車のニュース[2018.09.03 UP]

クライスラー、「グランドチェロキー」の限定モデル「アップランド」を発売

グランドチェロキー ジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」の限定モデル「アップランド」

FCAジャパンは、クライスラーのジープブランドのフラッグシップSUV「グランドチェロキー」の限定モデル「アップランド」を、9月8日より日本で発売する。限定台数は160台。今回の限定モデルは、グランドチェロキーのエントリーグレード「ラレード」がベースモデル。車名の「アップランド」は、「高地」、「高台」という意味を持つ言葉。美しい空のイメージを表現するため、内外装でブルーのアクセントを採用している。

Jeep Grand Cherokee Upland
グランドチェロキー グランドチェロキー初となる特別色「ライノーC/C」

エクステリアは、フロントフェースに、ブラックメッシュインサートを備えるブラックグリル、グロスブラックアクセント付きのボディ同色フロントバンパー、グロスブラックアクセント付きのフロントフォグランプベゼルを特別装備。「Jeep」、「Grand Cherokee」のバッヂを鮮やかなブルーで縁取りした「ブルーアクセント付ブラックエクステリアバッヂ」を採用する。ドアミラーカバーやベルトモール、ルーフレールなどもブラックで統一。リアでもグロスブラックアクセント付きのLEDテールランプ、ダークテールランプレンズなどを装着して高級感を高めている。ボディカラーは、「ダイアモンドブラッククリスタルP/C」のほか、グランドチェロキーとして初の特別色「ライノーC/C」も用意する。

グランドチェロキー インテリアは、ブラックを基調とする

インテリアは、ブラックを基調とし、ステアリングやシフトセレクター、ドアトリムやセンターコンソールのアームレストなどにブルーステッチを採用する。なお、以上の特別装備を追加したにも関わらず、価格はベース車のラレードから5万円高に抑えている。

足まわりは、オフロードでの走破性を向上させるオールテレインタイヤを装着。グロスブラックカラーの20インチアルミホイールとセット。ラレードで純正装着する18インチから2インチアップの大径ホイールとアグレッシブなパターンのオールテレインタイヤの組み合わせで、SUVらしさを演出する。

メーカー希望小売価格は、504万円(税込)で、限定台数160台のボディカラー別の内訳は、それぞれに80台となる。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント