• 車両・店舗情報を印刷
  • A4
  • B4
  • ディーラー車

更新 : 2021/02/13

0

検討中

グー鑑定車

フォード マスタング 50イヤーズ エディション 左ハンドル ディーラー車 黒革シート スマートキー プッシュスタート バックカメラ クルコン シートエアコン

フォード マスタング 50イヤーズ エディション 左ハンドル ディーラー車 黒革シート スマートキー プッシュスタート バックカメラ クルコン シートエアコン

本体価格
(消費税込)
(リ済別)
395万円
支払総額 ? 415万円
年式(初度登録) 2015(平成27)年
走行 3.8万km
排気 2300cc
車検 2022(令和4)年5月

価格変更お知らせメール

  • 在庫お問合せ・お見積り
  • 0066-9709-9865
    無料電話 携帯・PHS可 無料電話 携帯・PHS可
    販売店への無料電話をQRコードで取得

クルマレビュー

※該当車種に対してのレビューです。上記物件、販売店に対するレビューではありません。

フォード マスタング

ドライバー歴 これまでの
所有台数(平均)
16 5

総合評価4.1

(「普通=3.0」が評価時の基準です)

  • 外観のデザイン・ボディカラー
    4.7
  • 内装・インテリアデザイン・質感
    4.3
  • 走行性能
    4.1
  • 燃費・経済性
    3.4
  • 乗り心地
    4.0
  • 装備
    3.9
  • 価格
    3.7
  • 満足度
    4.7

高坂義信

この人を参考にした
996

ドライバー歴
--
これまでの
所有台数
--

※レビュー投稿時
でのデータ

クルマ評論家プロフィール★

プライベートでもジープ ラングラーを楽しむなど、とくに4WDモデル、アメリカ車に造詣の深い自動車ジャーナリスト。実際に使うひとに役立つインプレッションに定評がある。

投稿 : 2015年09月29日
  • グレード一致
  • モデル一致

フォード マスタング 50イヤーズ エディション

生誕50周年、エコへの転換

利用シーン
買物ドライブ
オススメ
若者シニア走り好き
特徴
安定性高級感カッコイイ

【総合評価】
 ''14年、デビュー50周年を記念して登場した7代目マスタング。''05年に登場した6代目から「モダン・マッスル」として、エクステリアもパフォーマンスもモンスター化。さぞやこの7代目もスゴいエンジンが……と思ったら、なんとV8ではなく、2.3l直4を搭載。それでもフォードの新世代ユニット“エコブースト”仕様で314馬力を発揮、十分、パワフルな走りを実現しています。ハイエースのエンジンは2.0lあるいは2.7lガソリンか、3.0lディーゼルターボが設定されていますが、車種によってはエンジンが選べないことも。オススメは力があり、燃費も優秀なディーゼル。騒音や振動は少し気になりますが。

【良い点】
 ハイスペックはパワーユニットですが、乗りにくさは皆無。普段乗りのクルマとして快適に乗れるし、リヤの居住スペース、トランクルームもそれなりに広さがあります。初代以来、伝統の逆スラントマスクも、HID&LEDヘッドランプとともに凄みを増した表情です。

【悪い点】
 小排気量のターボエンジンは、やはり無理やりパワーを絞り出している感じ。やはり大排気量エンジンのトルクの余裕、豪快な加速がマスタングの魅力……この秋、リリースされるV8仕様車に期待です。ハイスペックはパワーユニットですが、乗りにくさは皆無。普段乗りのクルマとして快適に乗れるし、リヤの居住スペース、トランクルームもそれなりに広さがあります。初代以来、伝統の逆スラントマスクも、HID&LEDヘッドランプとともに凄みを増した表情です。

0

総合評価4.3

投稿者評価

平均

この人を参考にした
2

ドライバー歴
34
これまでの
所有台数
10

※レビュー投稿時
でのデータ

投稿 : 2019年11月23日
  • グレード一致
  • モデル一致

フォード マスタング 50イヤーズ エディション

EV旋風。

利用シーン
ドライブ趣味
オススメ
走り好き
特徴
カッコイイ燃費

所有形態マイカー

【所有期間または運転回数】


【総合評価】
マスタングEVの発表でイッキにEV車が普及。エクステリアデザインはグリルなしの60年車の旧車デザインと中身は最新? アメ車ならテスラのピラットホームに側デザインは既存メーカーのデザインでデビューすればデザインよしコスト削減でイッキに普及するが。内装はデカイパソコン画面ありでテスラソノモノで超簡素化でGOOD。旧車のアメ車デザインでEV車をどんどんデビューさせてほしい。アメ車60〜70年デザインは超傑作、やはりデザインはアメ車がほしい方々は多い。マスタング、コルベットなどEVでも生き残ってほしい車。

【良い点】
レトロデザインと中身は最新EV。
価格設定も売れすじに設定。

【悪い点】
テスラを手本にしてる感じで、冒険してほしかったが。テスラモデルYのいいとこどりでいいのか不思議? 各メーカー、EV車のフロントグリルのあるなしに迷っている感じがうかがえる。

0

総合評価4.0

投稿者評価

平均

オリベル

この人を参考にした
4

ドライバー歴
5
これまでの
所有台数
2

※レビュー投稿時
でのデータ

投稿 : 2018年10月29日
  • モデル一致

フォード マスタング

フォード50イヤーズエディション

利用シーン
ドライブレジャー趣味
オススメ
走り好きシニア若者
特徴
ワイルド小回り安定性静粛性加速荷室広い

所有形態マイカー

【所有期間または運転回数】
3年ほど所有し、海外転勤により売却。


【総合評価】
4.5/5

【良い点】
外観;ワイドボディにフロント、リア、サイドどこから見てもかっこいい。所有感を充してくれ、街を走ると注目される。
内装;先代にくらべ圧倒的にデザイン性が増した。国内車でこのレベルの内装の車は高級車のみであろう。
エンジン;2.3エコブーストエンジンは、高速道路の坂道を100キロ超で登る際も十分なトルクを感じる。
燃費;街乗りでは7キロほどの燃費が、100キロ巡回で14キロ、80キロ巡回では18キロほどの燃費を叩き出す。
価格;このルックス、エンジン性能でこの値段はお得。いい車だと思う。
機能;取り回しがしやすい。シートヒーターは冬場に窓を開けて走る際重宝した。オーディオは友人に褒められた。


【悪い点】
リアエンブレムが、貧弱なパーツのせいでよく壊れる。交換してもいずれ壊れることになる。(私は3年で2度交換)
外車のため、修理、パーツが高い。
幅が大きい為、駐車場探しに苦労する。また、ドアも大きく乗り降りがしにくい。これはデザインなので仕方がないが。

0

総合評価4.1

投稿者評価

平均

フォード マスタング 50イヤーズ エディション 左ハンドル ディーラー車 黒革シート スマートキー プッシュスタート バックカメラ クルコン シートエアコン
0066-9709-9865
電話でのお問い合せ 携帯・PHS可
×