車のエンタメ[2017.12.15 UP]

1400万円かけてマッドマックス インターセプターを作ったファン

 歴史を辿ればウルトラマンの「ポインター号」に、刑事ものだと「西部警察」、そしてアメリカのテレビ番組といえば「ナイトライダー」。なかには映画「バットマン」のバットモービルを再現してしまう人もいますよね。
 何のことかと申しますと、劇中車のレプリカです。画面やスクリーンに登場するクルマを再現して、役になりきる。なんとも楽しい遊びではないでしょうか。

 さて、今回紹介するのはアメリカはミシガン州在住のとある男性が作り上げたレプリカモデル。映画「マッドマックス」に登場するインターセプターです。ご存じない人のために説明させていただきますと「マッドマックス」とは1979年に公開されたオーストラリアのアクション映画。大物俳優として今も活躍するメル・ギブソンの出世作です。

 ベースはフォード ファルコンのX8クーペ。残念ながら、ベース車両はあまりいいコンディションではなかったようです。

 それをここまで完成させたとは、なんという情熱でしょう。

 スーパーチャージャー付のエンジンもお見事です。美しい。そして見た目だけでなく450馬力を発生するハイパワーユニットだそうです。エンジンだけで1万2000ドル(約135万円)もかかっているのだとか。「音も最高だよ!」と自慢したい気持ち、わかります。

 ハンドルやシフトノブも正確に再現。話し出したら止まらない彼の話しっぷりからも、並々ならぬ想いが伝わってきますね。

 アクセルターンだってお手のものです。ちなみに、このインターセプターの劇中での正式名称は「ブラック パーシュート スペシャル」というのだそうです。

 コスプレ文化といえば日本が発祥という側面もありますが、これだって一種のコスプレです。いるのですね、こんなに熱いカーコスプレイヤーが。

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グーネット SNS公式アカウント