「中古車」と「旧車」は何が違うの?

エディターズピックアップ [2015.05.12 UP]

「中古車」と「旧車」は何が違うの?

「中古車」と「旧車」は何が違うの?
goo-net編集チーム

時々、公園や大型スーパー、ショッピングモールなどの駐車場で、
「旧車会」のイベントを見ることがあります。

旧車とは中古車のように見えるのですが違うのでしょうか?

今回は旧車と中古車の違いについて調べてみました。

中古車とは

メーカーで生産してナンバー登録したものをいいます。
新車購入した車を再び売りに出したり、すでに再購入された車をいいます。

つまり一度、名義がついたものを別の名義にしたものです。

旧車とは

製造から何十年も経過した自動車や二輪車のことを、
旧車と呼ぶことが多いです。

しかし、旧車の定義は様々に存在し、
「旧車会」と呼ばれる旧車愛好者のサークルやクラブなどでも、
旧車の定義が異なることがあります。

サークルやクラブ、旧車専門販売店などにより、
取り扱いや所持する旧車が異なります。

FIVA基準

クラシックカーによる公道ラリーを行なう団体「FIVA」では、
生産から25年以上経過したものをいいます。

日本クラシックカークラブ基準

1919年〜1945年までに生産されたものを取り扱っていますが、
海外では1919年〜1930年までに生産されたものを、
「ビンテージカー」と呼ばれているのに対し、
東京都では1945年までに生産されたものをビンテージカーと定め、
自動車税減免制度があります。

日本国内でクラッシックカーと呼ばれている車

主に1940年以前(昭和15年以前)の車

・1908年〜1927年T型フォード
・1928年式メルセデス・ベンツSSK
・1947年トヨタACなど。

主に1940年代〜1950年の車

・1955年式トヨペット・クラウン
・1957年式プリンス・スカイライン
・1955年式ダットサン110
・1959年式(初代)ダットサン・ブルーバード

1954年式メルセデス・ベンツ300SLなどは、
個人の好みや嗜好により、クラッシックカーと呼ぶか、
旧車と呼ぶか分かれることが多い車です。

1960年代〜1970年代の車

・1962年〜1974年トヨタ・クラウン(通称ダルマなど)
・1968年〜1976年トヨタ・マークII(通称ブタ目など)
・1960年〜1974年日産・セドリック
・1963年〜1977年プリンス/日産・スカイライン(通称ケンメリ、ハコスカなど)

これらの車が主に旧車として扱われているようです。

日産・スカイラインを例に挙げると、初代は旧車に入らず、
5代目通称ジャパンまでが旧車で、6代目の通称鉄仮面は旧車に入らないとの声があります。
しかし、現在30代前後の人には6代目の鉄仮面も旧車に入るとも声もあるようです。

中古車と旧車の違い

旧車の定義には個人差があるものの、
おおよそ30年以上前に生産されたものを旧車と扱うことが多いようです。

また、見た目がいかにも旧車であるという外見からの見方もあります。

それに対し中古車は旧車に比べ比較的新しく、
外見視されることは少ないようです。

1

ソーシャルでシェアしよう!

Goo-net編集部がオススメする中古車情報!

Gooアプリで簡単・便利に

Gooアプリ

Goo-netが提供するiPhone&アンドロイドアプリで、全国27万台以上の中古車情報をゲットできます!

GooBooks

自動車・バイク購入に関するノウハウを凝縮した記事を読むことができます!

GooPit

GooPit

口コミ、レビュー、整備作業実績から信頼できる掛りつけの整備工場を探せるアプリ。

Goo-net SNS公式アカウント

Goo-net編集部セレクション

すべてまとめて閲覧する