぐことができる。

「akippa」は外出自粛に伴い、地域により利用減少が続いているakippa駐車場のお弁当販売で駐車場を有効活用し、その稼働率をあげることで駐車場オーナーの収益化を実現。お弁当販売事業者にとっては、より広いエリアでお弁当を販売することができるので、売上の拡大を図ることができるというわけだ。

akippa駐車場を活用したお弁当販売の様子

お弁当販売の実施内容は以下の通りである。
■販売場所:大阪市浪速区桜川4丁目駐車場
■住所:大阪府大阪市浪速区桜川4丁目3-25
■開催日時:2020年5月19日(火)から5月29日(金)の平日 11:30から13:00

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント