車のニュース[2019.03.01 UP]

ジープ、チェロキーに「ロンジチュード」と「トレイルホーク」の2モデルを追加

ジープ チェロキー トレイルホーク

FCAジャパンは、2018年10月にマイナーチェンジしたジープ・チェロキーのラインナップにベースグレードのロンジチュードと悪路走破性に優れたトレイルホークを追加し、3月9日から発売を開始する。価格はロンジチュードが429万円、トレイルホークが484万円。

この記事の目次

マイナーチェンジで競争力を強化
悪路走破性に優れたトレイルホーク
ロンジチュードは2.4Lエンジンを搭載
主要諸元/価格
ジープ チェロキー トレイルホーク

ジープ チェロキー ロンジチュード

マイナーチェンジで競争力を強化

新型チェロキーは、マイナーチェンジでフロントまわりのデザインをフラッグシップモデル「グランドチェロキー」にイメージさせる精悍な造形にしたことに加え、ライト類のLED化や安全装備、快適装備を充実させて、SUVとしての総合的な魅力を高めている。先行ラインナップされた「リミテッド」はレザーシートなどのラグジュアリーな仕様となっている。今回、ベースグレードのロンジチュードと優れたオフロード走破性を備えるトレイルホークの2モデルを加えてラインナップを拡充した。

ブラインドスポットモニター / リアクロスパスディテクション

アダプティブ クルーズ コントロール <STOP&GO機能付>

ハンズフリー パワーリフトゲート

悪路走破性に優れたトレイルホーク

トレイルホークは、ツインスクロール式直噴ターボを採用した新設計2リッター直列4気筒エンジンを搭載。従来のV6エンジンと比較して、最高出力は同等の272PSながら低回転域から俊敏なレスポンスを見せ、最大トルクは400Nm(従来比85Nm増)を発揮する。レギュラーガソリンに対応し、燃費はJC08モードで10.4km/Lと経済性も向上させている。さらに、厳しいオフロード環境に対応するジープアクティブドライブロック(ロッキングリアディファレンシャル付)やアクティブサスペンションなどを搭載し、高い悪路走破性能を備えている。

ジープアクティブドライブロック

セレクスピードコントロール (ヒルディセントコントロール / ヒルアセントコントロール)

ジープの象徴でもある7スロットグリル

17インチアルミホイール(グラナイトアクセント付)

優れた4×4走破性を証明するTRAIL RATEDバッジ

ロンジチュードは2.4Lエンジンを搭載

ロンジチュードは、最高出力177PS、最大トルク229Nmを発生する2.4L直列4気筒マルチエア2エンジンを搭載。振動の低減や静粛性も向上させ、スタート&ストップ機能の採用により10.2km/L(JC08モード)の燃費性能を達成している。

主要諸元/価格

■主要諸元

【トレイルホーク】
●全長×全幅×全高(mm):4665×1905×1740●ホイールベース(mm):2720●車両重量(kg):1910●駆動方式:4WD●パワートレーン: 1995cc直列4気筒DOHCターボ (272PS/400Nm<40.8kg・m>)●トランスミッション:電子制御式9速AT●JC08モード燃費 (km/L):10.4●燃料タンク容量(L):60 [レギュラー]●最小回転半径(m):5.8


【ロンジチュード】
●全長×全幅×全高(mm):4665×1860×1700●ホイールベース(mm):2700●車両重量(kg):1760●駆動方式:4WD●パワートレーン: 2359cc直列4気筒SOHC(177PS/229Nm<23.4kg・m>)●トランスミッション:電子制御式9速AT●JC08モード燃費 (km/L):10.2●燃料タンク容量(L):60 [レギュラー]●最小回転半径(m):5.8

希望小売価格

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント