輸入車[2019.12.04 UP]

アルピーヌ A110S【グーワールド コラム/インプレッション】エンジンの気持ちよさは最上級 より速く、硬派になったA110S

文●石井昌道 写真●アルピーヌ
問い合わせ●アルピーヌ コール TEL:0800-1238-110 URL:https://www.renault.jp/alpine/
(掲載されている内容はグーワールド本誌2020年1月号の内容です)


 ブランド復活を果たし鮮烈なデビューを飾ってから約2年を経たA110に、パワーアップとシャシー強化でパフォーマンスを引き上げたA110Sが追加された。
 外観は小さな変更に留まるが、目をひくのがカーボンルーフ。従来に対して-1.9kgとわずかな軽量化ではあるが、車両のもっとも高い位置なので、いかにも運動性能向上に効きそうだ。
 エンジンは、スタンダードに対してブースト圧が0.4bar高められた。最大トルクは32.6kgmと変わらないが、その発生回転数は2000-5000rpmから2000-6400rpmへと拡げられ、最高出力も400rpm高い6400rpmで40馬力増の292馬力となる。速さを増したのはもちろんだが、5000rpm以上で見違えるように活発になり、レブリミットまで鋭く吹き上がるようになったのが気持ちいい。4気筒の直噴ターボとしてトップレベルのスポーティさをみせるようになったのだ。
 スプリングはスタンダード比で約1.5倍高められ、ダンパーやスタビライザーも相応に強化。車高は4mm下げられた。その効果はサーキット走行でてきめんで、少ないロールで効率よくコーナリングスピードを稼いでいけるようになった。左右への切り返しなどもスピーディなので、ラップタイム向上に大いに貢献するだろう。
 それでも一般道での乗り心地の悪化は最小限に抑えられている。快適なデイリーユースもアルピーヌが大切にしているところなのだという。個人的にはしなやかさと深いストローク感が際立つスタンダードも好きで、ワインディング主体ならばむしろ楽しいだろうが、より硬派な走りをのぞむ向きはA110Sを選択するべきだろう。

新車価格帯:A110S 899万円〜939万円

関連情報

新車 輸入車
スタンダードではトリコロールカラーとなるBピラーのフラッグは、オレンジとカーボンの組み合わせ。エンブレムやレタリングはブラック基調で、ブレーキキャリパーはオレンジ塗装となる。

ステアリングなどに施されるステッチは、スタンダードではブルーだったがオレンジに。ドアパネル、ルーフ裏地、サンバイザーなどはブラックのディナミカとなるのが違い。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント