中古車[2018.12.04 UP]

中古車購入で確認したい整備・法定整備の状態と購入後の整備

クルマのエンジンをチェックしている画像 グーネット編集チーム

中古車を選ぶ際、「車検付き」、あるいは「法定整備付き」というような表示を目にすることが多いと思います。
中古車購入の際には、購入後すぐに故障やトラブルに見舞われないためにも、できるだけ整備状態についても確認したいところです。
ここでは、中古車の整備状態や購入後の整備・点検の必要性について解説します。

この記事の目次

中古車で納車前点検整備や車検付きであれば安全なクルマと言えるのか?
中古車購入後の定期的な整備・点検の重要性とは?
中古車購入後にしておきたい整備・点検の内容・頻度と費用相場

中古車で納車前点検整備や車検付きであれば安全なクルマと言えるのか?

中古車の購入時に「法定整備付き」と書かれている場合、その中古車は販売店などで法定整備を受けたクルマであり、整備や点検がされていることを示しています。
法定整備は高い安全性を保つために細やかなチェックを行うので、安心できる中古車と言うことができます。

一方で、「車検付き」と書かれている中古車も、車検が通っているということで、安心なように感じるかもしれません。
しかし、車検は公道を安全に走れるかどうかというチェックであり、現時点でのクルマの状態に関しては点検をしてみないとわからないこともあります。

「法定整備付き」、「車検付き」の中古車だからといって、確実に安全なクルマであるとは言えません。
「法定整備無し」、「車検無し」のクルマと比べると、比較的安心と言える側面もあるかもしれませんが、クルマは使用することによって、また、時間が経過することによって劣化していくため、どうしても不具合が出てきてしまうことは避けられません。

「法定整備付き」だから、「車検付き」だから、整備や整備をしなくても安心ということではなく、購入後も定期的な点検を受けることが大切です。

中古車購入後の定期的な整備・点検の重要性とは?

中古車は購入時にすでに製造年から数年経っているので、その後何年乗ることができるかはわかりません。
せっかく購入したクルマですのでできるだけ長く乗りたいのは誰もが思うことですが、中古車という特性上、経年劣化などが進み、不具合が起こるかもしれません。
思わぬ故障を防ぐためにも、定期的な整備や点検がとても重要になります。
12か月ごとの法定整備は細やかな整備点検を行うことができるため、クルマのコンディションを整えてくれます。
また、何らかのアクシデントが発生したとき、クルマの整備不良を問われないためにも定期的な整備・点検をすることが大切です。

中古車購入後にしておきたい整備・点検の内容・頻度と費用相場

クルマは日常的に使うものであり、消耗品でもあるので定期的なメンテナンスが必要です。
メンテナンスにも、ご自分で気づき対処できる範囲と、そうでない部分があります。
自分でのメンテナンスが難しい場合は、定期的に、専門家に整備・点検をしてもらうようにしましょう。

1.エンジンオイルの交換

エンジンオイルの交換は3,000〜5,000km、もしくは半年に1回を目安に交換しましょう。
さらにオイル交換の2回ごとにオイルエレメントの交換が望ましいでしょう。

2.タイヤの劣化

タイヤの劣化は目に見えるものですから走行状態や視認により、ご自分で判断することも可能です。
価格は大きさによって異なり、ご自分で交換することもできます。

3.その他のオイルやブレーキパッド

冷却水やブレーキオイルなど2年ごとの交換が目安です。
ブレーキパッドの摩耗などについては、定期点検の際に状態を確認し、その都度交換依頼すると良いでしょう。

まとめ

法定整備にかかる費用は1回につき1〜2万円が相場です。
目の届きにくい箇所を細やかにチェックして、クルマの安全性を維持し寿命を延ばしてくれるのであれば、決して高い出費ではありません。
「法定整備付き」の中古車などを購入したとしても、購入後の点検やメンテナンスは大切です。
クルマをより長く、安全に使用するためにも、定期点検を行うようにしましょう。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加