車の動画[2020.01.31 UP]

【スズキ クロスビー】MN01系 ハイブリッドMZ グーネット動画カタログ_内装からオプションまで徹底解説

こちらはスズキのクロスビーの動画カタログです。
グーネットの人気車種を動画カタログ化!
内装からオプションまで徹底解説!
みなさんの気になるクルマの動画を是非チェックしてみてください!

ワゴンとSUVの楽しさを融合させた一台として、
2017年に誕生したクロスビー。
様々な人の好みに合う多彩なカラーバリエーションや、
力強さのある走破性などが注目されています。
今回は、安全装備を充実させた
上級モデル「ハイブリッドMZ」をご紹介します。

型式 DAA-MN71S
長さ 3760mm
幅  1670mm
高さ 1705mm

携帯リモコンで、一定の離れた場所から
ドアの解錠・施錠が行えます。
また、ポケットやバッグなどリモコンを身近に携帯していれば、
ドアハンドルのリクエストスイッチを押すごとに
解錠・施錠が行えます。
リクエストスイッチはフロントドアのほか、
バックドアにも付いています。

エンジンスイッチはステアリングの右奥にあります。
リモコンを携帯した状態でブレーキペダルを踏みながら
スイッチを押すと、エンジンが始動。
メーター類も同時に起動します。

ステアリングの左側には、オーディオや
マルチインフォメーションディスプレイを操作するスイッチ。
右側にはクルーズコントロールシステムを操作するスイッチが
配置されています。

メーター右側のマルチインフォメーションディスプレイでは、
瞬間燃費やメーターなど、運転中に欠かせない車両の情報を
確認することができます。
また、停車中にステアリング左側のインフォスイッチを
長押しするとセッティングモードが表示され、
「空調カスタマイズ機能」などを設定できます。

ステアリングを握ると、ちょうど指先が届く位置に設置された
パドルシフト。簡単な操作でギアチェンジを行えます。

ステアリングの左奥にはワイパー・ウォッシャースイッチが、
右奥にはライトスイッチ・方向指示器スイッチがあります。

エンジンスイッチの右には、運転支援に関わるスイッチが
並んでいます。
左から、車両の走行安定性を補助するESPのOFFスイッチ。
アイドリングストップシステムを一時的に止めるOFFスイッチ。
車両後ろの障害物を検知し知らせるリヤパーキングセンサーの
OFFスイッチ。
前方の車両や歩行者を検知して知らせる
デュアルセンサーブレーキサポートのOFFスイッチ。
そして、車線逸脱警報OFFスイッチです。

ナビゲーションは見やすさと使いやすさのバランスが取れた、
8インチモデルを装着可能です。

エアコンは、中央のAUTOスイッチでオート運転ができます。
ディスプレイ右側のスイッチで温度調節を、左側のスイッチで
風量を調節できます。

前席の内側には、座面をあたためるシートヒータースイッチ。

セレクトレバーは操作性に優れたストレート式。
「M」のポジションに入れるとマニュアルモードとなり、
マニュアル感覚での運転を楽しめます。

セレクトレバーを「R」に入れると、ナビゲーションの画面が
全方位モニターの映像に切り替わります。
状況に応じて後方や上空から見下ろしたような視点など、
画面を切り替えられます。

運転席と助手席のサンバイザーには、
バニティミラーが付いています。

バックミラーの上部には、前席用のルームランプを配置。
天井にも、後席用のルームランプが配置されています。

ETC車載器は、運転支援スイッチ類の下にあります。

運転席のドアには、ペットボトルホルダーが付いた
フロントドアポケット。
助手席のドアは、アームレストの部分に手帳が入るサイズの
ポケットがあります。

運転席と助手席のそれぞれに、
掘り込み式のドリンクホルダーが設置されています。

ステアリングの下には財布などの収納に適したアンダートレー。

エアコンの上には薄型のセンタートレー。
そばにUSBソケットがあり、
スマートフォンの充電スペースとして便利です。

エアコンの下にも大きめのポケットを配置。
その左側にはアクセサリーソケットが付いています。

その下にもう一つ、ペットホルダー付のポケットがあります。
運転席から手が届くところに
様々な収納スペースが用意されています。

助手席のインパネトレーはボックスティッシュを置くのに
ちょうどよい広さがあります。
その下には深底のグローブボックス。
こちらは車検証入れに便利です。

助手席の後ろには幅広のポケットがあり、
マップなどを入れるのに便利。

後席の左右両方に、折り畳み格納式の
パーソナルテーブルが付いています。
ドリンクを安定して置ける設計なのが便利です。

後席ドアの両側にもポケット。
こちらもペットボトルホルダーが付いています。

関連情報

車種別動画カタログ


ラゲッジは場面を選ばず活用できるスペースを確保。
ラゲッジフロアは汚れを拭き取りやすい素材を採用しており、
汚れているものや濡れているものも
気兼ねなく積むことができます。

ラゲッジルームには必要な時だけ
すぐ点けられるルームランプと、
アクセサリーソケットを配置。

ラゲッジのフロアボードを開けると、大容量のボックスが出現!
ボックスは取り外し可能で、水洗いもできます!

もっと荷室を広げたいときには、リヤシートアレンジで対応可能。
シートスライドは座席下のレバーを引くか、
肩口にある外側のレバーを引いて行うことができます。
そして背もたれは、肩口にある内側のレバーを引き上げるだけの
簡単操作で倒せます。
荷物が多いときも安心ですね!

ラゲッジから運転席まで届きそうな長い荷物を積みたいときは、
助手席もアレンジ。
ヘッドレストを外し、クッションを前方に起こして、
背もたれを前方いっぱいに倒します。
これで長い荷物も楽に積むことができます。

ヘッドランプはすべてLEDを採用。
十分な視界を得られるのはもちろん、
省エネ性にも優れています。
フォグランプも付いており、見通しの悪い道を走る時の
心強い味方になってくれます。

リヤランプも視認性の高いLEDを採用。
楕円形のデザインは街乗りでも目を引く可愛らしさがあります。

可愛らしいルックスが持つイメージを覆す、充実した装備の数々。
そして走破性の高さと、車内のあらゆる箇所が
収納スペースになる積載性の充実ぶり。
アウトドアのサポーターとして、
また普段使いのパートナーとして、
あらゆる場面で活躍できる一台となっています。
以上、スズキ クロスビーのご紹介でした。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント