車のニュース[2019.09.19 UP]

フィアット、500/500Cの限定車「120th タキシード」を発売

FCAジャパンは9月19日、フィアットのコンパクトカー「500/500C」に、限定車「500 120th タキシード」「500C 120th タキシード」を設定し発売した。この限定車は、今年でフィアットが創業120周年を迎えたことを記念したモデルの第2弾で、両モデルとも1.2L直4SOHCエンジンを搭載する「1.2 ラウンジ」グレード(国内では現在500にはラインナップしていない、500Cには未導入)をベースに、エクステリアはアイスホワイトのボディカラーに、ルーフ、ピラー、ドアミラーにブラックのアクセントカラーを施し、ブロンズのクロスメッシュデザインの専用16インチアルミホイール、専用120周年記念バッジ、インテリアはブラックの専用インパネ、縦ストライプが特徴の専用ファブリックシート、TFTメータークラスター(ECOインジケーター付き)のほか、「500 120th タキシード」にはBeats Audioプレミアムサウンドシステムを採用している。限定台数は、「500 120th タキシード」が185台、「500C 120th タキシード」が100台の計285台となっている。

この記事の目次

車両本体価格

関連情報

ボディタイプ:コンパクトカー 限定モデル・グレード 新車 輸入車

専用120周年記念バッジ

Beats Audioプレミアムサウンドシステム

車両本体価格

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント